コーセー、メイクアップブランド「エルシア」を50代以上女性向けにリニューアル

2013年12月24日 16時50分

 コーセーコスメニエンス株式会社(株式会社コーセー100%出資)は、メイクアップブランド『エルシア』を、50代以上の女性に向けたエイジングケアブランドとしてリニューアルし、2014年2月から順次商品を刷新、発売していきます。

 第一弾として、サッとひと塗りで明るく若々しい印象を叶える2色プレスのファンデーション「エルシア 明るさアップ ファンデーション」などの新商品(9品目27品種 各750円~1500円/税込 各787円~1575円)を、2014年2月16日より全国のドラッグストア・量販店・ホームセンターを中心に展開します。

kose20131224_2.jpg

 新生『エルシア』は、「Accessible Luxe(アクセシブル リュクス)※2」を新たなブランドコンセプトとして、華やかで上品な顔に仕上げる高品質でありながら、いつでも気軽に買えるエイジングケアブランドとして生まれかわります。

 50代以上の女性が求める若々しく明るい印象の顔を叶えるアイテムに、高級感がありながらも“かわいらしさ”や“華やかさ”をもつデザインを起用しました。キャッチコピーも大きな文字でわかりやすく表示するなど、50代以上の女性が求める多様なニーズを手頃な価格で実現したブランドとなっています。

 今回、第一弾としてリニューアルするベースメイクでは、「明るさ&血色アップパウダー※3」を全品共通成分として配合しました。様々な色の光から、赤い光のみを選択的に反射することで、年齢とともに黄みが強く明度が低下した肌を、明るく血色感のある若々しい肌に見せます。また、メイクアイテムとスキンケアアイテム共通の「うるおい美容液成分※4」が、年齢とともに乾燥しがちなお肌にうるおいを与えます。

 代表商品「明るさアップ ファンデーション」(SPF26/PA++ 4色 各1500円/税込 各1575円)は、さっとひと塗りで、ぱっと顔色を明るくする美白ファンデーションです。2色を混ぜて塗るだけで、肌色を一段階明るくし、しみ・くすみをカバーして若々しい印象の肌を演出します。

※1:年齢に応じたお手入れのこと
※2:accessible:手の届きやすい luxe:贅沢
※3:マイカ・酸化チタン
※4:アイテムにより異なります。
ベースメイク:水溶性コラーゲン・ヒアルロン酸・ローヤルゼリーエキス・オリーブオイル
スキンケア:水溶性コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン・グリセリン

=発売の背景=

 これまでの『エルシア』は、30代以上の大人の女性に向け、毎日楽しく安心して使える「Day Fine Cosmetics」をコンセプトに、“高品質・ハイセンス・リーズナブル”を叶えるブランドとして、2001年10月にデビューしました。

 常に大人の女性の美しさを追求し、ファンデーション・アイカラー口紅などのポイントメイクアップでトータルメイクアップができる品揃えと豊富な色揃えで、主婦の方を中心に支持されてきました。

 近年では、人口動態の変化とともに、化粧品分野においてもエイジングケア市場は年々成長を続けており、ベースメイク・ポイントメイク市場においては、50代以降が占める売上構成比が年々上昇しています。さらに、50代のメイク意識は、高品質でありながら、話題の商品や新製品などをリーズナブルに積極的に楽しみたいというものに変化しています。

 この背景をうけ、『エルシア』は、今後、市場が拡大していく50代以上の女性をターゲットにし、機能面を強化するとともに、女性らしさや楽しさといった要素をとりいれた現代のアクティブシニアが求める化粧品にリニューアルします。

 販売場所についても、近隣で安くて良いものを購入する50代以上の購買スタイルに合わせて、狭小商圏での販売を拡大することで、新たな50 代以降の愛用者を増やしていきます。

kose20131224_4.jpg

このニュースに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
株式会社コーセー 広報室 TEL 03-3273-1514(直通)
※お客さまからのお問い合わせは、 0120-763-328 でお受けしています。

アクセスランキング

  1. 1位 6月22日 13時00分
    コーセー、業界初のアクセラレーター...
  2. 2位 6月22日 12時00分
    サロン ド マツモト、心身を健康に...
  3. 3位 6月22日 14時00分
    男性化粧品、2018年の市場規模は...
  4. 4位 6月22日 14時00分
    花王、コラボレーションフェアを開催
  5. 5位 6月22日 10時00分
    資生堂、美容液状マスク「ベネフィー...
  6. 6位 6月22日 11時00分
    DRC、タイ現地で化粧品パッチテス...
  7. 7位 6月22日 12時00分
    アースグループ、入浴剤主力ブランド...
  8. 8位 6月22日 10時00分
    資生堂ウーノ、啓蒙活動への注力で競...
  9. 9位 6月22日 11時00分
    マンダム、テクニック動画により使用を喚起
  10. 10位 6月21日 16時00分
    花王、男性用は身だしなみと育毛を軸...
  1. 1位 6月18日 14時00分
    鈴木ハーブ研究所、近年は男性の新規...
  2. 2位 6月15日 12時00分
    【百貨店化粧品2017年年間伸び率...
  3. 3位 6月7日 19時00分
    効果的に広告を出稿するために! 知...
  4. 4位 5月11日 11時20分
    連休が終わったら調子がイマイチ…!...
  5. 5位 5月24日 18時30分
    唇のケアに注目!肌の五月病後編
  6. 6位 6月18日 12時00分
    アロエガーデン、トータルスキンケア...
  7. 7位 6月18日 10時00分
    バスクリン、「薬用入浴液」に詰替用を発売
  8. 8位 6月18日 16時00分
    MYYUKI、メンズコスメに商機到...
  9. 9位 6月15日 14時00分
    【百貨店化粧品2017年年間売上ベ...
  10. 10位 6月22日 13時00分
    コーセー、業界初のアクセラレーター...
  1. 1位 5月11日 11時20分
    連休が終わったら調子がイマイチ…!...
  2. 2位 4月27日 15時30分
    裸足になる準備はできてる?夏前にす...
  3. 3位 5月24日 18時30分
    唇のケアに注目!肌の五月病後編
  4. 4位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  5. 5位 6月4日 14時00分
    ヤクルト本社、待望の少量ハミガキが...
  6. 6位 4月19日 18時00分
    どこまでOK?広告で謳える化粧品の...
  7. 7位 6月7日 19時00分
    効果的に広告を出稿するために! 知...
  8. 8位 6月15日 12時00分
    【百貨店化粧品2017年年間伸び率...
  9. 9位 6月15日 14時00分
    【百貨店化粧品2017年年間売上ベ...
  10. 10位 6月4日 16時00分
    鈴木ハーブ研究所、売り方改革で成果

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ