連載コラム

中国クチコミ分析で探る「美」のツボ

2019.11.27

第8回 現代中国女性のメイク、ポイントは「目ヂカラ」にあり

執筆者:森下 智史 株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

【週刊粧業2019年11月18日8面にて掲載】

 文化的にも民族的にも近い間柄にあるという中国と日本。しかしそのメーク手法や好みには大きな差が存在している。今回は、中国女性がこだわるメークポイントを見てみよう。

 Web媒体「中国トレンドExpress」が行った中国女性のメイクアップに関するクチコミ調査において、「メイク×テクニック」というワードで調査をしてみたところ、具体的なメイク手法では「アイメイク」というキーワードが上位に上がった。

 クチコミビッグデータを集積しているトレンドViewerでは、伊勢半の「ヒロインメイク スムースリキッドアイライナー スーパーキープ」が「買いたい」日本商品部門で長年人気商品となっている。

 また、エキップの「SUQQU アイシャドウ」も2019年に入りクチコミ件数を積み重ね、ランキングを上げている。

「SUQQU アイシャドウ」クチコミ件数の推移
(出所:中国トレンドExpress「トレンドViewer」の数値を基にグラフ化)

 つまり中国の女性は、「アイメイク」に対してのコダワリが強いのである。

 中国で若い女性に人気のSNS「小紅書(RED)」で発信されている情報を調べるため、「メイク×目」というワードで検索をかけると、実に6万件以上もの書き込みが確認できる。

 その投稿の中で紹介されている「アイメイク」は、日本でもあるような「目を大きく見せる」といったものもあるが、多くは日本では見られない、目元を「華やか」に飾るものである。

 アイライナーをはっきり、くっきりと引き、アイシャドウも日本のような淡い色合いではなく、色が明確に見えるカラーを使った投稿が多い。

 すなわち、目の周りをどのように美しく彩るかが重要で、人気となるのは色の明確さを際立たせることのできる商品なのである。

 もともと中国、特に流行に敏感な北京や上海の若者向けのメークアップブランドでは、DiorやGucci、CHANELといった欧米ブランドが主流となっている。

 実際、そうしたブランドのプロモーションイメージも欧米女性を起用することが多く、こうした欧米風の目鼻立ちをはっきりさせたメークが憧れの対象となっていた。

 また日本よりも早い段階でブームとなった韓流も、同様に鮮やかな色を使った印象が強い。

 その中でも「目」に関して、伝統的には、杏の形をした目や丸く大きな目が美しいとされてきたが、現代社会で憧れとなるのは、切れ長の、まさに力を持った目である。日本でもおなじみとなった「ファン・ビンビン」のような目をイメージすればわかりやすい。

 そうしたアイメークが近年のKOLにも踏襲され、まさに「目ヂカラ」を有したアイメークが人気となっていっているのである。

 その背景については色々なことが語られているが、明確に「これだ」というものはない。

 ただ、中国の女性がアイメークを通じて発信したいイメージが、活力、芯の強さ、自信といった非常にポジティブな想いであることは確かだろう。

 伝統的な価値観でいえば、女性は「養われる」立場にあったが、現代社会では女性の社会進出、活躍は目覚ましく、中には「家を養う」立場の女性も少なくない。

 かつて毛沢東は「婦女能頂半辺天(女性は天下の半分を支えられるのだ)」との名言を発した。当時は意識改革を促す言葉であったが、今ではそれが現実になっている。

 そんな現代女性の活力を色濃く表しているのが、現代の中国アイメークなのである。

この記事のお問い合わせはこちら

プロフィール

執筆者:森下 智史 株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

高校卒業後、約10か月間日本で中国語を学ぶ。1998年2月~上海で学部および大学院(中国古代史)で学ぶ。 2005年に卒業後、上海で在留邦人向け情報誌の編集・ライターとして業務。 2012年に日系市場調査会社上海現地法人でマーケティングリサーチ(産業調査)業務に携わる。 2015年5月、17年間の中国生活に区切りをつけ、帰国。東京で日中間のビジネスコンサルティング業務を経て2018年1月にトレンドExpress入社。現在に至る。

https://www.trendexpress.jp/

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

カテゴリー

化粧品通販ビジネス実践講座

執筆者:船生千紗子

(株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

Img cat14

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

矢野経済研究所 中国美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

化粧品トレンドを読み解くキーワード

執筆者:松本 竜馬

TPCマーケティングリサーチ(株)マーケティングマネージャー

Img cat21

化粧品のリテラシー

執筆者:島田邦男

琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

激変するコスメマーケット

執筆者:鯉渕登志子

(株)フォー・レディー代表取締役

Img cat2

『女心』攻略データベース

執筆者:中村浩子

(株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

Img cat

今日から試せる! PR&販促講座

執筆者:松下令子

美容専門PR・販促支援会社 (株)DSプロモーション 代表取締役

Matsushita face

化粧品コンサルタントが教えます 最新・ヒットの法則

執筆者:廣瀬知砂子

株式会社ビューティブレーン 代表

Hirose face

アジア美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

中国美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室

執筆者:髙橋 伸也

フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

Img cat20

榎戸淳一のエステサロン経営 地域一番店への道

執筆者:榎戸淳一

株式会社ES-ROOTS代表取締役社長、一般社団法人エステティックグランプリ元理事長

Img cat3 1

中国クチコミ分析で探る「美」のツボ

執筆者:森下 智史

株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

アットコスメクチコミトレンド

執筆者:山田メユミ

株式会社アイスタイル 取締役 CQO / コーポレート領域管掌

Img cat1

新日本有限責任監査法人 公認会計士から見た化粧品・トイレタリー業界

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

新日本有限責任監査法人 不正事例に学べ!

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

創業原点を未来へ託す

執筆者:川原慎也

(株)船井総合研究所 東京経営支援本部 部長 グループマネージャー

Img cat8

Eコマースに見る中国化粧品マーケットの今

執筆者:斉晶岩(サイ ショウガン)

LAFASO JAPAN 代表取締役社長

Img cat13

韓国ビューティーマーケット最前線

執筆者:吉田武史

吉田法務事務所代表、日本薬事法務学会理事長

Img cat4

消費動向から斬り込むマーケティング戦略

執筆者:大神賢一郎

産業能率大学総合研究所主席研究員

Img cat6

消費者視点の「買われ方・選ばれ方」

執筆者:野澤 太郎

(株)ネオマーケティング ビューティ&ライフチーム マネージャー

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

アクセスランキング

  1. 1位 2月21日 11時30分
    ライオン、2020年ライオン会総会を開催
  2. 2位 2月21日 12時30分
    エスティローダー上期決算、増収営業減益
  3. 3位 2月20日 12時30分
    コーセー、化粧品成分のサンゴへの影...
  4. 4位 2月21日 10時30分
    コーセー、2020年第3四半期決算...
  5. 5位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  6. 6位 2月20日 09時30分
    シバハシケミファ、本社移転(202...
  7. 7位 2月21日 15時00分
    第6回インターフェックス Week...
  8. 8位 2月21日 09時30分
    マンダム、2020年3月期第3四半...
  9. 9位 2月20日 10時30分
    ポーラ化成、体操の習慣化で肌がきれ...
  10. 10位 2月19日 12時30分
    カネボウ、「N-ルージュ」ポップア...
  1. 1位 2月17日 16時00分
    ナリス化粧品、大阪市女性活躍リーデ...
  2. 2位 2月17日 14時00分
    富士経済、機能性化粧品の国内市場調...
  3. 3位 2月17日 15時00分
    エテュセ、新たなコンセプトのもと中...
  4. 4位 2月14日 16時00分
    敏感肌コスメ市場、17年連続増で2...
  5. 5位 2月18日 12時00分
    ポーラ、及川美紀社長が所信を表明
  6. 6位 2月20日 12時30分
    コーセー、化粧品成分のサンゴへの影...
  7. 7位 2月18日 10時30分
    昭栄薬品、「トリポーラス」を配合し...
  8. 8位 2月18日 15時30分
    資生堂2019年12月期、売上高・...
  9. 9位 2月17日 14時30分
    日本ドラッグチェーン会、マツモトキ...
  10. 10位 2月19日 10時30分
    持田製薬、懇親会でヘルスケア事業の...
  1. 1位 1月28日 11時00分
    コーセー、「雪肌精」のグローバル化を加速
  2. 2位 1月23日 10時30分
    アルビオン、「イグニス」を一新 個...
  3. 3位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  4. 4位 1月20日 12時30分
    オルビス、国内空港免税店へ初出店
  5. 5位 1月17日 12時30分
    三葵コーポレーション、ユニークな海...
  6. 6位 1月21日 10時30分
    コーセー、「コスメデコルテ」から多...
  7. 7位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 2月4日 09時30分
    花王グループ、「バイオミメシス ヴ...
  10. 10位 1月28日 14時00分
    中国ECモール化粧品売上高トップ3...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ