【オールインワン化粧品の最新動向】ステップ化が進み、+αアイテムの追加相次ぐ

C&T 2013年9月16日号 38ページ

2013年9月30日 14時56分

Img2076 1

 2012年のオールインワン化粧品市場(スキンケア目的)は、富士経済の調査によると485億円となった。オールインワンジェルを主力製品に持つ既存メーカーが好調だったことや、制度品メーカーからの新規参入が市場拡大に寄与したと見られる。

 さらにここ数年、オールインワン化粧品にブースターやフェースマスクなどの「+α」アイテムを追加してライン展開するメーカーも現れ、これまでオールインワン化粧品が訴求してきた「時短」や「簡略化」が形骸化してきている。オールイン化粧品はコンセプトがわかりやすいため、新規参入の基幹製品として採用されることが多いが、一方で「ステップの簡略化」を訴求しているためSKUは拡大しにくい側面がある。

 しかし、オールインワン化粧品1個では企業は成長できない。そのジレンマからなかなか次の手を打ち出せないメーカーもある。今後の「オールインワン+α」の動向について、富士経済東京マーケティング本部第二事業部の山住知之課長と小松麻紀HBAグループADに話を伺った。

 ――オールインワンジェルに「+α」を付与する動きが表れた背景について教えてください。

 山住 新たに市場に参入するうえで、「オールインワン」は非常にキャッチーで、新規顧客を取り込むのに便利な打ち出し法だった。それまで制度品メーカーが訴求してきた多ステップケアを完全否定したことが画期的であるとして生活者に受け、企業規模を拡大してきたが、次は企業をいかに存続させるかに経営戦略をシフトしなければならなくなった。

 そのためには、オールインワンジェル1つで生き残れるとは考えにくい。「存続」に目を向けた場合、顧客単価や購入点数を上げるために「その他」のアイテムが必要になる。

 今まで打ち出してきたコンセプトから方向性を変えていこうという傾向は確かにあり、まず矛盾ととられないアイテムが「ブースター」や「フェースマスク」だった。最近ではオールインワンジェルの大手が単品訴求の化粧水も発売して、主力のオールインワンとは別に顧客を獲得しようとする戦略も見られ、「自己否定」が進んでいる様子が垣間見られる。

 小松 生活者側からすると、まずオールインワンをどのようなアイテムとして位置付けているかによっても、使い方は異なってくる。

 例えば、オールインワンジェルを、乳液や仕上げのクリーム代わりに使ったりスペシャルケアとして使う場合と、うるおいなどの機能実感が足りないために美容液などと併用している場合があるが、どちらに重きを置くかによって使用するアイテム数や使い方に差が表れる。

 当社の調査では、2012年のブースター美容液市場は180億円だった。外資系ブランドがうまく生活者に機能価値を浸透させることに成功したため、前年の160億円から大幅に伸長している。

あと71%

こちらの記事はC&Tの有料プラン(制限なし)をご契約の方のみ閲覧可能です

有料プランについてはこちら

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 11月17日 16時00分
    2017年 ドラッグストアの化粧品...
  2. 2位 11月17日 11時00分
    湘南薬品、大手ドラッグストアに「人...
  3. 3位 11月17日 13時00分
    アインファーマシーズ、コスメオンリ...
  4. 4位 11月17日 14時00分
    マツモトキヨシHD、専売商品と新業...
  5. 5位 11月17日 12時00分
    トモズ、制度品とメークが売上を牽引
  6. 6位 11月17日 11時00分
    資生堂、「PLAYLIST(プレイ...
  7. 7位 11月16日 15時30分
    化粧品製造機器、省人化や生産効率向...
  8. 8位 11月17日 15時00分
    コスメシオン ラスカ茅ヶ崎店、館の...
  9. 9位 11月17日 10時00分
    ハイム化粧品、経営再建へ始動から節...
  10. 10位 11月16日 16時00分
    ライオン第3四半期、売上・利益とも...
  1. 1位 11月13日 10時00分
    2016年化粧品流通別出荷実績、「...
  2. 2位 11月14日 15時00分
    コーセー小林社長、2017年上期の...
  3. 3位 11月10日 14時00分
    カネボウ、「CHICCA」10周年...
  4. 4位 11月10日 15時00分
    資生堂、ベア社不振で655億円の特損計上
  5. 5位 11月13日 16時00分
    ちふれ化粧品、新たな価値創造目指し...
  6. 6位 11月15日 16時00分
    資生堂、米国ベンチャー企業「ギアラ...
  7. 7位 11月10日 14時00分
    クラレ、独自開発した「イソプレング...
  8. 8位 11月13日 14時00分
    日東電化工業、「OSAJI(オサジ...
  9. 9位 11月15日 13時00分
    シーエスラボ、2工場(館林・千代田...
  10. 10位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧2...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧2...
  2. 2位 10月4日 10時00分
    P&G、2018年5月で「イリュー...
  3. 3位 10月20日 12時00分
    ポーラ、質の向上を伴った持続的成長へ
  4. 4位 10月31日 15時00分
    知財高裁、富士フイルムの控訴を棄却
  5. 5位 11月1日 10時00分
    ポーラ文化研究所、化粧品情報収集と...
  6. 6位 10月27日 15時00分
    カネボウ、7都市で女性のライフスタ...
  7. 7位 10月17日 15時00分
    資生堂、専門店ブランドのマーケティ...
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 10月24日 10時00分
    ポーラの次世代エース山田氏、販売現...
  10. 10位 10月31日 10時00分
    カネボウ化粧品、2017年度グッド...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ