2018年新剤型コスメの最新動向・トレンドまとめ

2018年新剤型コスメの最新動向・トレンドまとめ

こちらのコーナーでは、「2018年新剤型コスメの最新動向・トレンド」をテーマに、市場トレンドや参入各社の取り組みについてまとめています。

2018年6月 9日

新剤型コスメ、化粧品本来の使う楽しみを提供

新剤型コスメは、研究・生産・商品企画の各部門との緊密な連携によって従来の剤型で乗り越えられなかった点を解消し、今までにない全く新しい価値の提案で「使う楽しみ」をユーザーに届けることで、市場のさらなる活性化に寄与している。

しかし、開発の裏側では原料や処方開発、製造設備などあらゆる開発プロセスにおいてゼロベースからスタートし、メーカー各社がそこから膨大な年月と労力を費やし苦難の末にようやく生み出されたものも少なくない。

出典 新剤型コスメ、化粧品本来の使う楽しみを提供

コスメデコルテ、自分の個性を引き出すメークを提案

Ss20180528 12

コーセーは2018年2月、ハイプレステージブランド「コスメデコルテ」のメイクアップアイテムを全面刷新し、見る人の記憶に残る表情美を引き出す「ポイントメイクアップ」(25品目147品種)を発売した。

土開(どかい)由香氏(セレクティブブランド事業部企画部商品企画課)によると、新製品の開発にあたっては、自分の個性を引き出すメイクへのニーズの高まりを受け、「光と影・色と艶のグラデーション」に着目し、自分らしい美しさを叶えることに挑んだという。

出典 コスメデコルテ、自分の個性を引き出すメークを提案

花王、髪を傷めずに自然な黒髪色取り戻す次世代型白髪ケアを提唱

Ss20180528 11

花王は2018年5月19日、ヘアケア事業で11年ぶりとなる新ブランド「リライズ」を立ち上げ、100%天然由来の着色成分「黒髪メラニンのもと(ジヒドロキシインドール)」だけで染める次世代型の白髪ケア「リライズ 白髪用髪色サーバー」(2種4品目、本体・つけかえ用参考価格税抜各2700円前後、写真)を発売した。

自宅での白髪染めに関してはこれまで、「染める前の準備や片付けに手間がかかるほか、ニオイや刺激、髪への傷みやアレルギーなどの不安ストレスが存在していた」(入交(いりまじり)剛ブランドマネージャー)という。

出典 花王、髪を傷めずに自然な黒髪色取り戻す次世代型白髪ケアを提唱

そこで、同社では「髪を傷めずに自然な黒髪色を取り戻す」ことをテーマに、ヘアダイでもカラートリートメントでもない全く新しいヘアウェルネス発想の白髪ケア剤の開発に挑んだ。

出典 花王、髪を傷めずに自然な黒髪色取り戻す次世代型白髪ケアを提唱

ポーラ、カラーブレンドファンデーションが販売好調

Ss20180528 10

ポーラは2018年3月、20代後半から30代の高感度な女性に向けた新ベースメークブランド「ディエム クルール」を立ち上げ、4つのカラー(ピンク・イエロー・グリーン・ブルー)で素肌そのものの美しさを引き出す多色ファンデーション「カラーブレンドファンデーション」(4色各8g5300円、写真)が、発売1カ月で目標比127%と好調な滑り出しを見せている。

開発にあたっては、同社がターゲット女性に実施したファンデーションに対するグループインタビューで、「素肌そのものがキレイな肌と思われる仕上がりにしたい」という女性が多かった点に着目。素肌がキレイな人の肌というのは、色にばらつきがある「カラフルな肌色」で構成されていることを突き止めた。

出典 ポーラ、カラーブレンドファンデーションが販売好調

伊勢半、ヒロインメイクマスカラで新剤型が売上最上位に

Ss20180528 9

マスカラで強みを発揮してきた伊勢半では、得意と自覚するジャンルであってもフィルムタイプのボリューム系に弱さを自覚していたといい、これの解決と打開が現在の売れ筋で新剤型の「ヒロインメイク ボリュムコントロールマスカラ」を輩出するきっかけだった。

配荷が始まった2月8日から現在にかけ、同商品の店頭での売れ行きは、全6商品(9SKU)が揃うヒロインメイクマスカラの中で最上位に駆け上がっているという。

出典 伊勢半、ヒロインメイクマスカラで新剤型が売上最上位に

アクセスランキング

  1. 1位 6月22日 13時00分
    コーセー、業界初のアクセラレーター...
  2. 2位 6月22日 12時00分
    サロン ド マツモト、心身を健康に...
  3. 3位 6月22日 14時00分
    男性化粧品、2018年の市場規模は...
  4. 4位 6月22日 14時00分
    花王、コラボレーションフェアを開催
  5. 5位 6月22日 10時00分
    資生堂、美容液状マスク「ベネフィー...
  6. 6位 6月22日 11時00分
    DRC、タイ現地で化粧品パッチテス...
  7. 7位 6月22日 12時00分
    アースグループ、入浴剤主力ブランド...
  8. 8位 6月22日 10時00分
    資生堂ウーノ、啓蒙活動への注力で競...
  9. 9位 6月22日 11時00分
    マンダム、テクニック動画により使用を喚起
  10. 10位 6月21日 16時00分
    花王、男性用は身だしなみと育毛を軸...
  1. 1位 6月18日 14時00分
    鈴木ハーブ研究所、近年は男性の新規...
  2. 2位 6月15日 12時00分
    【百貨店化粧品2017年年間伸び率...
  3. 3位 6月7日 19時00分
    効果的に広告を出稿するために! 知...
  4. 4位 5月11日 11時20分
    連休が終わったら調子がイマイチ…!...
  5. 5位 5月24日 18時30分
    唇のケアに注目!肌の五月病後編
  6. 6位 6月18日 12時00分
    アロエガーデン、トータルスキンケア...
  7. 7位 6月18日 10時00分
    バスクリン、「薬用入浴液」に詰替用を発売
  8. 8位 6月18日 16時00分
    MYYUKI、メンズコスメに商機到...
  9. 9位 6月15日 14時00分
    【百貨店化粧品2017年年間売上ベ...
  10. 10位 6月22日 13時00分
    コーセー、業界初のアクセラレーター...
  1. 1位 5月11日 11時20分
    連休が終わったら調子がイマイチ…!...
  2. 2位 4月27日 15時30分
    裸足になる準備はできてる?夏前にす...
  3. 3位 5月24日 18時30分
    唇のケアに注目!肌の五月病後編
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 6月4日 14時00分
    ヤクルト本社、待望の少量ハミガキが...
  6. 6位 4月19日 18時00分
    どこまでOK?広告で謳える化粧品の...
  7. 7位 6月7日 19時00分
    効果的に広告を出稿するために! 知...
  8. 8位 6月15日 12時00分
    【百貨店化粧品2017年年間伸び率...
  9. 9位 6月15日 14時00分
    【百貨店化粧品2017年年間売上ベ...
  10. 10位 6月4日 16時00分
    鈴木ハーブ研究所、売り方改革で成果

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ