アイスタイル、2017年6月期は2ケタ増収減益

訪販ジャーナル 2017年8月21日号 1ページ

2017年8月22日 16時00分

Hj20170821 3

 化粧品・美容総合サイト「@cosme」を基盤に事業・サービス領域を広げているアイスタイルの2017年6月期決算は、展開する全事業で前年の売上を上回り、設立以来の連続増収を達成した。

 同社は16年8月に中期経営計画「Road to 2020」を掲げて事業戦略を打ち出しており、17年6月期は「事業領域の拡大」と「組織・体制の構築」に集中的に取り組んだ。

 その結果、売上高は前年比32.2%増の188億8800万円、営業利益は16.3%減の14億6500万円、経常利益は21.3%減の12億9900万円、当期純利益は15.5%減の10億7600万円だった。

 「@cosme」を軸にした広告・ソリューションなどのBtoBサービス、プレミアム会員(有料)向けのBtoCサービスを展開する「On Platform事業」は、16.8%増の68億4000万円、セグメント利益(営業利益)が20.0%増の25億5100万円となり、収益の柱として強化を図った。

 昨年9月に食と健康をテーマに事業を推進するEat Smart社をM&Aし、化粧品メーカー以外のクライアントの開拓を進めたほか、中長期を見据えた基盤づくりの一環として、6月には3年ぶりにスマートフォン向けアプリの全面リニューアルを実施した。アプリは随時、アップデートしていく予定だ。

 また、店舗情報や取扱商品をデータベース化し、店舗とメーカー、そしてユーザーをつなぐコミュニケーションツールとなる「@cosme お店ガイド」の登録店舗数は、ドラッグストアを中心に約7000店(6月末時点)となった。今後も化粧品を取り扱う店舗情報を増やし、コミュニケーションツールとしての機能を高めていく考えだ。

 化粧品専門店「@cosme store」やECサイトの運営などを行う「Beauty Service事業」は、売上高が49.7%増の87億8400万円、セグメント利益が48.4%減の2億2900万円だった。「@cosme store」は、9店舗の出店に加え、M&Aにより4店を取得し、計24店へと一気に出店ペースを増やした。

 吉松徹郎社長は、店舗運営について「様々なスタイルの店舗を出店しており、新たな業態開発にもチャレンジしている。延いては、化粧品の小売につづく、美容関連事業への進出も視野に入れている。18年6月期も出店計画はあるが、前期ほどの出店数ではない。その分、既存店の育成強化を進めていく」と語気を強めた。

 また、日本の美の魅力を発信することを目指すプライベートブランド「@cosme nippon」は、3月に第1弾として発売した美容液マスクにつづき、第2弾「阿蘇の馬のたてがみ油」ハンドケアシリーズ(3品)を4月に発売。商品は、グループの国内外の店舗やECサイトを通じて販売されている。7月には第3弾「北山麓の雪どけハーブ水」(2品)も発売した。

 「Global事業」は、売上高が18.9%増の29億5900万円、50.9%減の1億3300万円だった。中国の卸売事業にて、一部のチャネルから受注増加もあり、売上が倍増する増収要因があったものの、5月から6月にかけて海外初のリアル店舗として、台湾の台北に2店舗、台中に1店舗の計3店舗を連続してオープンしたことで経費が嵩んだ。

 また、中長期を見据えて、マレーシアの通販ECサイト「HERMO」、台湾「UrCosme」、米国「MakeupAlley」の美容系総合ポータルサイトを子会社化している。世界の美容に関する情報を集約した「Global One Database」の構築に向けたM&Aで、今後は商品データやクチコミデータ、ユーザーデータなどを連携させていくという。

 美容部員などを派遣する人材派遣事業と、創業間もない企業も含めて幅広い成長ステージに投資する投資育成事業がある「その他事業」は、人材派遣事業が着実に伸長して売上高は前年の約3.5倍拡大して3億400万円、セグメント利益は3900万円(前期はセグメント損失9100万円)だった。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 9月21日 11時00分
    イプサ、独自のジョブチャレンジ制度を展開
  2. 2位 9月20日 14時00分
    ポーラ、BC向け新制度策定は働き方...
  3. 3位 9月21日 15時00分
    アイスタイルキャリア、大手メーカー...
  4. 4位 9月21日 16時00分
    ポーラ、新ブランド「V」投入で初年...
  5. 5位 9月21日 18時00分
    優良化粧品原料メーカー・商社一覧リ...
  6. 6位 9月21日 11時00分
    資生堂、肌を切らずに毛細血管を可視...
  7. 7位 9月22日 15時00分
    P&G、今期も付加価値商品投入で市...
  8. 8位 9月22日 14時00分
    shiro自由が丘店、東京初のカフ...
  9. 9位 9月22日 13時00分
    複合商業施設「上野フロンティアタワ...
  10. 10位 9月22日 11時00分
    矢野経済研究所、ヘアケア市場に関す...
  1. 1位 9月20日 14時00分
    ポーラ、BC向け新制度策定は働き方...
  2. 2位 9月21日 15時00分
    アイスタイルキャリア、大手メーカー...
  3. 3位 9月21日 16時00分
    ポーラ、新ブランド「V」投入で初年...
  4. 4位 9月19日 14時00分
    資生堂、お風呂と肌乾燥に関する最新...
  5. 5位 9月20日 16時00分
    2017年美容部員派遣業界の最新動向
  6. 6位 9月19日 15時00分
    資生堂、シワ改善クリーム第2弾を投入
  7. 7位 9月21日 18時00分
    優良化粧品原料メーカー・商社一覧リ...
  8. 8位 9月20日 12時00分
    アテニア、美肌アプリいらずの化粧下...
  9. 9位 9月21日 11時00分
    イプサ、独自のジョブチャレンジ制度を展開
  10. 10位 9月20日 14時00分
    MIMC、立ち上げから10年間で売上大台
  1. 1位 8月28日 15時30分
    ナリス化粧品、青色LEDによる育毛...
  2. 2位 9月20日 14時00分
    ポーラ、BC向け新制度策定は働き方...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧2...
  4. 4位 9月14日 16時00分
    コーセー、ブラジルに初進出
  5. 5位 9月11日 10時00分
    オルビス、日本最大級の顧客満足度調...
  6. 6位 9月8日 15時00分
    エルメ・ド・ボーテⅡ銀座店、外国人...
  7. 7位 8月29日 15時00分
    コーセー2017年第1四半期、2ケ...
  8. 8位 9月11日 19時30分
    1年以内に利益回収する為のKPIの出し方
  9. 9位 8月30日 10時00分
    カネボウ、バラ泡洗顔料に数量限定品
  10. 10位 9月8日 15時00分
    花王、エイジングケアシリーズ投入で...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ