化粧品業界における商品企画の転職

2014年6月2日 20時55分

Img2259 1 1

『商品企画』とは、
化粧品の企画を行う職種。

アイディアやマーケティングデータから新たな化粧品のコンセプトを作り出し、様々な部署・外注先と連携しながら商品開発を進めていく。

マーケティング部門と連携を取ることが多いが、企業によっては、マーケティング職を兼務することも。「9割以上が女性」と言われるほど女性比率が高い点が特徴だ。

商品企画の求人数

化粧品づくりの主要部門である商品企画は、まさに企業の売上に直結するセクション。営業と並び、業界では最も求人が豊富な職種です。リーマンショック時にも、他職種に比べると求人数の減少が軽微だったように、もともと不況の影響を受けにくい化粧品業界内でも、最も安定的に募集が行われています。

募集の背景は、下記の二通りがほとんどを占めています。

欠員補充
「良い人が居たら採用したい」という通年採用

大量募集を行う企業があるというよりも、1~2名の募集枠で、たくさんの企業が採用を行っているために、全体の求人数が多くなっています。成分や効果などといった人気の商品の傾向など…市場の動向と密接にリンクする職種ですから、今後も盛り上がりを見せている分野を中心に、活発な採用が行われていくでしょう。

商品企画の転職 こんなスキルがあると有利

1つは、言うまでもなくヒット商品を生み出せる嗅覚とアイディア力。そしてもう1つは、これまでに行ってきた仕事の“幅”。要するに、1つの商品を開発する上で、どれくらい中心的な役割を担っていたか、です。

企業によって、商品企画の仕事領域は異なります。企画資料づくりがメインという方も居れば、マーケティングや販促部門の業務まで包括的に取り組んできたという方も居ます。また、全ての業務にアシスタント的に携わっていた…ということもあるでしょう。化粧品づくりをたった1人で行ってきた…とまではいかないにしろ、1つの商品を作る上で、できるだけ中心的立場で幅広い役割を担ってきたという経験は、多くの企業で評価されます。

この他にも、同時にいくつのプロジェクトを回していたか…“量”から、マルチタスク力を見られることも。最終的には、「仕事の量」×「仕事の幅」のバランスで判断されることの多い職種です。

商品企画職の履歴書や職務経歴書、面接時に工夫すると差がつくポイント

普段は役員や上長を相手にプレゼン慣れしていても、面接となると、常識や慣習に囚われて、思うように振る舞えない人も多いのでは?

前述したアイディア力や「仕事の幅」とは、一般的な履歴書・職務経歴書だけでは伝えることが難しい部分です。企業から求められている資料だけを提出し、「あとは推して知るべし」というスタンスでは、あなたの魅力が伝わりきらないことも多いでしょう。

履歴書や職務経歴書に加えて、実際の商品や企画書も見せること。その上で、「どのような仮説プロセスを経て化粧品を企画し、結果どれだけのヒットを生んだのか」といったアピールを行っていくと効果的です。

実際に、各企業の面接官(人事担当者や商品企画の部門長)へリサーチを行ってみても、「直接会って、こちらから詳しく掘り下げない限り、その人の本当のスキルは見えてこない」という方がとても多いです。

商品企画のキャリアアップ

商品企画は言うまでもなくスペシャリスト職です。上位職があるわけではありませんから、仕事の幅や量を増やし、商品作りの中に占める自分のウェイトを増やしていくことが、最大のキャリアアップです。

商品企画としてスキルが成熟した後は、これまでの経験を活かして、一番自分が行きたい企業への転職を目指す、という方が多いです。その一方、マネージャーとして、企画を考える側から、部下の出した企画を見て育てていく側にシフトする方も。

商品企画の企業選びのポイント

スキルアップ目的の転職では、その企業に転職することで「どこまで仕事の幅を広げられるのか」に着目することが重要です。商品企画の仕事領域は、企業により異なりますが、見極めが難しいかもしれません。

人事担当者が応募者の職歴書から仕事の幅を類推しづらいように、転職希望者側も、求人情報の定量的な情報からは、具体的にどこまで任せてもらえるのか、わかりにくいでしょう。少数精鋭の企業ほど幅広く携われるイメージがありますが、実際はそうとも限らず、逆に販促もリサーチも商品企画が兼務する体制の大手企業も存在するほど。このように、企業規模のような外見的な特徴も、仕事の幅を見る上では、あまり参考になりません。

そこで、記憶しておきたいのは、商品企画の仕事領域は、企業のポリシーや戦略によって決められている、ということ。例えば、商品企画とマーケティングの関係に限って言えば、通販化粧品のような「売れる商品をマーケットリサーチから逆算して考える」という場合は、マーケティング職の重要性が高いため、商品企画とは別にマーケティング職が居ることが多いです。一方、百貨店など、アイディアや想像(創造)力から商品を生み出す方針の企業では、前者ほどマーケティングに依存しないため、商品企画がマーケティングを兼務することが多いでしょう。

求人情報と各企業の戦略・方向性を併せて検証することで、応募の前段階から商品企画の仕事領域を類推することができます。加えて、人材紹介会社や企業のクチコミサイトを使い、事前に深い情報を収集しておくとベターです。

このほか、女性が大部分を占める職種ですから、産休・育休の取得実績や、時短勤務の実状、人間関係など…長く働ける職場かどうか、という軸も重要です。こちらも人材紹介会社を通じて事前に仕入れておくか、面接の時に、部門長に直接質問して、フィーリングを確かめておくと良いでしょう。

【記事提供元】彩職-化粧品・コスメ業界の転職サイト

アクセスランキング

  1. 1位 7月25日 14時00分
    quatre 横町氏、ホテルサンプ...
  2. 2位 7月26日 11時00分
    カネボウ、「コフレドール」に生チョ...
  3. 3位 7月26日 10時00分
    アルビオン、「エレガンス」から20...
  4. 4位 7月27日 13時00分
    花王、「キュレル エイジングケアシ...
  5. 5位 7月26日 15時00分
    ドクターフィル、新エイジングケア化...
  6. 6位 7月25日 15時00分
    外池酒造店、ご当地コスメに終わらな...
  7. 7位 7月26日 14時00分
    花王、アタック30周年企画を展開
  8. 8位 7月25日 15時00分
    小林製薬、秋の新製品18品目で初年...
  9. 9位 7月26日 16時00分
    J&J2017年上期決算、増収税前増益
  10. 10位 7月26日 16時00分
    ファブリックケア、市場拡大は続くも...
  1. 1位 7月21日 11時00分
    ポーラ、新ブランド「V」から高級ク...
  2. 2位 7月21日 17時00分
    小林製薬、「バイオイル」の成長戦略...
  3. 3位 7月21日 10時00分
    資生堂、若年層向け新スキンケア「W...
  4. 4位 7月21日 16時00分
    美容専門学校、産学協同の実践型教育...
  5. 5位 7月21日 15時30分
    マツキヨラボ、4号店で初のインショ...
  6. 6位 7月21日 14時00分
    コーセー美容専門学校、オープンキャ...
  7. 7位 7月21日 13時00分
    指定医薬部外品とは
  8. 8位 7月20日 11時00分
    ポーラ、新体操日本代表の世界選手権...
  9. 9位 7月21日 15時40分
    アンファー、節目30周年見据え予防...
  10. 10位 7月21日 15時00分
    ハリウッド美容専門学校、産学連携で...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧2...
  2. 2位 7月3日 12時00分
    ナリス、新「マジェスタ」でエイジン...
  3. 3位 6月29日 11時00分
    カネボウ、「KANEBO」の商品体...
  4. 4位 6月28日 12時00分
    牛乳石鹸、新井浩文を起用したWeb...
  5. 5位 6月29日 10時00分
    カネボウ、「コフレドールグラン」に...
  6. 6位 6月28日 10時00分
    ポーラ、夏の顔には大気汚染物質が約...
  7. 7位 6月29日 14時00分
    訪販協、時代が抱える負の材料を商機...
  8. 8位 6月28日 16時00分
    みずほ証券・佐藤氏に聞く、2017...
  9. 9位 6月29日 13時00分
    石鹸洗剤工業組合、平岩氏の栄誉が懇...
  10. 10位 6月30日 14時00分
    JCC、化粧品産業クラスターとして...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ