コーセー 小林社長、80年、90年、100年と愛される企業に

週刊粧業 2017年1月1日号 60ページ

2017年1月11日 10時00分

Ss20170101 74 1

 コーセーは、既存ブランドとタルトが成長の牽引役となり、2016年度上期業績は、売上高が5期連続、営業利益が4期連続で過去最高を更新した。

 中期経営計画2018では、基本戦略「世界に通用するブランドの育成」を達成すべく、「重点グローバルブランドの育成」「市場開拓のスピード化」「事業戦略の遂行」の3点に取り組み、最終年度となる2019年3月期には売上高2770億円、営業利益410億円、ROA15%以上、ROE13%以上の達成を目指している。

 「変えるべきこと」と「変えてはいけないこと」を判断し、愚直に取り組むことを常に問い続けてきた小林一俊社長に、新年度の課題と抱負、今後の成長戦略についてインタビューした。



2016年上期、売上高は5期連続
営業利益は4期連続で過去最高更新

 ――まず、2016年の国内化粧品市場を振り返っていただけますか。

 小林 国内化粧品市場全体としては、2016年の化粧品出荷統計(1~9月)は、金額が前年比101.4%、数量が前年比100.5%と微増で推移しています。

 個人消費全体が停滞感から脱出できていない中、化粧品については高付加価値ニーズの高まりやモノからコト消費へのシフト、インバウンド消費の動向などから、継続的な成長が見込める方向性や材料も明確になると思われます。

 2016年は、2011年3月の東日本大震災から5年が経過し、復興が進む一方で、記憶の風化も懸念される中、4月には熊本、10月には鳥取で大きな地震が発生しました。人々の生活に大きな影響を与えるなど、生活不安の高まりを感じます。

 また、円安から円高へと為替相場が転換し、国内企業の収益にも影響を与えつつある中、ここ十数年急成長を続けてきた中国経済にもかげりが見られることから、世界経済全体にも先行き不透明感が漂っています。

 しかしながら、昨年10月末時点で年初からの累計が2000万人を突破するなど、訪日観光客数が依然として上昇しており、化粧品のインバウンド消費は引き続き堅調に推移しています。

 円高への移行に加え、中国国内での関税引き上げなどの影響も加わり、いわゆる「爆買い」が収束し、代わりに化粧品などは自分のための消費へと姿を変え、インバウンドチャネルも、これまでのドラッグストアから百貨店へとシフトしています。

 さらに、当社を含め、大手化粧品メーカーを中心に様々な改革を継続して実施するとともに、将来に向けた投資も積極的に実行に移しました。

 そのような中、上期連結ベースでは、売上高が 1257億8800万円(9.0%増)、営業利益が186億9800万円(3.6%増)、経常利益が175億9400万円(5.9%減)となり、売上高は5期連続、営業利益は4期連続で過去最高を更新しました。

 国内外の比率については、日本が82.4%(売上高=1036億1500万円、伸長率=6.8%)、アジアが9.2%(売上高=116億2200万円、伸長率=1.0%)、欧米が8.4%(売上高=105億5000万円、伸長率=52.9%)となっています。海外売上は前年比20.5%となり、海外売上比率は前期比1.7P増の17.6%となっています。

 売上高については、既存ブランドとタルトの成長が増加要因となった一方、国内のインバウンドの沈静化や為替が(決算発表時には)円高方向に振れたことなどが減少要因となり、トータルでは103億円の増収となりました。

 内訳については、既存事業(実質)が85億円の増収、タルトが36億円の増収(為替影響を含む)、インバウンドが5億円の減収、為替の影響で13億円の減収(タルトの為替影響は除く)となっています。

あと77%

こちらの記事は週刊粧業の有料プランをご契約の方のみ閲覧可能です

有料プランについてはこちら

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 10月16日 10時00分
    カネボウ化粧品、人事異動(2017...
  2. 2位 10月17日 13時00分
    コーセー、福岡で「KOSÉ Bea...
  3. 3位 10月11日 16時00分
    マツモトキヨシ、インバウンド対応で...
  4. 4位 10月16日 11時00分
    DHC、海洋深層水とグリセリンの併...
  5. 5位 10月12日 13時00分
    花王、皮膚のハリ感を定量的に測定で...
  6. 6位 10月17日 15時00分
    資生堂、専門店ブランドのマーケティ...
  7. 7位 10月16日 13時00分
    ナユタ山﨑社長、ゲルをベースに新た...
  8. 8位 10月17日 10時00分
    エイボン・プロダクツ、上級メンバー...
  9. 9位 10月17日 10時00分
    ピンクゴールド ナノ5 スパ、美容...
  10. 10位 10月12日 14時00分
    資生堂、相談役・顧問制度を廃止
  1. 1位 10月11日 16時00分
    マツモトキヨシ、インバウンド対応で...
  2. 2位 10月10日 10時00分
    コーセー、フィギュアスケートの本田...
  3. 3位 10月11日 13時00分
    資生堂、青木淳常務が代表取締役に昇格
  4. 4位 10月12日 13時00分
    花王、皮膚のハリ感を定量的に測定で...
  5. 5位 10月11日 14時00分
    平和堂、コスメ&バラエティストアを...
  6. 6位 10月11日 11時00分
    資生堂グループ、取締役・監査役、執...
  7. 7位 10月11日 15時00分
    花王、新バブは「短め入浴」でも高い効果
  8. 8位 10月11日 14時00分
    バスクリン、美肌づくりに温活入浴剤を提案
  9. 9位 10月12日 14時00分
    資生堂、相談役・顧問制度を廃止
  10. 10位 10月11日 16時30分
    ホットアルバム炭酸泉タブレット、順...
  1. 1位 10月4日 10時00分
    P&G、2018年5月で「イリュー...
  2. 2位 9月20日 14時00分
    ポーラ、BC向け新制度策定は働き方...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧2...
  4. 4位 10月5日 10時00分
    コーセー、プレディアの体感活動を強化
  5. 5位 9月21日 15時00分
    アイスタイルキャリア、大手メーカー...
  6. 6位 10月4日 11時00分
    資生堂、肌の深い悩みをカバーする新...
  7. 7位 10月4日 13時00分
    アルビオン、スキコンの主原料をオー...
  8. 8位 9月25日 15時30分
    ディセンシア、システムの連携・統合...
  9. 9位 10月3日 14時00分
    ポイントピュール、外資との合弁会社...
  10. 10位 10月10日 10時00分
    コーセー、フィギュアスケートの本田...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ