化粧品OEM最大手の日本コルマー、入念な市場調査で韓国・中国ともに好調

週刊粧業

2010年12月10日 10時01分

Img461 1

 化粧品OEM最大手の日本コルマー(本社=大阪市)は、国内化粧品が厳しい市況にある中、6期連続増収を達成しており、2011年度上期も前年比2ケタ増で推移した。これを受けて「売上目標を175億円から190億円に修正して、7期連続増収を目指す」(神崎友次社長)方針だ。

 同社の海外事業では、韓国と中国に生産拠点を置いて、海外での生産供給体制を確立している。

 1990年に設立した韓国の合弁企業「韓国コルマー」は、1996年に韓国OEM初のKOSDAQ(店頭市場)上場を果たし、その後、2002年に一般株式市場へ上場した。09年度の売上高は前年比20%増、日本円にして約150億円と好調に推移した。

 韓国№1のOEMまで成長している韓国コルマーだが、神崎社長は進出20年以上も前から韓国を訪問し、何度も現地に足を運んで韓国の生活習慣や文化まで入り込んだマーケティングを行ってきた。当時は「化粧品をOEM生産するという概念がなかった」(神崎社長)という。

 同社は日本の厚労省にあたる韓国の保健社会部を訪れ、OEMやODMの概要から事業ノウハウを説明して、事業内容とその成長性への理解を得てきた。今では韓国に100社以上のOEMがあるが、韓国コルマーはそのパイオニア的存在だ。

 韓国コルマーについて神崎社長は「韓国企業の業態になるように出資バランスをとっている。合弁進出を計画したのは当社だが、反日意識が強い韓国では、韓国側にプライオリティを与えることが重要だった。それがうまくいっている」と成長の要因を分析する。

 一方の中国では100%独資による科瑪化粧品(蘇州)有限公司を1997年に設立した。

 「近年は欧米企業の進出も増えており、進出企業は化粧品の製造を目的としているのではなく、販売を目的として進出している。当社はその製造を担当することにより、進出企業の負担を軽減する役割を担うことを目的としている」(神崎社長)

 昨年12月には工場の増設が完了した。生産能力を拡大して、さらなる成長を図る。

 神崎社長は、進出しているアジア2拠点の好調について、入念な市場調査のほかに「低賃金生産による製品輸出ではなく、現地市場への商品供給を目的とした参入」が大きいと分析し、今後、取引メーカーのアジア地域への進出に対応した、新たな生産拠点が構想にあることを示唆した。

化粧品oemメーカー.jpg

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 9月20日 15時00分
    セントメディア、悪化一途の需給バラ...
  2. 2位 9月20日 12時00分
    ポーラ、世界的に権威のある「ペント...
  3. 3位 9月21日 11時00分
    資生堂、「SHISEIDO」新商品...
  4. 4位 9月20日 15時00分
    バイヤスドルフ2018年上期決算、...
  5. 5位 9月21日 14時00分
    アイスタイルキャリア、年内に「アッ...
  6. 6位 9月18日 16時00分
    新日本製薬、体制を整え店舗展開で新境地へ
  7. 7位 9月20日 14時00分
    スタッフブリッジ、登録社員のフォロ...
  8. 8位 9月18日 14時00分
    ナリス化粧品、全国で美人眉レッスンを開催
  9. 9位 9月21日 14時00分
    ポーラ、薬用シワ改善クリームのタイ...
  10. 10位 9月3日 12時00分
    イプサ、レシピの共創を軸に真摯な姿勢貫く
  1. 1位 9月14日 11時00分
    ちふれグループ、初の百貨店向け総合...
  2. 2位 9月13日 14時00分
    スキンガーデン 新大久保店、国内最...
  3. 3位 9月13日 12時00分
    中央物産、今期は中計の始動左右する...
  4. 4位 9月3日 14時00分
    アディクション、アイシャドウと新ベ...
  5. 5位 9月3日 12時00分
    イプサ、レシピの共創を軸に真摯な姿勢貫く
  6. 6位 8月27日 14時00分
    ジルスチュアート、中国への出店でブ...
  7. 7位 9月3日 10時00分
    エキップ、ベースメークが国内外で好成長
  8. 8位 8月27日 15時00分
    医薬部外品と化粧品の広告表現の違い...
  9. 9位 8月7日 18時35分
    フレグランスジャーナル、「顔の魅力...
  10. 10位 8月16日 14時00分
    気がつけばこんがり…!?うっかり日...
  1. 1位 8月7日 18時35分
    フレグランスジャーナル、「顔の魅力...
  2. 2位 7月27日 18時30分
    酷暑をのりきるデオドラント対策
  3. 3位 6月5日 11時00分
    コーセー、高保湿エイジングケアブラ...
  4. 4位 8月20日 14時00分
    フォーデイズ、西日本豪雨災害へ義援...
  5. 5位 8月16日 14時00分
    気がつけばこんがり…!?うっかり日...
  6. 6位 8月27日 12時00分
    スクロール、2019年3月期第1四...
  7. 7位 8月20日 16時00分
    シャルーヌ化粧品、紙媒体に軸足で急成長
  8. 8位 8月27日 14時00分
    ジルスチュアート、中国への出店でブ...
  9. 9位 9月3日 14時00分
    アディクション、アイシャドウと新ベ...
  10. 10位 9月3日 12時00分
    イプサ、レシピの共創を軸に真摯な姿勢貫く

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ