化粧品業界の歴史|2007年(平成19年)の化粧品日用品業界10大ニュース

2007年10月1日 18時19分

%e5%8c%96%e7%b2%a7%e5%93%81%e5%87%ba%e8%8d%b7

2007年(平成19年)の化粧品日用品業界10大ニュース記事はこちら)

①ドラッグストア向け大型ブランドの投入相次ぐ
②卸業界、カテゴリー越えた提携が進行
③百貨店化粧品売場の大型化加速
④日用品大手、大規模な組織再編を実施
⑤国内大手企業のアジア戦略が活発化
⑥ヘアケア競争さらなるステージへ
⑦メンズコスメティック市場が活発化
⑧メタボ対策アイテムがブームに
⑨訪販衰退、通販躍進より鮮明に
⑩化学品表示システム、世界標準導入へ
(番外)エステティックサロン認証制度がスタート
(番外)成長加速に向けたMBOが続々

関連団体・各社の動向

2007年(平成19年)1月
◎ライオン、環境配慮の新指標「エコ基準」を策定
◎マックスファクター、新戦略「360°ブランディング」発表
◎花王ミュージアムがオープン
◎花王販売、花王化粧品販売が合併、花王CMK誕生
◎あらた、店頭管理会社「インストアマーケティング」設立

2007年(平成19年)2月
◎ノエビア、中国市場に進出
◎α-リポ酸、化粧品デビューへ
◎ドクターシーラボ、世界初のEGFファンデーション
◎西日本共和・中央ホームズ・東流社「J-NET㈱」発足
◎エステー化学、社名をエステーへ
◎サンスター、株式公開買い付け実施

2007年(平成19年)3月
◎KHP、新社名をカネボウからクラシエへ
◎あらた、新社長に畑中伸介副社長
◎ファンケル、新社長に宮島和美常務
◎コーセー、次期社長に小林一俊副社長
◎資生堂、国際事業50周年、台湾で記念式典
◎コーセー、世界初、皮膚の構造再現したジェル
◎大丸と松坂屋、経営統合
◎エステー、韓国に進出
◎大島椿、創業80周年

2007年(平成19年)4月
◎花王、新ヘアケア「セグレタ」発売
◎ドクターシーラボ、コンビニ進出が奏功
◎伊勢丹と東急が提携
◎阪急、阪神と10月に統合
◎ユニ・チャーム、ベトナム市場に参入
◎モルトンブラウン、日本1号店新丸の内ビルに

2007年(平成19年)5月
◎資生堂、ロシアに子会社を設立

2007年(平成19年)6月
◎コーセー、アラブに進出
◎P&G、組織改編でグローバル化に対応
◎サンスター、会長に工藤氏、社長に浜田氏
◎アルビオン、新中期4カ年計画を発表
◎厚労省、α-リポ酸の化粧品配合にゴーサイン
◎ファンケル、日本初「α-リポ酸」を化粧品に配合
◎ポーラ化粧品、ブランド名、社名を統一

2007年(平成19年)7月
◎経産省、特定商取引法の抜本改正へ
◎ヤマダ電機、プインプル子会社化で業界参入
◎ライオン、商標取得で「バファリン」単独展開
◎ユニリーバ・ジャパン、「AXE」好調、発売1カ月で300万本超
◎アース製薬、レキッドベンキーザー社と提携、「フィニッシュ」獲得
◎P&G、新ブランド「h&s」に過去最大の投資
◎マンダム、女性用白髪染め「プロデュース」で市場参入

2007年(平成19年)8月
◎伊勢半グループ社主の澤田亀之助氏逝去
◎P&G、新社長に桐山一憲氏

2007年(平成19年)9月
◎伊勢丹と三越、経営統合
◎ポーラ化粧品、社内ベンチャー第1号「ディセンシア」
◎P&G、根元生え際用で部分染め市場参入
◎資生堂、上海工場の拡張工事完了

2007年(平成19年)10月
◎メディセオ・パルタックHD、コバショウを完全子会社化
◎ノエビア、東証二部に上場
◎アルビオン、白金教育センター稼動開始
◎ポーラ化粧品、上海へ初進出

2007年(平成19年)11月
◎サイバードHD、MBOを実施
◎コーセー、業界初、東京大学に共同研究室
◎ハリマ共和物産、創業100周年
◎ハーバー研究所、信州薬品研究所を子会社化
◎花王、新スキンケアブランド「ソフィーナボーテ」を発表

2007年(平成19年)12月
◎ポーラ、ロシアに1号店オープン

【PDFダウンロード】「創刊40周年記念特集号・第1集(前編)はこちら

img1562_2.jpg

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 8月22日 16時00分
    アイスタイル、2017年6月期は2...
  2. 2位 8月10日 15時00分
    2016年度化粧品メーカー国内売上...
  3. 3位 8月21日 14時00分
    伊勢半、商品特性と販促策が的中
  4. 4位 8月21日 16時00分
    ファンケル、ロングセラーの洗い流し...
  5. 5位 8月21日 15時00分
    小林製薬ケシミン、過去最高売上を更新
  6. 6位 8月21日 14時00分
    コクミン、ビューティ強化型の原宿店
  7. 7位 8月21日 12時00分
    黒龍堂、UV2品が好調維持
  8. 8位 8月21日 16時00分
    バイヤスドルフ2017年上期決算、...
  9. 9位 8月22日 10時00分
    マンダム、男子学生の間でも「直塗り...
  10. 10位 8月21日 10時00分
    プラス、生ハチミツ高配合のヘアケアが好調
  1. 1位 8月10日 15時00分
    2016年度化粧品メーカー国内売上...
  2. 2位 6月28日 12時00分
    牛乳石鹸、新井浩文を起用したWeb...
  3. 3位 8月10日 10時00分
    エテュセ、「エテュセプレミアム」に...
  4. 4位 8月10日 15時00分
    縮小続くOTC胃腸薬市場、「胃酸の...
  5. 5位 8月10日 11時00分
    ユニ・チャーム、ダンス中のナプキン...
  6. 6位 8月10日 14時00分
    P&G、パンパース「肌へのいちばん...
  7. 7位 8月10日 13時00分
    サンギ、第3回「歯が命アワード」は...
  8. 8位 8月9日 15時00分
    P&G2017年6月期決算、事業売...
  9. 9位 8月9日 14時00分
    サツドラHD、ドラッグストアを核に...
  10. 10位 8月9日 13時00分
    ヤクルト本社、第1四半期の化粧品売...
  1. 1位 8月10日 15時00分
    2016年度化粧品メーカー国内売上...
  2. 2位 8月7日 13時00分
    海渡二美子会長のお別れの会、しめやかに
  3. 3位 8月8日 13時00分
    ポーラ、シワ改善薬用美容液が発売6...
  4. 4位 8月8日 17時00分
    ポーラ・オルビスHD2017年第2...
  5. 5位 8月9日 10時00分
    ポーラ、「交通広告グランプリ201...
  6. 6位 8月8日 14時00分
    ナリス、消費者志向経営の実現に向け...
  7. 7位 8月7日 18時30分
    競合との差別化|化粧品通販成功ノウハウ
  8. 8位 8月7日 15時00分
    コーセー、欧州初の研究拠点をリヨンに設置
  9. 9位 8月8日 15時00分
    オッペン、高校生女子7人制ラグビー...
  10. 10位 8月7日 18時00分
    腋臭(ワキガ)・汗臭の原因は●●!...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ