第13回 「女心の次に攻略すべきものがありそうだ」

 2月の3連休にかけて、ファッションブランドのカタログディレクションのため、久し振りに大阪に出張して来ました。

 新大阪からJR快速に乗り換えて、ちょうど対面の4人掛けのシートに座ったところ、いきなり、目の前の60代位の女性がお化粧直しを始めました。それも、プレストパウダーでおさえるといった程度でなく、揺れる車中にも関わらず、マスカラ、リキッドアイライナーと手際良くしっかりアイメークを完成。さすが大阪のオバチャン!

 車中メークの元祖は渋谷ギャルではなく、ここだったか……と大阪に来たことをしみじみ実感しながら、隣の席に目を移してみると、今度は、高校生らしきカップルの男のコの方が、リップクリームを塗り直しては、女のコに冬の乾燥についてアドバイスしているではありませんか。

 「一体、大阪はどうなってるんだろう?」思わず男のコをよく見ると、背負っているバッグパックにはラブリーなハートを抱えたマスコットを2個づけ。さらに、女のコのショッピングバッグの中身を覗いては「カワイイ、カワイイ」の連呼。もう一度良く見たのですが、騒いでいるのは女のコではなく男のコです。

この記事は無料会員限定です。 週刊粧業オンライン 無料会員にご登録いただくと、続きをご覧いただけます。

週刊粧業WEBにログイン/登録する

この記事のお問い合わせはこちら

中村浩子

(株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

「JJ」「VERY」等ファッション誌の編集・企画を手がけ、黒田知永子や三浦りさ子等、その時代を代表するタレントをプロデュースし、トレンドを生み出してきた。 現在まで読者モデルを1万人以上発掘しており、現在は女性消費者を取材し続けてきたノウハウを活かし、ファッション・アクセサリー・ビューティに関わる商品開発やイベントを企画、ブランドプロデュース、コンサルティングまで幅広く行っている。

http://www.venus-project.jp/pro/02.html

一覧に戻る
ホーム > 連載コラム > 第13回 「女心の次に攻略すべきものがありそうだ」

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
pagetop