2017年度「花王・教員フェローシップ」募集開始

2017年2月23日 11時00分

花王株式会社(社長・澤田道隆)は、2017年3月1日より、第14回(2017年度)「花王・教員フェローシップ」の参加者を募集いたします。

「花王・教員フェローシップ」は、小学校・中学校の教員を対象にしたプログラムで、夏休み期間に1~2週間程度、生物多様性保全に向けた海外の野外調査研究にボランティアとして参加する機会を提供するものです。参加した教員の方々に、自らの体験や感動を、学校や地域での環境教育の現場で活かしてもらうことを目的としています。また、参加者同士のネットワークづくりや科学的な調査技法の習得、異文化交流、多様性の理解など、プログラムを通じて得たさまざまな経験を、児童や生徒、教員同士、地域社会に広く伝えていただくことを期待しています。

「花王・教員フェローシップ」は2004年にスタートし、これまでに世界各地で実施されたのべ70のプロジェクトに138名の教員の方々が参加しました。なお、本プログラムは、認定特定非営利活動法人アースウォッチ・ジャパンと協働で実施しているもので、アースウォッチ・ジャパンがプロジェクトを選定し、花王が支援しています。

花王は、よりよい環境を次の世代に引き継いでいきたいという想いから、「次世代を育む環境づくりと人づくり」をテーマに社会貢献活動に取り組んでいます。今後も社会のサステナビリティに向けて、さまざまなステークホルダーと連携した活動を推進してまいります。

第13回(2016年度)参加者の感想

●さまざまな国と地域から集まって初対面の人と1つのチームを組み活動していくということは、今までの人生の中で最も国際理解の感覚を磨く場となった。(東京都小学校教諭)

●教師自身が経験して感じたことを素直に伝えることで、児童が自ら考えるきっかけを作ることができると確信した。現状に満足せず、常に探求心をもって新しいことに挑戦し、児童に還元したい。(東京都小学校教諭)

●こうした活動により多くの大人が関心を持つことはこれからの時代においてとても大切である。今回の体験や科学者の活動を、より多くの大人にも広めていきたい。(大阪府小学校教諭)

2016年の現地野外調査の様子 (「  」内はプロジェクト名)<br>左:「北極圏周辺の気候変動」 右:「バハマでウミガメを追跡」2016年の現地野外調査の様子 (「  」内はプロジェクト名)
左:「北極圏周辺の気候変動」 右:「バハマでウミガメを追跡」

プログラム概要

【実施プロジェクト一覧】

野外調査プロジェクト名調査地期間
カナダの荒野でオオカミ、山火事、バイソンの調査カナダ2017年8月2日~8月11日
(10日間)
アラスカのラッコと海草米国2017年8月4日~13日
(10日間)
モンタナ州の気候変動がハックルベリーとハイイログマに与える影響米国2017年8月6日~12日
(7日間)
モンゴル大草原の野生生物モンゴル2017年8月6日~19日
(14日間)
アドリア海のイルカ追跡調査スロベニア2017年8月7日~16日
(10日間)

【支援内容】

・野外調査プロジェクトの研究分担金約30万円(調査期間中の食費・宿泊代・移動費等を含む)
・参加にかかる費用の補助10万円(渡航費、装備品費用等 使途自由)

【対象者・募集人数】

小学校、中学校の教員10名(各2名/5プロジェクト)を公募、選考委員会にて決定

【スケジュール】

3月1日~4月10日応募受付期間
5月上旬選考委員会
【選考委員】
<委員長>
・石田 秀輝(東北大学 名誉教授)
<委員>
・今井 通子(登山家)
・浦辺 徹郎(アースウォッチ・ジャパン理事長)
・石渡 明美(花王株式会社 執行役員
コーポレートコミュニケーション部門統括)
8月プロジェクト実施
10月下旬(予定)プロジェクト参加報告会(東京)

※プログラムの詳細は、下記の「花王・教員フェローシップ」2017年度募集要項をご覧ください。


【募集に関するお問い合わせ先】

認定特定非営利活動法人 アースウォッチ・ジャパン
http://www.earthwatch.jp/
Tel: 03-6686-0300
Fax: 03-6686-0477
E-mail: info@earthwatch.jp

  • お問い合わせ 花王株式会社 広報部

    電話 03-3660-7041~7042


※社外への発表資料を原文のまま掲載しています。

関連情報

アクセスランキング

  1. 1位 4月26日 13時00分
    花王、統合レポート2018を公開
  2. 2位 4月25日 14時00分
    プラザスタイルカンパニー、化粧小物...
  3. 3位 4月25日 16時00分
    フィッツコーポレーション、次世代型...
  4. 4位 4月26日 12時00分
    ポーラ、「第5回IRグッドビジュア...
  5. 5位 4月26日 14時00分
    BeautyTech、高橋クロエ氏...
  6. 6位 4月25日 13時00分
    カネボウ化粧品、全国専門店感謝の集...
  7. 7位 4月25日 12時00分
    W and P、アッカカッパ初の直...
  8. 8位 4月23日 12時00分
    メナード、大気汚染物質によるシミ形...
  9. 9位 4月26日 15時00分
    花王、シンガポールで「ソフィーナ」...
  10. 10位 4月23日 10時00分
    健び堂、ヒト幹細胞培養液エキス配合...
  1. 1位 4月20日 12時30分
    小林製薬、あきらめていた肌悩みをコ...
  2. 2位 4月20日 12時00分
    マンダム、におい研究から発見した第...
  3. 3位 4月20日 13時00分
    小林製薬、中国での医薬品販売へ現地...
  4. 4位 4月12日 14時00分
    ポーラ・オルビスグループ、合同入社...
  5. 5位 4月5日 19時30分
    花粉が肌荒れの原因に!?お肌の花粉対策
  6. 6位 4月16日 14時00分
    アンファー、ヘルスケアサプリで新潮流創出
  7. 7位 3月15日 15時00分
    対策はお早めに!後悔しないための春...
  8. 8位 4月13日 18時30分
    新生活スタート!環境変化に負けない...
  9. 9位 4月20日 14時00分
    メーカー各社、強みを活かした新成長...
  10. 10位 4月16日 16時00分
    ホルスグループ、原料と製造業の両輪...
  1. 1位 3月1日 16時30分
    あなたのクリエイティブ、一度、見直...
  2. 2位 3月26日 15時00分
    コーセー、動画で情報を散りばめブラ...
  3. 3位 3月26日 15時30分
    大洋紙業、作業簡便化の梱包資材に引き合い
  4. 4位 3月26日 14時00分
    ディセンシア、ムービー活用しブラン...
  5. 5位 3月20日 16時00分
    日東電化工業、下町小規模店がブランド醸成
  6. 6位 3月26日 12時00分
    エイアンドピープル、化粧品ブランド...
  7. 7位 2月22日 12時00分
    カサカサ、カユカユ…正しい頭皮ケア...
  8. 8位 2月16日 17時00分
    脳卒中に認知症…”脳活”で脳の健康...
  9. 9位 3月15日 15時00分
    対策はお早めに!後悔しないための春...
  10. 10位 3月14日 12時00分
    ダウ・ケミカル日本、カチオン化コン...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ