求人市場の動向を知る化粧品業界求人倍率レポート【2018年4月編】

週刊粧業 2018年6月4日号 4ページ

2018年6月7日 16時00分

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%82%a2%e9%bd%8b%e8%97%a4%e3%81%95%e3%82%93 %e6%9c%80%e9%81%a9

 化粧品業界最大の求人メディア「アットコスメキャリア」および人材紹介サービス「化粧品人材バンク」を利用する約30万人超の会員データをもとに、毎月、最新の求人マーケットの動向をお伝えします。

■サマリー
・化粧品販売職の求人倍率は1.16倍(▲0.34)
・化粧品本社職の求人倍率は1.21倍(▲0.10)※カッコ内は前月比
・販売職では、企業の募集が充足傾向。一方で早期離職を希望する求職者からの相談も増加。
・本社職では、入社後トラブルに関する相談が増える時期。十分な認識すり合わせがトラブル防止の鍵。

■「販売職」の求人マーケットの動向

 4月は中途での入社者だけでなく、新卒社員の入社も加わり、企業の募集が充足傾向にあった。そのため募集数が減少し、求人倍率の低下が見られた。

 一方で、アットコスメキャリアの転職相談室では、新卒をはじめとした新人社員からの「早期離職」に関する相談が増え始めている。厚生労働省の2013年の調査によると、新卒社員のうち30%以上が3年以内に仕事を辞めてしまうとされているが、化粧品販売職では入社後数日~3カ月以内で早期離職に至ってしまう事例が少なくない。

 早期離職をする理由としては「研修が想像より厳しかった」「覚えることが多く自信を無くしてしまった」「世界観にあこがれて入ったが思っていたのと違った」など入社前の期待との落差で意欲をなくしてしまうケースが多い。こういったギャップを生じさせないためには、入社前の段階で本人の抱いている理想やイメージを詳細にヒアリングし、現実と擦り合わせていくようなコミュニケーションが必要だ。

 また店舗配属後には「店長と合わない」「先輩からの指導が厳しい」など人間関係を原因とした退職が増加する。「繁忙期で先輩が接客に追われていて、指導してもらえなかった」など、指導がないことに不満を感じるケースも多いので、配属がコントロールできる場合には、繁忙店や繁忙日は避けて配属する等の配慮を心がけたい。

 早期退職をした新人社員は「化粧品販売の仕事自体が自分に向いていない」と考え異業界への転職を希望する傾向が強く、業界からの人材流出を加速させる一因にもなっている。せっかく採用した人材を早期離職で失わない為にも、入社からの3カ月間は特に丁寧なケアを心がけて欲しい。

■「本社職」の求人マーケットの動向

 4月の化粧品本社職の求人倍率は1.21倍で、前月比▲0.10倍と若干低下した。新卒社員の研修や受入れ等で人事が多忙な時期であるため、採用市場はやや落ち着きを見せている。

 本社職においても、販売職と同様に入社後トラブルに関する相談が増加する時期だ。事例としては「あるブランドのSV職として採用されたが、一旦そのブランドの店舗での店長職を経験する必要があるということで、店舗に配属された」など、当初聞いていた話と違うといった内容が多い。

 また、平成30年1月に改訂された職業安定法により、当初求職者に明示した労働条件に変更があった場合には、速やかにその変更内容を明確に提示することが採用主に義務づけられた。一時的に別の職務に就かせるといったケースでも、明示をしていない場合は職業安定法に抵触する場合があるので、注意が必要だ。トラブルを発生させないためにも、両者の認識を十分にすり合わせることの重要性を今一度確認して欲しい。

・執筆者:齋藤芽衣
アットコスメキャリア編集長 2008年に株式会社アイスタイル入社後、会員登録者数26万人を超える 化粧品業界専門の求人メディア「アットコスメキャリア」および化粧品業 界専門の人材紹介サービス「化粧品人材バンク」の制作責任者として、 化粧品メーカー 300社、8000以上の求人広告の製作に関わる。 その後、転職アドバイザーとして、化粧品業界の本社職や販売職への転職を希望する候補者約12000人のサポートを行っている。

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 9月21日 14時00分
    アイスタイルキャリア、年内に「アッ...
  2. 2位 9月21日 15時30分
    ホシケミカルズ、マリンプラセンタ配...
  3. 3位 9月21日 15時00分
    ゴダイドラッグみゆき通り店、エステ...
  4. 4位 9月21日 11時00分
    資生堂、「SHISEIDO」新商品...
  5. 5位 9月21日 14時00分
    ポーラ、薬用シワ改善クリームのタイ...
  6. 6位 9月21日 13時00分
    ライオン、「口臭ケアサポートアプリ...
  7. 7位 9月21日 12時00分
    iDA(アイ・ディ・エー)、スタッ...
  8. 8位 9月21日 12時00分
    アルビオン、白神研究所が「有機JA...
  9. 9位 9月18日 14時00分
    ナリス化粧品、全国で美人眉レッスンを開催
  10. 10位 9月21日 11時00分
    TPCリサーチ、頭髪化粧品市場につ...
  1. 1位 9月18日 14時00分
    ナリス化粧品、全国で美人眉レッスンを開催
  2. 2位 9月18日 12時00分
    長寿乃里、店舗展開10年目で美容部...
  3. 3位 9月21日 14時00分
    アイスタイルキャリア、年内に「アッ...
  4. 4位 9月21日 15時00分
    ゴダイドラッグみゆき通り店、エステ...
  5. 5位 9月21日 15時30分
    ホシケミカルズ、マリンプラセンタ配...
  6. 6位 9月3日 14時00分
    アディクション、アイシャドウと新ベ...
  7. 7位 9月3日 12時00分
    イプサ、レシピの共創を軸に真摯な姿勢貫く
  8. 8位 8月27日 14時00分
    ジルスチュアート、中国への出店でブ...
  9. 9位 9月3日 10時00分
    エキップ、ベースメークが国内外で好成長
  10. 10位 8月27日 15時00分
    医薬部外品と化粧品の広告表現の違い...
  1. 1位 8月7日 18時35分
    フレグランスジャーナル、「顔の魅力...
  2. 2位 7月27日 18時30分
    酷暑をのりきるデオドラント対策
  3. 3位 8月16日 14時00分
    気がつけばこんがり…!?うっかり日...
  4. 4位 6月5日 11時00分
    コーセー、高保湿エイジングケアブラ...
  5. 5位 8月20日 14時00分
    フォーデイズ、西日本豪雨災害へ義援...
  6. 6位 8月27日 14時00分
    ジルスチュアート、中国への出店でブ...
  7. 7位 9月3日 14時00分
    アディクション、アイシャドウと新ベ...
  8. 8位 9月3日 12時00分
    イプサ、レシピの共創を軸に真摯な姿勢貫く
  9. 9位 8月27日 12時00分
    スクロール、2019年3月期第1四...
  10. 10位 9月3日 10時00分
    エキップ、ベースメークが国内外で好成長

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ