花王、大阪市立大との共同研究で特定の嗅覚受容体が抗疲労技術に関わる可能性を示唆

2015年10月20日 13時51分

花王株式会社(社長・澤田道隆)感性科学研究所では、感性視点によるモノづくりのための基盤技術研究の一環として、嗅覚受容体に着目した研究を行なっています。このたび、大阪市立大学大学院医学研究科(特任教授・渡辺恭良、特任助教・山野恵美)との共同研究により、香りによる抗疲労作用機構の一端を明らかにしました。本結果は、抗疲労技術の開発につながる知見になると考えます。

(1)約400種存在するヒトの嗅覚受容体の中から、抗疲労作用を示すことが知られている2種の香りに共通して応答する嗅覚受容体6種を特定することができました。

(2)約170種類の香料の中から、それらの受容体を活性化する作用のある香料の混合物を見出し、その香りが抗疲労作用を示すことを確認しました。

(3)嗅覚受容体を活性化する香りの抗疲労作用をパフォーマンス試験で確認しました。

今回の一連の研究で、特定の嗅覚受容体の活性化に基づく、新しい抗疲労技術の開発の可能性が示唆されました。特定の嗅覚受容体を活性化する香りによる抗疲労作用を科学的に実証した今回の成果を、「快適な生活実現」に貢献するモノづくりに応用していきます。

研究結果1

抗疲労作用を示す2種の香りに共通して応答する、6種の嗅覚受容体を特定

ヒトの嗅覚受容体を発現させた培養細胞の評価系を用いて、約400種のヒト嗅覚受容体のうち、どの受容体が抗疲労作用を示す香りに応答するかを調べました。抗疲労作用を示す香りとしては、これまでに研究報告のあるcis-3-hexenolおよびtrans-2-hexenalの混合物(Hex-Hex Mix, グリーン香)と、グレープフルーツ精油を使用しました。細胞に発現させた嗅覚受容体が活性化すると、細胞内の情報伝達物質が増加します。この情報伝達物質の増加を測定した結果、6種の嗅覚受容体(1A1、2J3、2W1、5K1、5P3、10A6)が2種の香りにより共通して活性化されることを明らかにしました(図1)。これにより、この6種の嗅覚受容体が、抗疲労作用に関係する可能性を示しました。

図1 嗅覚受容体の特定

研究結果2

抗疲労作用を示す香りに共通して応答する受容体を活性化する新しい香りの特定

抗疲労作用を示す香りに共通して応答する6種の嗅覚受容体に対し、それぞれの受容体を活性化する新しい香りの探索を行ないました。約170種類の香料の中から、「メチルイソオイゲノール」「l-カルボン」「メチルβナフチルケトン」「フェニルエチルアセテート」の4種の香料の混合物である、ハチミツを感じさせる甘い花の香り(MCMP)が、6種の受容体を活性化することを見出しました(図2)。

図2 Hex-Hex Mix、グレープフルーツ精油、MCMPに応答する嗅覚受容体の比較

*1 Hex-Hex Mix:cis-3-hexenol + trans-2-hexenal の混合物(グリーン香)
*2 MCMP:Hex-Hex Mixとグレープフルーツ精油の2種の香りに共通の、6種の嗅覚受容体(1A1、2J3、2W1、5K1、5P3、10A6)を活性化させる香り

研究結果3

受容体を活性化する香りの抗疲労作用をパフォーマンス試験で確認

大阪市立大学において、抗疲労作用を示す香りに共通して応答する嗅覚受容体を活性化するMCMPによる抗疲労作用を、パフォーマンス試験で調べました。17名の健常男性を対象に、MCMPの香りあり、なしの条件下でパソコン作業による疲労負荷を40分間行ない、その前後で作業効率の指標である、課題の正答率を評価しました。その結果、香りなしの場合に疲労負荷後に正答率が有意に低下するのに対し、香りありの場合には正答率の低下が認められず、疲労が抑制されたことが示唆されました(図3)。

図3 MCMPの疲労抑制効果


なお、本研究成果は、第11回日本疲労学会総会・学術集会(山口県 2015年5月15日~16日)、および日本味と匂学会第49回大会(岐阜県 2015年9月24日~26日)にて発表しています。

研究背景

自然界に存在する香りは嗅覚受容体を介して認識されます。嗅覚受容体の数は動物種によって異なりますが、鋭い嗅覚をもつとされるマウスで約1000種、ヒトでは約400種類の嗅覚受容体があることがわかっています。一つの香りは少なくとも2個以上の嗅覚受容体によって認識されることが多く、ヒトや動物は、活性化する嗅覚受容体の組み合わせによって、自然界に存在する数十万種類の香りを嗅ぎ分けることができます。

自然界の香りの中には、生理的な作用(覚醒、鎮静作用等)をもたらすものが存在します。感性科学研究所では、嗅覚の本質を追究する研究に注力しており、特に、香りが生理的な作用を示す機構の一つとして、香りを認識する嗅覚受容体が大きく関わっているのではないかと考え、嗅覚受容体に着目した研究を行なっています。

香りの生理作用に関する研究は、グレープフルーツ精油による抗肥満作用やラベンダー精油によるリラックス作用等これまでいくつか知られています。しかしながら、生理作用に関わる可能性のある嗅覚受容体まで特定し、実際にヒトの抗疲労における生理作用との関連を確認した研究は今回が初めてであり、今後製品開発への応用を進めていきます。

  • お問い合わせ

    花王株式会社 広報部

    電話 03-3660-7041~7042

※社外への発表資料を原文のまま掲載しています。

アクセスランキング

  1. 1位 7月25日 14時00分
    quatre 横町氏、ホテルサンプ...
  2. 2位 7月26日 11時00分
    カネボウ、「コフレドール」に生チョ...
  3. 3位 7月26日 10時00分
    アルビオン、「エレガンス」から20...
  4. 4位 7月27日 13時00分
    花王、「キュレル エイジングケアシ...
  5. 5位 7月26日 15時00分
    ドクターフィル、新エイジングケア化...
  6. 6位 7月25日 15時00分
    外池酒造店、ご当地コスメに終わらな...
  7. 7位 7月26日 14時00分
    花王、アタック30周年企画を展開
  8. 8位 7月25日 15時00分
    小林製薬、秋の新製品18品目で初年...
  9. 9位 7月26日 16時00分
    J&J2017年上期決算、増収税前増益
  10. 10位 7月26日 16時00分
    ファブリックケア、市場拡大は続くも...
  1. 1位 7月21日 11時00分
    ポーラ、新ブランド「V」から高級ク...
  2. 2位 7月21日 17時00分
    小林製薬、「バイオイル」の成長戦略...
  3. 3位 7月21日 10時00分
    資生堂、若年層向け新スキンケア「W...
  4. 4位 7月21日 16時00分
    美容専門学校、産学協同の実践型教育...
  5. 5位 7月21日 15時30分
    マツキヨラボ、4号店で初のインショ...
  6. 6位 7月21日 14時00分
    コーセー美容専門学校、オープンキャ...
  7. 7位 7月21日 13時00分
    指定医薬部外品とは
  8. 8位 7月20日 11時00分
    ポーラ、新体操日本代表の世界選手権...
  9. 9位 7月21日 15時40分
    アンファー、節目30周年見据え予防...
  10. 10位 7月21日 15時00分
    ハリウッド美容専門学校、産学連携で...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    優良化粧品OEM/ODM企業一覧2...
  2. 2位 7月3日 12時00分
    ナリス、新「マジェスタ」でエイジン...
  3. 3位 6月29日 11時00分
    カネボウ、「KANEBO」の商品体...
  4. 4位 6月28日 12時00分
    牛乳石鹸、新井浩文を起用したWeb...
  5. 5位 6月29日 10時00分
    カネボウ、「コフレドールグラン」に...
  6. 6位 6月28日 10時00分
    ポーラ、夏の顔には大気汚染物質が約...
  7. 7位 6月29日 14時00分
    訪販協、時代が抱える負の材料を商機...
  8. 8位 6月28日 16時00分
    みずほ証券・佐藤氏に聞く、2017...
  9. 9位 6月29日 13時00分
    石鹸洗剤工業組合、平岩氏の栄誉が懇...
  10. 10位 6月30日 14時00分
    JCC、化粧品産業クラスターとして...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ