グラセル、事業成長の生命線は新製品を生み続けること

週刊粧業 2017年1月1日号 59ページ

2017年1月11日 11時15分

Ss20170101 79

 化粧品容器会社大手のグラセルは、2014年5月に大阪本社を拡大・移転した後、昨年12月までに東京・名古屋・福岡の各支店・営業所を順次、拡張(移転)した。

 地盤を一回り大きく固めた同社の今年の抱負を谷村敏昭社長に伺った。

 ――今年は化粧品容器業界にとってどのような1年になりそうですか。

 谷村 昨年と同様に予測しにくい状況にあるが、ここ数年続く業界全体の急伸の反動が懸念され、私自身は厳しい一年になると見ている。

 しかしながら、私たち容器メーカーの生命線が「新製品を作り続ける」ことに変わりはない。

 スキンケア領域では、様々な商品企画に対応できるラインナップが揃ってきたという実感はあるが、当社が目指しているのは「化粧品の総合容器メーカー」である。目標に向け、今後はメークアップ、トイレタリー向け容器への開発投資をさらに積極化していく。

 ――成長への投資という点では、容器メーカーとして工場を構える「グラセル・タイランド」も進出から3年目を迎えます。

 谷村 成長マーケットである海外に進出するならば、金型から成形、蒸着、塗装、印刷まで一社で一貫生産するメーカー機能が必要だと思っていた。進出後は海外の国際展示会へ出展して企業認知度を高めつつ、日本同様、容器開発への投資を進めている。数年後には、国内容器カタログと比べても見劣りしない程度まで充実させていく計画だ。

 しかしながら、海外事業も最終的に企業を支えるのは「人」である。

 タイ工場の新要員として採用した外国人社員の日本での研修期間ももうすぐ丸3年を迎える。研修を終えた彼らを即戦力に海外事業も大きく成長させていきたい。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 10月16日 10時00分
    カネボウ化粧品、人事異動(2017...
  2. 2位 10月17日 13時00分
    コーセー、福岡で「KOSÉ Bea...
  3. 3位 10月11日 16時00分
    マツモトキヨシ、インバウンド対応で...
  4. 4位 10月16日 11時00分
    DHC、海洋深層水とグリセリンの併...
  5. 5位 10月12日 13時00分
    花王、皮膚のハリ感を定量的に測定で...
  6. 6位 10月17日 15時00分
    資生堂、専門店ブランドのマーケティ...
  7. 7位 10月16日 13時00分
    ナユタ山﨑社長、ゲルをベースに新た...
  8. 8位 10月17日 10時00分
    エイボン・プロダクツ、上級メンバー...
  9. 9位 10月17日 10時00分
    ピンクゴールド ナノ5 スパ、美容...
  10. 10位 10月12日 14時00分
    資生堂、相談役・顧問制度を廃止
  1. 1位 10月11日 16時00分
    マツモトキヨシ、インバウンド対応で...
  2. 2位 10月10日 10時00分
    コーセー、フィギュアスケートの本田...
  3. 3位 10月11日 13時00分
    資生堂、青木淳常務が代表取締役に昇格
  4. 4位 10月12日 13時00分
    花王、皮膚のハリ感を定量的に測定で...
  5. 5位 10月11日 14時00分
    平和堂、コスメ&バラエティストアを...
  6. 6位 10月11日 11時00分
    資生堂グループ、取締役・監査役、執...
  7. 7位 10月11日 15時00分
    花王、新バブは「短め入浴」でも高い効果
  8. 8位 10月11日 14時00分
    バスクリン、美肌づくりに温活入浴剤を提案
  9. 9位 10月12日 14時00分
    資生堂、相談役・顧問制度を廃止
  10. 10位 10月11日 16時30分
    ホットアルバム炭酸泉タブレット、順...
  1. 1位 10月4日 10時00分
    P&G、2018年5月で「イリュー...
  2. 2位 9月20日 14時00分
    ポーラ、BC向け新制度策定は働き方...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧2...
  4. 4位 10月5日 10時00分
    コーセー、プレディアの体感活動を強化
  5. 5位 9月21日 15時00分
    アイスタイルキャリア、大手メーカー...
  6. 6位 10月4日 11時00分
    資生堂、肌の深い悩みをカバーする新...
  7. 7位 10月4日 13時00分
    アルビオン、スキコンの主原料をオー...
  8. 8位 9月25日 15時30分
    ディセンシア、システムの連携・統合...
  9. 9位 10月3日 14時00分
    ポイントピュール、外資との合弁会社...
  10. 10位 10月10日 10時00分
    コーセー、フィギュアスケートの本田...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ