1996年9月1日 17時11分

化粧品業界の歴史|1996年(平成8年)の化粧品日用品業界10大ニュース

%e5%8c%96%e7%b2%a7%e5%93%81%e5%87%ba%e8%8d%b7

1996年(平成8年)の化粧品日用品業界10大ニュース(記事はこちら)

①専門店専用ブランド次々導入
②化粧品の輸入規制緩和、並行輸入に道
③プラネットに花王が参加表明、物流問題も
④資生堂と鐘紡が北海道で共同配送開始
⑤ジャスコがカウンセリング化粧品を安売り
⑥大手日用品メーカーが新取引制度導入
⑦ユニリーバ、ヘレンカーチスを買収
⑧美白歯磨ブーム、訴訟合戦に発展
⑨衣料用洗剤、1回15gとさらにコンパクトに
⑩化粧品出荷、1~9月累計で1.3%増

関連団体・各社の動向

1996年(平成8年)1月
◎資生堂、「コスメニティー」を直販体制に
◎花王、ベトナムと中国で新事業展開
◎資生堂、専門店向け新ブランド「ベネフィーク」を発売へ

1996年(平成8年)2月
◎ライオン、「歯磨発売100年」記念事業を展開
◎衣料用洗剤、1回15gへ相次ぎ小型化
◎マックスファクター、新取引制度の方針示す
◎花王、“統一EDIソフト”を日本IBMと共同開始
◎資生堂SII、本格的に事業を開始
◎1995年化粧品出荷金額、初の前年割れ
◎カネボウ、「ニューセグメントマーケティング」推進

1996年(平成8年)3月
◎サンスター、サンギを逆提訴
◎厚生省、輸入規制を緩和
◎日本リーバ、「レセナ」で制汗剤市場に参入

1996年(平成8年)4月
◎ヘレンカーチス、ユニリーバ傘下へ
◎資生堂、西暦2000年に連結売上8000億円めざす
◎資生堂、新規UVB吸収剤の開発に成功
◎十條キンバリーとクレシアが合併
◎貝印、美容業務市場に新規参入

1996年(平成8年)5月
◎訪販化粧品、「消費税」7割が外税へ転向
◎資生堂、弦間常務が副社長に
◎サンプロダクツ、高SPF競争が一段と激化
◎マックスファクター、新取引制度を発表
◎資生堂、「資生堂フランス」を100%子会社に
◎アルビオン、創業40周年記念セミナーを開催
◎P&G、エルシング氏が引退

1996年(平成8年)6月
◎「カネボウトワニー」概要を発表
◎P&G、洗剤ギフト市場に参入
◎育毛料ブーム本格化
◎ミルボン、美容メーカー初の株式店頭公開

1996年(平成8年)7月
◎カネボウトワニー、“生体リズム”核に開始
◎YSL、メークの一部を値下げ
◎カネボウ、化粧品専門店ブランド「トワニー」登場
◎「日本ロレアル」正式発足
◎花王、新会社2社を設立
◎カネボウ、新百貨店ブランド「アデッソ」発表

1996年(平成8年)8月
◎再びくすぶり始めた化粧品の価格問題
◎1996年上半期の化粧品出荷金額、2.1%増の6869億円

1996年(平成8年)9月
◎さらに進む卸の集約化
◎カネボウコスメット、男性化粧品「NUDY」登場
◎アルビオン、「ブルガリパルファム」拡充
◎資生堂、コスメティックガーデン「C」心斎橋オープン

1996年(平成8年)10月
◎不振の続く香粧品香料
◎ライフコーポレーション、制度化粧品のメーカー別陳列を見直し
◎ライオン、「消費者志向優良企業」に選定
◎アルビオン、別会社を設立、専門店ブランド「イグニス」導入
◎資生堂コスメニティー「薬用不老林Ⅱ」登場
◎カネボウ、新生「ダダ」登場

1996年(平成8年)11月
◎どこまで続く「美白ブーム」
◎P&G、ヨーカ堂の花王への物流委託に反発
◎P&G、革新的な製品で適正価格復活
◎資生堂・鐘紡、北海道地区で共同配送実施
◎「改正訪販法」21日より施行
◎SII「クレ・ド・ポー ボーテ」誕生
◎コーセー、創業50周年記念大会
◎資生堂、ヘレンカーチス社の北米サロン事業を買収
◎アイビー、20周年記念式典挙行
◎ディシラ、5周年を機に長期構想策定

1996年(平成8年)12月
◎P&G、新取引制度を来年より導入
◎パルタック、情報ネットワーク構築に全力

【PDFダウンロード】「創刊40周年記念特集号・第1集(前編)はこちら

img1562_2.jpg

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 3月22日 17時00分
    ポーラ化成工業、大学や異業種との共...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧リ...
  3. 3位 3月23日 14時00分
    資生堂、所蔵の歴史的資料が化学遺産...
  4. 4位 3月22日 13時00分
    コーセー、「雪肌精プレシャススノー...
  5. 5位 3月21日 11時00分
    コーセーコスメポート、好調な「ジュ...
  6. 6位 3月22日 14時00分
    資生堂、「iFデザインアワード20...
  7. 7位 3月23日 15時00分
    P&Gジャパン、下期も革新による新...
  8. 8位 3月23日 10時00分
    ハーバー研究所、新社長に小柳典子氏が就任
  9. 9位 3月22日 16時00分
    一丸ファルコス、中国化粧品原料展示...
  10. 10位 3月23日 11時00分
    日本デイリーヘルス、へちま水を主力...
  1. 1位 3月21日 11時00分
    コーセーコスメポート、好調な「ジュ...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧リ...
  3. 3位 3月15日 14時00分
    カネボウ、「エビータ」バラ泡洗顔の...
  4. 4位 3月21日 11時00分
    コーセー、組織変更・人事異動(20...
  5. 5位 3月17日 13時00分
    アルビオン、「エクシア AL/アン...
  6. 6位 3月21日 15時00分
    アルビオン、化粧品の最高峰に到達す...
  7. 7位 3月22日 17時00分
    ポーラ化成工業、大学や異業種との共...
  8. 8位 3月21日 10時00分
    ライオン、若年層の新客獲得で「オク...
  9. 9位 3月15日 13時00分
    ライオン、明治期の歴史資料が化学遺...
  10. 10位 3月21日 10時00分
    コーセー化粧品販売、組織変更・人事...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧リ...
  2. 2位 3月7日 13時00分
    資生堂、レチノールでしわを改善する...
  3. 3位 3月13日 14時00分
    アイスタイル 山田メユミ氏、仕事と...
  4. 4位 3月21日 11時00分
    コーセーコスメポート、好調な「ジュ...
  5. 5位 3月14日 10時00分
    クラシエ、「ナイーブ」キャラクター...
  6. 6位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  7. 7位 1月10日 10時00分
    フォーデイズ、飲料の脇固める化粧品...
  8. 8位 2月24日 15時00分
    資生堂ジャパン・杉山社長、2017...
  9. 9位 2月24日 19時00分
    コーセー、プレミアムフライデー協賛...
  10. 10位 3月6日 14時00分
    ポーラ、「日本パッケージデザイン大...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ