化粧品業界の歴史|2001年(平成13年)の化粧品日用品業界10大ニュース

2001年10月2日 21時14分

%e5%8c%96%e7%b2%a7%e5%93%81%e5%87%ba%e8%8d%b7

2001年(平成13年)の化粧品日用品業界10大ニュース記事はこちら)

①全国卸「あらた」発足で業界再編さらに加速
②ウシ由来原料の化粧品に「回収命令」
③外資小売のブーツ、セフォラが相次いで撤退
④GMS不振でマイカル経営破たん、イオン傘下へ
⑤資生堂が全粧協専用ブランド「KIRYO」導入
⑥化粧品の規制緩和で並行輸入解禁、全成分表示
⑦化粧品4年連続減回避なるか、石鹸洗剤低迷
⑧卸業による小売店頭MDサービス事業本格化
⑨市場低迷の中で百貨店の化粧品販売好調
⑩化粧品卸の大手「大山」が民事再生手続開始
(番外)「洗濯のいらない洗濯機」めぐり両業界対立

関連団体・各社の動向

2001年(平成13年)1月
◎マリコールジャポン、3月31日で事業生産
◎資生堂、アジアパシフィック物流センター稼動
◎伊藤伊とシンリュウが業務提携
◎オービット、CVS専用ブランド「化粧惑星」展開
◎ライオン、新中期「VIP計画」を発表

2001年(平成13年)2月
◎カルフール、関西に1号店オープン
◎カネボウ、グローバル戦略を本格化
◎資生堂、ブラジルに子会社設立
◎ユニ・チャーム、40周年を契機にトップ交代

2001年(平成13年)3月
◎資生堂、新社長に池田守男氏を内定
◎サンビック、店頭市場に株式上場
◎並行輸入解禁で外国品値引き合戦へ

2001年(平成13年)4月
◎ライオン、創業110周年で記念サイトを期間限定で開設
◎コーセー、9月よりベトナムで販売開始
◎ノエビア、新世紀対応型ホームパーティ「Cafe Noevir」実施

2001年(平成13年)5月
◎資生堂、全粧協専用ブランド「KIRYO」導入
◎ロート製薬、米国発「オバジ」スキンケアライン日本導入
◎資生堂、電子メールでカタログ販売を開始
◎イタリア高級品市場で成果あげる資生堂、カネボウの現地法人
◎石洗工、新会長に後藤花王社長

2001年(平成13年)6月
◎カネボウ、大幅増益で債務超過解消
◎資生堂、北京に化粧品のサロン展開
◎小林製薬、桐灰化学を買収
◎ジャスコ、日雑6社と直取引スタート
◎コーセー、韓国で化粧品販売
◎資生堂、スロヴェニアで販売開始
◎訪粧協新会長に鈴木郷史ポーラ社長

2001年(平成13年)7月
◎花王、フィリピンで新型高級アルコール生産
◎ニュースキンジャパン、化粧品のネット販売を開始
◎コーセー、新百貨店ブランド「ボーテ・ド コーセー」発売
◎ダイカ・伊藤伊・サンビック、来年4月持株会社設立
◎「ブーツ」4店舗閉鎖、戦略転換へ

2001年(平成13年)8月
◎粧工連新会長に小林禮次郎コーセー会長就任
◎カネボウ、クンビとの合弁で韓国の事業を強化
◎マックス ファクター、第3の主力ブランド「イリューム」導入
◎インターフェース、「マリコール」の営業権を獲得
◎日本フレグランス協会設立

2001年(平成13年)9月
◎コーセーと日本ロレアルの資本関係解消
◎資生堂、中国に男性化粧品導入
◎カネボウ、「テスティモ」口紅が1カ月で145万本を販売

2001年(平成13年)10月
◎アルビオン、「エクス・ヴィ」導入
◎厚労省、国産牛由来原料の化粧品製造を禁止
◎秀光舎、伊藤安大山が提携
◎花王、ロリエに国内初のショーツ型生理用ナプキン
◎大福商事が破産手続き
◎ライオン、「しわスッキリソフランC」が6カ月で1300万本販売

2001年(平成13年)11月
◎化粧品の回収、3000品目超に
◎サンビック、サンショーと提携し山陰・関西に足場
◎厚労省、牛由来製品の回収状況が判明、基準策定
◎「あらた」と徳倉が業務提携

2001年(平成13年)12月
◎大山、民事再生手続きを開始
◎セフォラ、年内で全7店閉鎖
◎アルビオン、新海外ブランド「ポール&ジョー」導入
◎イオン、マイカル再建を支援

【PDFダウンロード】「創刊40周年記念特集号・第1集(前編)はこちら

img1562_2.jpg

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 4月20日 12時30分
    小林製薬、あきらめていた肌悩みをコ...
  2. 2位 4月20日 14時00分
    メーカー各社、強みを活かした新成長...
  3. 3位 4月20日 12時00分
    マンダム、におい研究から発見した第...
  4. 4位 4月23日 13時00分
    ソフィアリンクス・三原誠史代表イン...
  5. 5位 4月20日 13時00分
    小林製薬、中国での医薬品販売へ現地...
  6. 6位 4月20日 11時30分
    伊勢半、「KISSME」を冠に据え...
  7. 7位 4月23日 12時00分
    メナード、大気汚染物質によるシミ形...
  8. 8位 4月23日 14時00分
    コーセー、坂東市の保育施設に新種の...
  9. 9位 4月12日 14時00分
    ポーラ・オルビスグループ、合同入社...
  10. 10位 4月23日 13時00分
    近畿化粧品原料協会、吉岡正人氏が会長続投
  1. 1位 4月20日 12時30分
    小林製薬、あきらめていた肌悩みをコ...
  2. 2位 4月16日 14時00分
    アンファー、ヘルスケアサプリで新潮流創出
  3. 3位 4月12日 14時00分
    ポーラ・オルビスグループ、合同入社...
  4. 4位 4月16日 12時00分
    長寿乃里、インスタ活用で商品と企業...
  5. 5位 4月20日 13時00分
    小林製薬、中国での医薬品販売へ現地...
  6. 6位 4月20日 12時00分
    マンダム、におい研究から発見した第...
  7. 7位 4月5日 19時30分
    花粉が肌荒れの原因に!?お肌の花粉対策
  8. 8位 4月6日 10時00分
    サンスターグループ オーラルケ...
  9. 9位 4月16日 10時00分
    スクロール、ベトナム市場へ進出
  10. 10位 4月9日 14時00分
    キナリ 杉原氏、もっとお客様に会う...
  1. 1位 3月1日 16時30分
    あなたのクリエイティブ、一度、見直...
  2. 2位 3月26日 15時00分
    コーセー、動画で情報を散りばめブラ...
  3. 3位 2月22日 12時00分
    カサカサ、カユカユ…正しい頭皮ケア...
  4. 4位 3月26日 14時00分
    ディセンシア、ムービー活用しブラン...
  5. 5位 3月26日 15時30分
    大洋紙業、作業簡便化の梱包資材に引き合い
  6. 6位 3月20日 16時00分
    日東電化工業、下町小規模店がブランド醸成
  7. 7位 2月16日 17時00分
    脳卒中に認知症…”脳活”で脳の健康...
  8. 8位 3月26日 12時00分
    エイアンドピープル、化粧品ブランド...
  9. 9位 3月14日 12時00分
    ダウ・ケミカル日本、カチオン化コン...
  10. 10位 3月15日 15時00分
    対策はお早めに!後悔しないための春...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ