連載コラム

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

2014.07.24

第1回 アジア開拓の重要キーワード『BOP』

執筆者:浅井潤司 (株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

 今回からは、中国や韓国といった東アジアだけでなく、現在注目を集めている東南アジアや、今後より一層注目を集めると予測される南アジアなど、アジア全体の美容マーケットについて書いていきたいと思います。

 第1回目は、アジア、特に東南アジアと南アジアでビジネスを展開するにあたって重要となるBOPビジネスについて紹介します。

●BOPビジネスとは

 BOPは「Bottom of the Pyramid」もしくは「Base of the Pyramid」の略で、所得別人口構成の「ピラミッドの底辺」を指し、経済ピラミッドの底辺にいる年間所得3000ドル未満で生活している40億人を顧客として捉えた概念です。

 BOP層の40億人の総収入は5兆ドルになり、これは日本の実質国内総生産に匹敵するという巨大なマーケットです。また、経済成長を続けるアジアのBOP層は中間層予備軍、つまり中間所得者層をターゲットにしたミドル市場の前哨戦であることから、欧米系のユニリーバやP&G、さらには資生堂もBOP層へのアプローチを強化しています。化粧品業界におけるBOPビジネスの成功事例として良く知られているのが、ユニリーバの「シャクティプロジェクト」です。

●BOPビジネス成功事例:ユニリーバのシャクティプロジェクト

 ユニリーバは、2000年より、インド市場において、農村部に住む女性に個人事業主となってもらい、ユニリーバの小分けした安価な製品(1袋約2.5円の使いきりパック)を訪問販売してもらうシャクティプロジェクトを展開しています。インド政府にとっては、ユニリーバの製品を農村部の女性を通じて売ることでインドの衛生環境に役立つだけでなく、仕事に就く事が難しい農村部女性の所得向上や社会進出にも結びつきます。これらのことから、この活動はインド政府のバックアップを受けることができました。

 2000年に立ち上げられたシャクティの取り組みは、2013年末までに5万人以上のシャクティ事業者を誕生させ、13万5000の村で330万世帯を対象に販売活動を行うまでに成長しました。これにより、ユニリーバのインド法人は、農村部への直接販売を倍増させることができました。ユニリーバでは、現在、スリランカ、バングラデシュ、フィリピンでもシャクティプロジェクトの取り組みを行うことで、シェア向上を図っています。

この記事は会員限定です。 週刊粧業WEB(無料)にご登録頂くと、続きをご覧いただけます。

週刊粧業WEBにログイン/登録する

この記事のお問い合わせはこちら

プロフィール

執筆者:浅井潤司 (株)矢野経済研究所主席研究員

2000年に矢野経済研究所に入社後、主にビューティー・リラクゼーション業界の市場調査、分析業務を担当。また、調査・分析業務だけでなく、中国市場進出支援、販路開拓支援、新規事業支援、地域振興・産業振興支援などのコンサルティング業務も手がけている。

http://www.yano.co.jp/asean_india/index.php

Img cat9

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

2020.01.07
第23回 ドラッグストアチェーンのアジア戦略
2020.01.07
第22回 ドラッグストアチェーンのインバウンド戦略
2020.01.07
第21回 美容サービス業のインバウンド戦略
2020.01.07
第20回 アジア市場開拓へ向けた製品戦略
2020.01.07
第19回 訪日外国人の化粧品消費動向と化粧品メーカーのインバウンド戦略
2020.01.07
第18回 訪日外国人の消費動向
2020.01.06
第17回 東アジア4カ国・地域の化粧品市場の概況
2020.01.06
第16回 韓国有名ショップブランドの業績
2020.01.06
第15回 受託メーカーのアジア戦略
2020.01.06
第14回 化粧品専門店「セフォラ」の中国戦略
2019.12.03
第13回 日本のエステティック業のアジア戦略
2019.12.03
第12回 日本の理美容業のアジア戦略
2019.11.27
第11回 Unilever GroupのASEAN戦略
2019.11.18
第10回 インドネシアのムスリム向け化粧品の動向
2017.01.27
第9回 韓国化粧品メーカーのアジア戦略②
2016.04.26
第8回 韓国化粧品メーカーのアジア戦略①
2016.02.26
第7回 ASEAN主要5カ国の化粧品トレンド
2015.10.30
第6回 アジア開拓の重要キーワード「中間層」
2015.04.15
第5回 アジア開拓の重要キーワード『伝統的小売業』
2015.03.09
第4回 中国化粧品市場の概況
2014.12.19
第3回 ASEAN主要5カ国化粧品市場の概況
2014.10.10
第2回 アジア開拓の重要キーワード「ハラール」
2014.07.24
第1回 アジア開拓の重要キーワード『BOP』

カテゴリー

流通記者50年「経営トップとの交流の中で」

執筆者:加藤英夫

週刊粧業 顧問(週刊粧業 流通ジャーナル 前会長)

Img cat25

化粧品通販ビジネス実践講座

執筆者:船生千紗子

(株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

Img cat14

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

矢野経済研究所 中国美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

化粧品トレンドを読み解くキーワード

執筆者:松本 竜馬

TPCマーケティングリサーチ(株)マーケティングマネージャー

Img cat21

化粧品のリテラシー

執筆者:島田邦男

琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

激変するコスメマーケット

執筆者:鯉渕登志子

(株)フォー・レディー代表取締役

Img cat2

『女心』攻略データベース

執筆者:中村浩子

(株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

Img cat

今日から試せる! PR&販促講座

執筆者:松下令子

美容専門PR・販促支援会社 (株)DSプロモーション 代表取締役

Matsushita face

化粧品コンサルタントが教えます 最新・ヒットの法則

執筆者:廣瀬知砂子

株式会社ビューティブレーン 代表

Hirose face

アジア美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

中国美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室

執筆者:髙橋 伸也

フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

Img cat20

榎戸淳一のエステサロン経営 地域一番店への道

執筆者:榎戸淳一

株式会社ES-ROOTS代表取締役社長、一般社団法人エステティックグランプリ元理事長

Img cat3 1

中国クチコミ分析で探る「美」のツボ

執筆者:森下 智史

株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

アットコスメクチコミトレンド

執筆者:山田メユミ

株式会社アイスタイル 取締役 CQO / コーポレート領域管掌

Img cat1

新日本有限責任監査法人 公認会計士から見た化粧品・トイレタリー業界

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

新日本有限責任監査法人 不正事例に学べ!

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

創業原点を未来へ託す

執筆者:川原慎也

(株)船井総合研究所 東京経営支援本部 部長 グループマネージャー

Img cat8

Eコマースに見る中国化粧品マーケットの今

執筆者:斉晶岩(サイ ショウガン)

LAFASO JAPAN 代表取締役社長

Img cat13

韓国ビューティーマーケット最前線

執筆者:吉田武史

吉田法務事務所代表、日本薬事法務学会理事長

Img cat4

消費動向から斬り込むマーケティング戦略

執筆者:大神賢一郎

産業能率大学総合研究所主席研究員

Img cat6

消費者視点の「買われ方・選ばれ方」

執筆者:野澤 太郎

(株)ネオマーケティング ビューティ&ライフチーム マネージャー

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

アクセスランキング

  1. 1位 5月20日 17時35分
    サラヤ、手指消毒用アルコールジェル...
  2. 2位 5月14日 14時45分
    「接触冷感」「吸水速乾」「UVカッ...
  3. 3位 4月29日 11時15分
    アイリスオーヤマ、国産マスクの生産...
  4. 4位 5月27日 11時40分
    資生堂、圧力が肌の再生能力を覚醒す...
  5. 5位 5月25日 16時30分
    マスク通販の最低価格が17円/枚に...
  6. 6位 5月21日 20時00分
    在庫速報.com、「日本製」「夏用...
  7. 7位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  8. 8位 5月26日 19時30分
    ロクシタン、ヴァーベナからアルコー...
  9. 9位 5月29日 13時15分
    資生堂、医療従事者へスキンケア化粧...
  10. 10位 5月29日 17時50分
    資生堂、6月1日から出社人数を50%削減
  1. 1位 5月27日 11時40分
    資生堂、圧力が肌の再生能力を覚醒す...
  2. 2位 5月21日 20時00分
    在庫速報.com、「日本製」「夏用...
  3. 3位 5月20日 17時35分
    サラヤ、手指消毒用アルコールジェル...
  4. 4位 5月25日 09時55分
    ファンデーションの色移りが気になり...
  5. 5位 5月14日 14時45分
    「接触冷感」「吸水速乾」「UVカッ...
  6. 6位 4月29日 11時15分
    アイリスオーヤマ、国産マスクの生産...
  7. 7位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  8. 8位 5月26日 19時30分
    ロクシタン、ヴァーベナからアルコー...
  9. 9位 5月25日 16時30分
    マスク通販の最低価格が17円/枚に...
  10. 10位 5月22日 13時30分
    花王 2020年第1四半期決算、実...
  1. 1位 5月20日 17時35分
    サラヤ、手指消毒用アルコールジェル...
  2. 2位 4月29日 11時15分
    アイリスオーヤマ、国産マスクの生産...
  3. 3位 5月21日 20時00分
    在庫速報.com、「日本製」「夏用...
  4. 4位 5月27日 11時40分
    資生堂、圧力が肌の再生能力を覚醒す...
  5. 5位 5月14日 14時45分
    「接触冷感」「吸水速乾」「UVカッ...
  6. 6位 5月14日 14時00分
    ファンケルのマスク、販売初日に約5...
  7. 7位 5月20日 11時00分
    花王、機能性向上と新ケア提案で消臭...
  8. 8位 4月29日 10時45分
    大王製紙、不織布マスクの国内生産を開始
  9. 9位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  10. 10位 5月19日 16時30分
    shoichi、新品余剰ブランド衣...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ