化粧品業界の歴史|2004年(平成16年)の化粧品日用品業界10大ニュース

2004年10月4日 17時55分

%e5%8c%96%e7%b2%a7%e5%93%81%e5%87%ba%e8%8d%b7

2004年(平成16年)の化粧品日用品業界10大ニュース記事はこちら)

①カネボウ問題、再生機構介入で決着
②パルタック、あらた、全国卸誕生
③成長と迷走が交錯するドラッグストア業界
④資生堂、カネボウが新販売組織構築
⑤国内大手企業のアジア戦略が活発化
⑥ヘアケアの救世主、付加価値商品台頭
⑦ヒアルロン酸、大豆、素材訴求急増
⑧コエンザイムQ10配合化粧品が解禁
⑨猛暑、台風、天変地異が市場を直撃
⑩団塊世代、団塊ジュニア戦略が本格化
(番外)薬事法改正目前に各社が対応を模索

関連団体・各社の動向

2004年(平成16年)1月
◎花王、米アンドリュージャーゲンズ社を花王ブランズに社名変更
◎P&G、「レノア」で柔軟剤市場に参入
◎マンダム、上海に駐在員事務所を開設
◎あらた社長に伊藤昌弘氏が就任
◎P&G、「SK-Ⅱ」を米国に導入
◎資生堂、中国で「オプレ」を本格導入

2004年(平成16年)2月
◎花王とカネボウ、化粧品事業統合の契約を再延期
◎花王、中国でソフィーナ事業を展開
◎プラネット、ジャスダックに上場
◎カネボウ、花王との営業権譲渡の交渉撤回

2004年(平成16年)3月
◎カネボウ、全取締役が辞任へ
◎花王、ヘルスケアリサーチセンター竣工
◎アヴェダ、新リップシリーズで日本のメーク市場に参入
◎カネボウ、再生機構支援決定
◎資生堂、2006年に舞鶴、板橋工場を閉鎖
◎コバショウ、三菱商事、菱食と業務提携

2004年(平成16年)4月
◎カネボウ化粧品社長に知識賢治氏
◎資生堂、北京に「オプレ」専門店をオープン
◎マツモトキヨシ、伊藤秀商事を子会社化
◎あらた本格スタート
◎花王、新社長に尾崎元規取締役が内定

2004年(平成16年)5月
◎エステー化学、家庭用品で住友スリーエムと販売業務提携
◎アルビオン、最高級美白ライン「エクシアホワイトAL」発売
◎サンスター、新社長に安岡重人氏
◎P&G、新社長にラヴィ・チャタベディ氏
◎小林製薬、小林豊副社長が社長に昇格

2004年(平成16年)6月
◎カネボウ、事業再生計画を発表
◎花王販売、新社長に高山外志夫化粧品販売社長が就任
◎資生堂と花王が共同で動物実験代替法の培養細胞評価法を開発
◎ジレット、新社長にデビッド・バショー氏
◎花王、家庭品事業(統括)部門を新設
◎パルタック、粧連を子会社化し全国卸に
◎近化工、西日本化粧品工業会に名称変更
◎NPO日本エステティック機構が発足

2004年(平成16年)7月
◎リサージ、新スキンケアブランド「ECM」導入
◎ヘンケルジャパンとライオンが合弁事業を解消

2004年(平成16年)8月
◎常盤薬品工業、ノブ、サナを吸収合併
◎P&G、ウエラにクレイロールを統合
◎花王、新ブランド「アルブラン」導入
◎粧工連、新会長に池田守男氏が就任
◎ライオン、中外製薬の大衆薬を買収
◎ライオン、複合企業体買収で韓国市場に参入

2004年(平成16年)9月
◎花王、和漢植物エキスの通販ブランド「オリエナ」全国販売へ
◎資生堂、専門店ブランド「ディシラ」を百貨店でも展開
◎全粧協新理事長に中神美郎氏
◎ユニ・チャームペットケア、東証二部上場

2004年(平成16年)10月
◎クラブコスメチックス、クラブ化粧品販売を吸収合併
◎小林製薬、医薬品大手卸と業務提携
◎厚労省、コエンザイムQ10の化粧品配合を認可
◎パルタック、粧連から営業権を譲受
◎花王、新発想の生理用ナプキン「ロリエエフ」導入
◎ニベア花王、コエンザイムQ10配合第1号化粧品を発売

2004年(平成16年)11月
◎カネボウ化粧品、新コーポレートスローガン発表
◎花王とライオン、新潟県中越地震被災地に支援物資を提供
◎カネボウ化粧品、中国に新会社設立へ
◎花王、上海に研究センター設立
◎福原義春資生堂名誉会長が旭日重光章を授章
◎コーセー研究所稼働
◎カネボウ化粧品、新スキンケア「suisai(水彩)」導入
◎コーセー、業界初の溶けて固まる口紅

2004年(平成16年)12月
◎大塚製薬、「インナーシグナル」で化粧品市場に参入
◎資生堂とBASFが共同でUV製品の開発へ
◎熊本共和と鹿児島共和が合併へ
◎伊勢半とキスミーコスメチックスが合併

【PDFダウンロード】「創刊40周年記念特集号・第1集(前編)はこちら

img1562_2.jpg

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 11月20日 11時00分
    ランクアップ、温かくなるクレンジン...
  2. 2位 11月20日 16時00分
    フォーデイズ、全国大会に約4000...
  3. 3位 11月20日 15時00分
    伊勢半ヒロインメイク、美しい少女漫...
  4. 4位 11月21日 11時00分
    小林製薬「ケシミンシリーズ」、医薬...
  5. 5位 11月20日 14時00分
    さくらフォレスト、CRMは顧客と企...
  6. 6位 11月20日 12時00分
    イヌイ、「養麗潤」が累計販売3万個...
  7. 7位 11月17日 16時00分
    2017年 ドラッグストアの化粧品...
  8. 8位 11月20日 16時00分
    レブロン第3四半期決算、経営統合の...
  9. 9位 11月20日 10時00分
    2017年秋のトイレタリー市場、期...
  10. 10位 11月21日 13時00分
    コーセー「雪肌精」、30年を超える...
  1. 1位 11月17日 16時00分
    2017年 ドラッグストアの化粧品...
  2. 2位 11月15日 16時00分
    資生堂、米国ベンチャー企業「ギアラ...
  3. 3位 11月16日 15時30分
    化粧品製造機器、省人化や生産効率向...
  4. 4位 11月16日 15時00分
    フローフシ、キャッチーで本質捉えた...
  5. 5位 11月17日 14時00分
    マツモトキヨシHD、専売商品と新業...
  6. 6位 11月17日 11時00分
    湘南薬品、大手ドラッグストアに「人...
  7. 7位 11月15日 13時00分
    シーエスラボ、2工場(館林・千代田...
  8. 8位 11月17日 13時00分
    アインファーマシーズ、コスメオンリ...
  9. 9位 11月15日 14時00分
    オーク、原料用途でアルカリイオン水が活躍
  10. 10位 11月15日 13時00分
    矢野経済研究所、2016年度の化粧...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧2...
  2. 2位 10月4日 10時00分
    P&G、2018年5月で「イリュー...
  3. 3位 10月31日 15時00分
    知財高裁、富士フイルムの控訴を棄却
  4. 4位 11月1日 10時00分
    ポーラ文化研究所、化粧品情報収集と...
  5. 5位 10月27日 15時00分
    カネボウ、7都市で女性のライフスタ...
  6. 6位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  7. 7位 10月24日 10時00分
    ポーラの次世代エース山田氏、販売現...
  8. 8位 10月31日 10時00分
    カネボウ化粧品、2017年度グッド...
  9. 9位 10月31日 16時00分
    アルビオン、将来の礎づくりに向け「...
  10. 10位 10月26日 14時00分
    資生堂、油分・水分を自在に混ぜる新...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ