日光ケミカルズ、超高濃度酸化亜鉛分散剤や美肌サポート成分に注力

C&T 2018年3月15日号 42ページ

2018年5月17日 13時00分

Cct20180508 4

 ニッコールグループ 日光ケミカルズ(本社=東京)は、長年培ってきたコロイド化学や皮膚科学の知見をベースにグループ7社の総合力を活かして、原料の開発・製造・販売から製剤開発、安全性・有用性評価まで、幅広いニーズに応えるトータルサポートサービスを展開している。

 さらに、パートナーとの共同研究や商社機能を活用して、国内外から安全・安心で安定供給可能な幅広い原料を取り揃え、新しいストーリーやコンセプト提案など差別化を進めている。

 サンケア分野では、関連会社のKOBOディスパテック社の製品を販売している。

 KOBOディスパテック社は、高度な分散技術を活かして、微粒子酸化チタンや微粒子酸化亜鉛をさまざまな分散剤や分散媒を用いてディスパーションにした製品をラインナップしている。優れたUV遮蔽効果を示しながら高い透明性を実現しているのが最大の特徴だ。

 高度な表面処理と分散技術により、粒子径を理想的なサイズでコントロールできるため、UV遮蔽効果を最大限に発揮させることが可能。さらに、油中や水中に安定して粉体を均一分散させられるため、高濃度の粉体を配合しても白浮きの少ない透明性のあるサンスクリーン製剤を実現することができる。

 最近では、処方開発者の目線で製品化した高濃度酸化亜鉛ディスパーション「CMNIP70ZK1J」の提案に注力している。

 通常、酸化チタンや酸化亜鉛を分散させたディスパーションに使われている分散剤は、べとつくなど使用感が良くないものが多く、配合量によっては最終製剤の使用感に影響する場合がある。

 そこで、KOBOディスパテック社の分散技術を応用し、分散剤の使用量を大幅に減らして微粒子酸化亜鉛を分散させたディスパーション「CMNIP70ZK1J」を開発したという。

 「CMNIP70ZK1J」は、従来のディスパーションに比べて「分散剤の配合量を3分の1までカットした(当社比)」(開発担当)といい、分散媒も軽い使用感のシリコーン油やエステル油を使うことで最終製剤の使用感に影響しにくい酸化亜鉛ディスパーションとなっている。

 さらに、粉体濃度が70%まで高めることに成功。目的のUV遮蔽性を出すために必要な処方への配合量が従来品と比べ少なくなり、自由に配合できる成分の割合が増えるため、処方開発の幅が広がる製品となっている。

 またKOBOディスパテック社では、分散技術を応用して、メイク製品に使用される顔料を分散させたカラーディスパーションも製造している。

 3本ローラーやディスパーミキサーを用いた従来の方法で製造された分散物よりも分散性や色の安定性が良く、ロットブレも少ないことが特徴だ。また、発色やツヤ感に優れ、塗布表面が滑らかで粒残りも生じにくく、ロットブレも少ない。さらに、流動性のあるペースト状になっているため分散効率がよく製造作業の短縮ができ、粉散りする心配がないため作業環境の改善にもつながる利点もある。

 美白分野では、メラニンの排出を促し色ムラのない美肌へ導くリノール酸誘導体「NIKKOL VF-LINO」の提案に注力している。

 「NIKKOL VF-LINO」は、「メラノソームの表皮細胞への取り込みを抑制」し、「ターンオーバーを正常な状態へ誘導」する2ステップで美白効果をサポート。新しい作用メカニズムに着目した製品だ。

 皮膚の色の変化は、紫外線の暴露などにより合成されたメラニンがメラノソームという小胞が表皮細胞へと取り込まれ、皮膚表面に顕在化して起こる。さらに紫外線の暴露は、メラノソームの表皮細胞への取り込みも促進することが知られている。

 「NIKKOL VF-LINO」は、表皮細胞への過剰なメラノソームの取り込みを抑制する作用があるため、皮膚表面でのメラノソームの顕在化を防ぎ、美白効果をサポートすることが期待できる。

 また、表皮細胞のターンオーバーは、メラノソームを取り込むことで遅延することが知られている。遅延したターンオーバーを戻すため、単純にターンオーバーを促進させても、効果があるとは限らない。色素沈着部位以外のターンオーバーも速くなってしまうため、全体の皮膚の色は改善しているにも関わらず色素沈着部位とその他の皮膚の色の差がより強調され、色ムラが目立ってしまう場合がある。そのため、ターンオーバーを促進するよりも遅延したターンオーバーを通常の速度まで戻すことが重要だ。

 「NIKKOL VF-LINO」は、メラノソームを取り込んでターンオーバーが遅延した表皮細胞にのみ働くため、ターンオーバーが正常化し、色ムラの改善が期待できる。

 日光ケミカルズでは、このような優れた製品をただ単に紹介するのではなく、最終ユーザーを意識した処方とともに紹介している。

 また、顧客の要望に応じた的確な安全性・有用性評価方法や共同開発の提案もしており、開放研究室における製剤化支援や研修など、グループの総合力を活かした、他社ではできないような提案型企業として活動を行っている。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 8月10日 12時00分
    コーセー特別協賛の「第15回世界バ...
  2. 2位 8月10日 14時00分
    スキンフローラを整える「育菌」「補...
  3. 3位 8月10日 12時00分
    えそらフォレスト、肌本来の力を引き...
  4. 4位 8月10日 13時00分
    資生堂、SHISEIDOブランド強...
  5. 5位 8月10日 10時00分
    DHC、コラーゲンペプチドにアトピ...
  6. 6位 8月8日 14時00分
    小林製薬、若い女性の悩み改善薬が牽引
  7. 7位 8月8日 16時00分
    2018年上半期、化粧品各社のMV...
  8. 8位 8月8日 12時00分
    マンダム、男性ボディペーパー市場を牽引
  9. 9位 8月10日 10時00分
    スタービューティー、皮膚常在菌に着...
  10. 10位 8月9日 10時00分
    ラウンドリンク、子育て層ニーズに応...
  1. 1位 8月8日 12時00分
    資生堂、化粧品に対する気持ちの変化...
  2. 2位 8月10日 12時00分
    コーセー特別協賛の「第15回世界バ...
  3. 3位 8月10日 12時00分
    えそらフォレスト、肌本来の力を引き...
  4. 4位 8月10日 14時00分
    スキンフローラを整える「育菌」「補...
  5. 5位 7月30日 10時00分
    鈴木ハーブ研究所、新旧織り交ぜた戦...
  6. 6位 7月30日 12時00分
    北の達人コーポ、2019年2月期第...
  7. 7位 7月9日 15時00分
    女子たるものツルツル肌を死守!夏の...
  8. 8位 7月12日 11時40分
    【訃報】清水俊吉氏(麻友代表取締役...
  9. 9位 7月19日 19時00分
    目指すは透明感ある美肌!美白化粧品...
  10. 10位 7月30日 14時00分
    日本通信販売協会、都と連携による参...
  1. 1位 8月8日 12時00分
    資生堂、化粧品に対する気持ちの変化...
  2. 2位 7月9日 15時00分
    女子たるものツルツル肌を死守!夏の...
  3. 3位 7月12日 11時40分
    【訃報】清水俊吉氏(麻友代表取締役...
  4. 4位 6月22日 18時00分
    露出が多くなる夏は目前…梅雨のうち...
  5. 5位 7月19日 19時00分
    目指すは透明感ある美肌!美白化粧品...
  6. 6位 7月30日 12時00分
    北の達人コーポ、2019年2月期第...
  7. 7位 7月30日 14時00分
    日本通信販売協会、都と連携による参...
  8. 8位 7月30日 10時00分
    鈴木ハーブ研究所、新旧織り交ぜた戦...
  9. 9位 7月17日 14時00分
    ナリス、通販もふきとり提案で満足度向上へ
  10. 10位 6月15日 17時20分
    ペタ髪さん必見! 梅雨に負けない頭...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ