アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

中国化粧品市場における販売チャネル

【1.中国における注目チャネル「薬房」】

中国では漢方薬を売る伝統的薬局(薬房)が全国に15万件以上あり、中国人民に絶大な信頼を得ている。
※「薬房」というチェーン名称ではなく、中国における販売形態のひとつ。(チェーン化している薬房もある)

現在、薬房を販路とする化粧品メーカーが多く資生堂、カネボウ(佳麗宝)、ロレアル(欧莱雅)、バイヤスドルフ(拜尔斯道夫)などのメーカーの売上は好調に推移している。

薬房にとってはあくまでも「棚貸し」であり、上記メーカー商品の販売は利益率が低いため、新しいビジネスを模索している。

日本市場と同じような「チャネルとメーカーのWin-Winの関係」を構築するため、薬房チェーンにとって、確実に利益確保ができるPB化粧品の開発を提案し、事業支援するという形で中国化粧品市場に参入することもできる。

【2.中国市場における化粧品販売チャネル】

中国市場における化粧品の販売チャネルと特徴は以下のとおり。

デパートの専門コーナー/外資系が主導、競争が激しい、高級品向け。
専門店/一番人気のルートである。外資系チェーンと国内チェーンおよび単品専門店を含む。品種がそろっており、専門的なサービスができる。
専売店/企業の総合実力に対する要求が高い、ブランドイメージの確立に有利。国際ブランドにとって実力が発揮できる。
コンビニエンスストア/利便性が高く、効率がいいが、ブランド品が少ない。
美容院専門店/利益率は高いが、監督管理が難しく、良いものと悪いものが並存し、消費者のクレームが多い。
スーパーマーケット/ブランドが多く、低価格、競争が激しい、「セール」や「コーナー設定」が特徴である。
ドラッグストア/新しいルートである。外資系を中心とし、高級品が多く、専門性が高く、多くは「薬用化粧品」ブランドに使用される。
インターネット+電話販売/新しいルート、発展が速く、ポテンシャルが大きい。実層は新しいものを受け入れやすく、
高い消費力をもつ。

中国化粧品市場における販売チャネル.pdf
サンプルデータはこちら

この記事のお問い合わせはこちら

アクセスランキング

  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 9月25日 10時00分
    クラシエ、「ラメランス」新CMに竹...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 9月28日 10時00分
    コーセー、DECORTE Conc...
  5. 5位 9月28日 15時00分
    ポーラ・オルビス、ANAと化粧品を...
  6. 6位 9月28日 11時00分
    イオンリテール、ネットスーパーの強...
  7. 7位 9月28日 10時30分
    コーセー、「Maison KOSE...
  8. 8位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  9. 9位 9月28日 10時00分
    ファンケル、マイクレの累計販売実績...
  10. 10位 9月28日 12時00分
    メナード、肌の老化はつやの低下から...
  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 7月15日 12時00分
    マンダム、男性向けシワ改善クリームを発売
  4. 4位 9月25日 10時00分
    クラシエ、「ラメランス」新CMに竹...
  5. 5位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  6. 6位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  7. 7位 8月4日 15時30分
    花王、「アタック3X(スリーエック...
  8. 8位 9月24日 15時00分
    コーセー、コスメデコルテの中国売上...
  9. 9位 10月28日 13時00分
    アルビオン、化粧液「フローラドリッ...
  10. 10位 9月23日 11時00分
    ウーノのオールインワンジェル、男性...
  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 9月14日 15時10分
    花王、スキンケア動作習慣が皮膚状態...
  3. 3位 8月4日 15時30分
    花王、「アタック3X(スリーエック...
  4. 4位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  5. 5位 9月11日 14時00分
    資生堂、太陽光強度のブルーライトが...
  6. 6位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  7. 7位 9月17日 16時00分
    ポーラ、70代以上の人の肌は最もう...
  8. 8位 8月31日 15時30分
    ライオン、2023年春に本社を台東...
  9. 9位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  10. 10位 8月5日 18時00分
    PayPay、花王商品の購入で最大...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ