2008年10月1日 19時04分

化粧品業界の歴史|2008年(平成20年)の化粧品日用品業界10大ニュース

2008年(平成20年)の化粧品日用品業界10大ニュース記事はこちら)

①中高年層向け新ブランドの投入相次ぐ
②超高級クリームで各社しのぎ削る
③男性用スキンケア市場が急拡大
④原油・原材料価格の高騰が収益を圧迫
⑤卸業界、合併&業務提携が進む
⑥通販化粧品市場で異業種参入が再燃
⑦百貨店の化粧品売場で増床・改装相次ぐ
⑧化粧品・日用品企業でM&Aが加速
⑨CO2削減に向け積極的な取り組み目立つ
⑩国内メーカーの海外戦略が活性化
(番外)欧州の化学物質規制「リーチ」がスタート
(番外)東化工と西化工で会長交代

関連団体・各社の動向

2008年(平成20年)1月
◎花王、バリアフリー化の推進で内閣府から表彰
◎ハリウッド、大学院を開校

2008年(平成20年)2月
◎カネボウ化粧品、第2ブランド改革第3弾「CHICCA」発表
◎エイボン・プロダクツ、ネットワークビジネスに参入
◎カネボウ化粧品、「コフレドール」好調なスタート
◎資生堂、「能力開発優秀企業賞」本賞を受賞

2008年(平成20年)3月
◎コーセー、英「リンメル」ブランドの中国展開を開始
◎資生堂、ルーマニア・ブルガリアで化粧品販売開始
◎資生堂、厚労省出身の岩田氏、初の女性副社長に
◎資生堂、中国事業の3カ年計画を発表
◎ポーラ・オルビスHD、化粧品の販売・企画会社「アクロ」設立
◎ポーラ、「ポーラ ザ ビューティ」300店を突破
◎P&Gジャパン、アイムス・ジャパンと合併
◎ライオン、売上金の一部を河川を守る活動に

2008年(平成20年)4月
◎資生堂、新3カ年計画を発表
◎花王、「アジエンス」を上海とバンコクで発売
◎資生堂、ベトナムに有限責任会社を設立
◎コーセー、王子研修センター竣工
◎ライオン、世界の代表的なSRI指標に選定

2008年(平成20年)5月
◎富士フイルム、新規参入した化粧品通販で初年度計画クリア
◎マンダム、上海に販売・マーケティング特化の現地法人
◎ジュピターショップチャンネル、売上高1000億円突破
◎アクロ、「ナチュラ ビセ」を日本初導入

2008年(平成20年)6月
◎ちふれ化粧品、新社長に松井氏

2008年(平成20年)7月
◎ポーラ、台湾に子会社設立でグローバル化加速
◎大木、創立350周年式典
◎ライオン、鴨下環境相に「エコ・ファーストの約束」を宣言
◎公取委、「№1表示」注視の経緯や端緒示す
◎資生堂、新マーケティング・システムを全面稼働
◎花王、ユニバーサルデザインのつめかえ用容器を開発
◎国民生活センター、ステロイドを含んだ輸入化粧品に警笛
◎花王、新メークブランド「ソフィーナプリマヴィスタ」発売

2008年(平成20年)8月
◎小林製薬、桐灰化学の製造部門を分社し新会社設立
◎コーセー、「日本橋フロント」に本社機能を移転

2008年(平成20年)9月
◎花王、ヘルスケア・コミッティーを子会社化
◎メロディアン、化粧品市場へ参入
◎花王、ダウ・ジョーンズ主催のインデックスに選定

2008年(平成20年)10月
◎化粧品メーカー大手3社、九州で共同配送を実施
◎花王グループ、ピンクリボン100万人キャンペーン
◎カネボウ化粧品、「カネボウウェブミュージアム」を開設
◎コーセー、ホームページを全面リニューアル
◎ユニ・チャーム、豪州第2位の紙おむつメーカーを買収

2008年(平成20年)11月
◎資生堂、サトウキビ由来ポリエチレンの共同開発で合意
◎資生堂、60代向け新ブランド「エリクシール プリオール」導入
◎カネボウ化粧品、「BC再雇用制度」「在宅勤務制度」導入
◎花王、「オーブ クチュール」を発売
◎ユニ・チャーム、環境対応型商品にエコラベルを表示
◎アムスライフサイエンス、化粧品事業に本格参入
◎ポーラファルマ、仏「アデルマ」の輸入販売契約を締結

2008年(平成20年)12月
◎ポーラ、「角層解析システム」を露百貨店に導入
◎エスティローダー、グループ会社を統合

【PDFダウンロード】「創刊40周年記念特集号・第1集(前編)はこちら

img1562_2.jpg

アクセスランキング

  1. 1位 2月20日 10時30分
    株式会社OrthoShift 工藤...
  2. 2位 2月20日 13時00分
    ホーユー、「メンズビゲン ワンタッ...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧リ...
  4. 4位 2月20日 10時00分
    林幸千代美容研究所、ムスリム向け大...
  5. 5位 2月20日 12時00分
    一丸ファルコス、ダメージ毛を修復す...
  6. 6位 2月20日 14時00分
    アルファネット、NY発「rms b...
  7. 7位 2月20日 12時00分
    アクアキューブ、多機能コンシーラー...
  8. 8位 2月20日 16時00分
    ココバイ、衣料の巨艦が惚れ込んだ商...
  9. 9位 2月17日 17時00分
    やずやグループ、化粧品に参入で王道再現へ
  10. 10位 2月20日 11時00分
    日本香堂、ギフトショーで香りの真髄提案
  1. 1位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧リ...
  2. 2位 2月16日 11時00分
    悠香社長率いるXena(ジーナ)、...
  3. 3位 2月15日 10時00分
    資生堂、「ウーノ」から新感覚のヘア...
  4. 4位 2月16日 12時00分
    化粧品業界の就職・転職事情、売り手...
  5. 5位 2月13日 16時00分
    セントメディア、派遣を契機に企業と...
  6. 6位 2月14日 16時00分
    インテリジェンス、転職希望者に寄り...
  7. 7位 2月17日 17時00分
    やずやグループ、化粧品に参入で王道再現へ
  8. 8位 2月14日 11時00分
    コーセー、新種のさくらを坂東市内の...
  9. 9位 2月15日 12時00分
    アイスタイルキャリア、マッチング精...
  10. 10位 2月17日 16時00分
    ライオン2016年12月期決算、増...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧リ...
  2. 2位 2月9日 12時00分
    フォーデイズ、ショコラトリーを基盤...
  3. 3位 2月6日 10時00分
    カネボウ、「コフレドール」にツヤ美...
  4. 4位 1月31日 16時00分
    コーセー、ミルボンと資本業務提携
  5. 5位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  6. 6位 1月20日 16時00分
    アットコスメから見る生活者ニーズの...
  7. 7位 10月5日 15時00分
    P&Gマックス ファクター、社名変...
  8. 8位 2月7日 13時00分
    コーセー、「プレミアムフライデー」...
  9. 9位 2月3日 10時00分
    コーセー、iPS細胞研究から着想得...
  10. 10位 2月1日 15時00分
    カネボウ化粧品・夏坂社長、「伝統と...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

レシートシェアランキング

全国の消費者から化粧品・日用品の買い物レシートを集めてランキング化。レシートのシェアランキングと消費者の購入理由から、今売れている商品とその“ワケ”がわかります。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ