Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2017年ドラッグストア各社の化粧品販売戦略

【週刊粧業】2017年ドラッグストア各社の化粧品販売戦略

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

百貨店やコンビニエンストアの総店舗数に変動があっても、生活者の度肝を抜くような業態転換が起きるとは考えづらい。とりわけ、閉店や撤退が続いているデパートの周辺に見る雰囲気は、かつての花形小売業から凋落した斜陽産業といっていいのかもしれない。一方で、ドラッグストア各社は時代に則してさまざまに様態を変えながら、買う者を飽きさせない試みで勝ち残っている。出店地域の選定や店舗スタイルなど、多様で独自な各社の工夫は尽きることがない。本号では精鋭5社(マツモトキヨシHD、アインファーマシーズ、トモズ、湘南薬品、中屋薬局)の協力を得て、化粧品に絞り込んだ戦略を聞いた。

発行日
2017年11月13日 
ページ番号
1、8~9ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
1.42メガバイト
ページの先頭へ