Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2016年春の化粧品容器・パッケージの最新動向

【週刊粧業】2016年春の化粧品容器・パッケージの最新動向

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

国内化粧品市場は、インバウンド消費の影響により、業績を伸ばす企業が増えている。大手を中心とした上場企業の決算報告書を眺めれば、売上げもさることながら、利益の大幅な伸長が目立ち、大規模な宣伝・PRを必要とする新製品よりも、既にブランドが認知されている従来品の好調ぶりを窺い知ることができる。それを下支えしているのは、原料・資材を調達するサプライヤー企業であることは言うまでもない。今特集では関連企業18社(グラセル、ケイズ、本州印刷、宮本、進洋、日本製紙パピリア、三葵コーポレーション、武内容器、石堂硝子、三洋化学工業、井関産業、ぺんてる、エイエムジー、押尾産業、カタニ産業、インディ、TAISEI、アインズ)の取り組みを紹介する。

発行日
2016年03月28日 
ページ番号
1、8~11ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
2.65メガバイト
ページの先頭へ