今、なぜ動画広告がアツい!と言われているのか

2017年10月26日 19時30分

Tenshindo20171026

動画市場の現状

インターネットを開けば溢れかえる動画の広告―。
動画広告を目にしない日はない、という方も多いのではないでしょうか?

近年、インターネット動画広告の市場規模は年々拡大しており、
2017年度には1000億円を超える市場に成長すると予測されています。

Twitterを始めFacebookやInstagramでも動画広告の割合が増えつつあります。
Twitterでは、動画コンテンツの前に動画広告を流す
『インストリーム動画広告』を日本でも行うと発表しており、
他にもWEBやアプリで事業を展開する大手企業のライブコマース事業参入や、
abemaTV・huluを筆頭に放送業界がインターネットテレビ事業に参入するなど、
今後も動画を中心とした広告展開の動きが活発になると予想されています。

なぜ動画が注目されているのか

要因として、2007年から始まったYouTube・ニコニコ動画などの
インターネット動画のコンテンツが充実したことで、
インターネットで動画を視聴するという文化が根付いてきたという部分が大きいと言われています。
それに加え、インターネットの高速回線の環境が整備され、
パソコンだけでなく、スマホからもアクセスが容易になり、
いつでもどこでも見たい動画を見ることができるようになったことも要因の一つに挙げられます。
これにより、インターネットで動画を視聴するという文化を持ったユーザーが急増し、
それと合わせて動画広告のコンバージョン率が高くなったことで
動画市場が拡大していると考えられています。

ある研究では、静止画ページと動画を置いたページでABテストを行った結果、
動画を置いたページのコンバージョン率の方が31%高かったということが分かっており、
今後は動画を挿入したコンテンツが増えていくと予想されています。

通販事業において動画広告は何ができるか

通販事業に於いて効果的な動画の使い方として、
「効果」や「使い方」を映像で見せる動画があげられます。
文字や静止画で説明をしても理解しにくい内容でも、
動画に置き換えることで、
仮に説明がなくても理解またはイメージができるようになります。

動画プレーヤー
00:00
00:03

例えば、上の動画は文字の補足がなくても、
「吹き出物が徐々に治っていく」というイメージが容易にできると思います。
つまり、動画なら表現を制限されることなく、
機能や効果を視覚的にわかりやすく簡単に伝えられるというのが、
動画広告の一番の強みになります。

もう一つが、商品の使い方・物の作り方・料理の手順を紹介する「HowTo動画」。
最近ではそれを見る目的でインターネット動画を見るユーザーもいるほど
人気のあるコンテンツに成長しています。
商品の面白い使い方、使用前後を
動画で見せてバズマーケティングを狙った手法もトレンドとして出てきました。

このように「効果」をわかりやすく伝えることが可能な動画は、
ランディングページなどの広告ページに挿入し、
興味喚起やそのものの効果を期待させることでコンバージョン率を向上させたり、
サイトや広告ページへの誘導のクッションとして使用することで
クリック率を向上させることが出来る為、
通販において大変有効的な広告手段と言えます。

また「HowTo動画」については、
商品を購入した顧客へCRM施策の一つとして発信し、
使用を促したり、より正しくその商品を使用してもらうことで、
効果実感が高まり継続率を上げることにつながるのです。

アクセスランキング

  1. 1位 11月20日 11時00分
    ランクアップ、温かくなるクレンジン...
  2. 2位 11月20日 16時00分
    フォーデイズ、全国大会に約4000...
  3. 3位 11月20日 15時00分
    伊勢半ヒロインメイク、美しい少女漫...
  4. 4位 11月21日 11時00分
    小林製薬「ケシミンシリーズ」、医薬...
  5. 5位 11月20日 14時00分
    さくらフォレスト、CRMは顧客と企...
  6. 6位 11月20日 12時00分
    イヌイ、「養麗潤」が累計販売3万個...
  7. 7位 11月17日 16時00分
    2017年 ドラッグストアの化粧品...
  8. 8位 11月20日 16時00分
    レブロン第3四半期決算、経営統合の...
  9. 9位 11月20日 10時00分
    2017年秋のトイレタリー市場、期...
  10. 10位 11月21日 13時00分
    コーセー「雪肌精」、30年を超える...
  1. 1位 11月17日 16時00分
    2017年 ドラッグストアの化粧品...
  2. 2位 11月15日 16時00分
    資生堂、米国ベンチャー企業「ギアラ...
  3. 3位 11月16日 15時30分
    化粧品製造機器、省人化や生産効率向...
  4. 4位 11月16日 15時00分
    フローフシ、キャッチーで本質捉えた...
  5. 5位 11月17日 14時00分
    マツモトキヨシHD、専売商品と新業...
  6. 6位 11月17日 11時00分
    湘南薬品、大手ドラッグストアに「人...
  7. 7位 11月15日 13時00分
    シーエスラボ、2工場(館林・千代田...
  8. 8位 11月17日 13時00分
    アインファーマシーズ、コスメオンリ...
  9. 9位 11月15日 14時00分
    オーク、原料用途でアルカリイオン水が活躍
  10. 10位 11月15日 13時00分
    矢野経済研究所、2016年度の化粧...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧2...
  2. 2位 10月4日 10時00分
    P&G、2018年5月で「イリュー...
  3. 3位 10月31日 15時00分
    知財高裁、富士フイルムの控訴を棄却
  4. 4位 11月1日 10時00分
    ポーラ文化研究所、化粧品情報収集と...
  5. 5位 10月27日 15時00分
    カネボウ、7都市で女性のライフスタ...
  6. 6位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  7. 7位 10月24日 10時00分
    ポーラの次世代エース山田氏、販売現...
  8. 8位 10月31日 10時00分
    カネボウ化粧品、2017年度グッド...
  9. 9位 10月31日 16時00分
    アルビオン、将来の礎づくりに向け「...
  10. 10位 10月26日 14時00分
    資生堂、油分・水分を自在に混ぜる新...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ