岩瀬コスファ、海外・ヘルスケア事業を早期拡大、成長基盤の確立へ

週刊粧業 2017年1月1日号 58ページ

2017年1月11日 12時00分

Ss20170101 82

 原料ディーラーの岩瀬コスファは、今期(2017年3月期)より第8次中期経営計画を開始し、より一層経営基盤の強化とグローバル事業の拡大を掲げている。

 岩瀬由典社長に、2016年の総括と今後の取り組みについて話を伺った。

 ――昨年は社長就任2年目でした。

 岩瀬 社長就任時から開始した全スタッフとの面談も終え、当社の課題なども理解したうえで掲げた第8次中期経営計画(2016年4月~2022年3月)を実行に移した初年度でもあり、挑戦的な売上げ目標を掲げた。

 関西方面の受託製造業が好調で業績を牽引しているものの、インバウンド需要が落ち着きをみせたことで、目標には到達しない予測となっている。しかしながら、業績自体は堅調に伸長しており、前年超えは確実に達成予定だ。

 また、就任後に、週1回ノー残業デーを設けたことで、時間を意識して効率的に仕事に取り組む姿勢が生まれてきている。昨年は社歌も新たに作り、社員一丸となって成長を遂げるための一体感がより一層強まっている。

 ――第8次中期経営計画について教えてください。

 岩瀬 中長期ビジョンとして、「美と健康の分野において、最も信頼される専門商社として世界の人々との豊かな暮らしに貢献し続ける企業でありたい」を掲げ、5カ年で会社の収益基盤・成長基盤を確立していく。

 また、骨子として「海外ビジネスの早期拡大」「コアとなる事業の徹底的強化」「ヘルスケアビジネスの再構築」「イノベーションの加速」「安全性・効果性の担保」「企業インフラの整備」「組織の活性化と人材育成」「戦略的パートナーシップの構築」の8つを定め、明確に方向性を示し、社員一丸となって取り組んでいる。

 さらに、海外事業をヘルスケア事業とともに第8次中期経営企画の成長ドライバーと位置づけ、早期拡大を図っている。2法人3拠点を有する中国では、2016年上半期は円高の影響もあり苦戦を強いられたものの下半期は業績を回復し増収で終えることができた。

 ISO認証取得や本社と連動した人事評価制度導入など事業拡大に向けての企業内インフラが整った一年であった。

 2015年設立のヨーロッパ法人は設立2年目にて黒字化を達成、ベトナム法人は外資系・ローカルともに好調で前年比150%の増収となった。ASEAN(ベトナムを除く)は売上は堅調に推移したが、ここ数年、踊り場にきている。新しい発想を取り入れて今後より一層事業拡大を図っていきたい。

 ――2017年の動きについてお伺いします。

 岩瀬 昨年、佐賀県唐津市に化粧品原材料保管・小分けを目的とした倉庫を着工し、7月の稼動の予定である。

 輸入原料の増加及び小容量サイズの要望に対して、「化粧品製造工場と同等レベルの環境での高品質な保管・小分け品質の向上」を目指したものであり、新たな付加価値を提供できる体制を早期に構築する。

 将来的に、同倉庫では原料の量り売りを方向性に据え、製造側で品質保証期限切や在庫整理などで処分されてしまう原料を少しでも減らし、取引先のニーズに応えつつ地球環境に配慮していきたい。

 また、化粧品・ヘルスケア等の業界で安全性・有用性の担保が求められる中、最近では受託試験(BIOX)事業の展開に注力している。

 化粧品や健康食品分野だけでなく様々な試験に対応していることで他業界への窓口を担う事業にもなっており、今後より一層周知を図り、拡大していく。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 11月17日 16時00分
    2017年 ドラッグストアの化粧品...
  2. 2位 11月17日 11時00分
    湘南薬品、大手ドラッグストアに「人...
  3. 3位 11月17日 13時00分
    アインファーマシーズ、コスメオンリ...
  4. 4位 11月17日 14時00分
    マツモトキヨシHD、専売商品と新業...
  5. 5位 11月17日 12時00分
    トモズ、制度品とメークが売上を牽引
  6. 6位 11月17日 11時00分
    資生堂、「PLAYLIST(プレイ...
  7. 7位 11月16日 15時30分
    化粧品製造機器、省人化や生産効率向...
  8. 8位 11月17日 15時00分
    コスメシオン ラスカ茅ヶ崎店、館の...
  9. 9位 11月17日 10時00分
    ハイム化粧品、経営再建へ始動から節...
  10. 10位 11月16日 16時00分
    ライオン第3四半期、売上・利益とも...
  1. 1位 11月13日 10時00分
    2016年化粧品流通別出荷実績、「...
  2. 2位 11月14日 15時00分
    コーセー小林社長、2017年上期の...
  3. 3位 11月10日 14時00分
    カネボウ、「CHICCA」10周年...
  4. 4位 11月10日 15時00分
    資生堂、ベア社不振で655億円の特損計上
  5. 5位 11月13日 16時00分
    ちふれ化粧品、新たな価値創造目指し...
  6. 6位 11月15日 16時00分
    資生堂、米国ベンチャー企業「ギアラ...
  7. 7位 11月10日 14時00分
    クラレ、独自開発した「イソプレング...
  8. 8位 11月13日 14時00分
    日東電化工業、「OSAJI(オサジ...
  9. 9位 11月15日 13時00分
    シーエスラボ、2工場(館林・千代田...
  10. 10位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧2...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧2...
  2. 2位 10月4日 10時00分
    P&G、2018年5月で「イリュー...
  3. 3位 10月20日 12時00分
    ポーラ、質の向上を伴った持続的成長へ
  4. 4位 10月31日 15時00分
    知財高裁、富士フイルムの控訴を棄却
  5. 5位 11月1日 10時00分
    ポーラ文化研究所、化粧品情報収集と...
  6. 6位 10月27日 15時00分
    カネボウ、7都市で女性のライフスタ...
  7. 7位 10月17日 15時00分
    資生堂、専門店ブランドのマーケティ...
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 10月24日 10時00分
    ポーラの次世代エース山田氏、販売現...
  10. 10位 10月31日 10時00分
    カネボウ化粧品、2017年度グッド...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ