連載コラム

化粧品通販ビジネス実践講座

2020.06.04

第75回 梱包も接客の一部

執筆者:船生千紗子 (株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

Img cat14

【週刊粧業2020年2月3日号4面にて掲載】

 EC・通販における梱包はお店で言う、来店時の接客と同じことです。そのため、梱包が丁寧であるか否かはその企業のお客様に対する姿勢やブランドとしての価値観を表現していると言っても過言ではありません。また、その行為一つが他社との差別化にも繋がっていくため、接客という観点から梱包を捉えることが大切です。

 A社は、『買って良かった』とお客様に思ってもらいたいという想いを根底に、梱包を行います。大切な商品を一つ一つ丁寧にプチプチで包み、お客様一人一人に手書きのメッセージカードを添えています。

 このような取り組みを通じて、彼女たちの想いがお客様に伝わっているようで、『丁寧に梱包されていて、商品への愛情が感じられ、自分も大切にされているという印象を受けた』というようなお声をいただくほどです。

 B社は、お客様に商品を送る際に、未購入商品のサンプルパウチを同梱します。その際には、可愛らしい花柄のPP袋にリボンをし、簡単なメッセージを添えます。お客様に『もし、よろしければどうぞ使ってみて下さい』という想いを表現しています。

 もちろん、使ってもらうことで、クロスセルに繋げたいという目的をもっていますが、いかにしてお客様に気持ちよくその商品を使っていただけるかまでを考え、手間暇を惜しみません。

 また、ある企業では、箱を閉じるテープの角を折り曲げ、お客様が剥がしやすいような工夫をしています。一見するとちょっとしたことですが、お客様の存在をしっかりと捉え、その企業のまごころが伝わってきます。

 よく、打合せ時に同梱物が多いと読まないのではないか、コストをかける意味があるのかという意見が飛び交うことがあります。確かに、不要に多い同梱物や、お客様の知りたいことではなく、自分たちが言いたいことだけを集めた同梱物では読んでもらうことは難しいかもしれません。

 一方、全く何も同梱されていなければ、その企業のお客様として認識をされていないのか? 軽んじられているのではないか? とさえ感じさせてしまいます。

 お客様が知りたいことは何かをベースに伝えるべき内容を明確にし読みたいと思ってもらえる工夫も必要です。

 ある企業は、箱を開くと、とても可愛らしい緩衝材で商品を保護しさらに可愛らしいリーフレットが同梱されており、お客様をワクワクした気持ちへと導き、ついつい手に取って読みたくなるよう工夫をしています。

 EC・通販企業にとって梱包も接客の一部です。お客様に対する姿勢が表現された梱包になっているか、今一度振り返ってみてはいかがでしょうか?

この記事のお問い合わせはこちら

プロフィール

執筆者:船生千紗子 (株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

通販に特化した広告代理店を経て、株式会社通販総研に入社。現在、化粧品通販新規参入支援、化粧品通販企業向けに新規顧客獲得、リピート顧客育成による売上アップ支援を行っています。クライアントの強みを伸ばし、着実な成長を促すことをモットーにしています。

https://www.tsuhan-soken.com/

Img cat14

化粧品通販ビジネス実践講座

2021.10.25
第93回 お客様視点で考えていますか?
2021.08.31
第92回 さまざまなタイミングでのクロスセル提案
2021.07.20
第91回 同梱物毎に目的を持たせているか?
2021.06.23
第90回 同送同梱広告の活用
2021.05.25
第89回 押し売りなのか?提案なのか?
2021.04.19
第88回 社内の取り組みを紹介し、お客様への想いを伝える
2021.03.17
第87回 正しい使い方を伝える工夫が大切
2021.02.09
第86回 ファンづくりは、理念づくりから
2021.01.19
第85回 コンセプトシートを作ってから、ツール制作に取り掛かろう
2020.12.16
第84回 コールセンターにおける定期案内のポイント
2020.10.27
第83回 インスタライブを使った商品提案
2020.09.15
第82回 安易なコスト削減は要注意
2020.08.18
第81回 主体性の有無が成果の分かれ道
2020.07.20
第80回 広告クリエイティブが2回目購入率に影響を与える
2020.06.17
第79回 『あり方』と『やり方』
2020.06.04
第78回 社員の意見を引き出す場づくり
2020.06.04
第77回 パートナー企業の選び方
2020.06.04
第76回 社内で広告コンテストを実施する
2020.06.04
第75回 梱包も接客の一部
2020.06.04
第74回 広告クリエイティブをつくる上での基本ステップ
2019.11.25
第73回 会報誌を作る上で重要なこと
2019.11.25
第72回 自社の強みを伸ばす!
2019.11.25
第71回 体験の場づくりに取り組もう!
2019.11.25
第70回 数値意識の徹底
2019.11.25
第69回 モニタリングの重要性
2019.11.25
第68回 休眠顧客リストの活用事例
2019.11.25
第67回 広告クリエイティブは、自社でつくろう!
2019.11.25
第66回 顧客を定期コースから離脱させない方法
2019.11.25
第65回 LTV向上のためにできること
2019.11.25
第64回 愛着を持って商品説明をしよう!
2019.11.25
第63回 リピート移行を数字で把握する
2019.11.25
第62回 ABテストの重要性
2019.11.25
第61回 リピート施策は改善と継続が大切!
2019.11.25
第60回 目的を明確にすることが大切
2019.11.25
第59回 ステップメールの重要性
2019.11.25
第58回 根本原因の追及が大切
2019.11.25
第57回 オリエンの重要性
2019.11.25
第56回 社内コミュニケーションを大切にしよう!
2019.11.25
第55回 価値観の共有の仕方
2019.11.25
第54回 『小さくはじめる』ことが大切
2019.11.25
第53回 モニタリングの重要性
2019.11.25
第52回 顧客の購入ポイントを探る
2019.11.25
第51回 絞り込みの重要性
2019.11.25
第50回 地道な取り組みが、新規獲得につながる!
2019.11.25
第49回 安易な真似はしない!
2019.11.25
第48回 お客様と触れ合う場づくりが売上アップのカギ!
2019.11.25
第47回 社員の成長を促す取り組み
2019.11.25
第46回 仮説を立ててから情報を集める
2019.11.25
第45回 DM(ダイレクトメール)の活用
2019.11.25
第44回 定期コース継続率アップのために必要なこと
2019.11.25
第43回 『見える化』の重要性
2019.11.25
第42回 商品教育の徹底
2019.11.25
第41回 『しないこと』を決める
2019.11.25
第40回 時系列で数字を見る
2019.11.25
第39回 ジョブローテーションの重要性
2019.11.25
第38回 賑やかしさの大切さ
2019.11.25
第37回 クロスセル
2019.11.25
第36回 実行スピードが事業を左右する!
2019.11.25
第35回 お客様に送るツールは自社で考え、自社で作ろう!
2019.11.25
第34回 お客様に直接会おう!
2019.11.25
第33回 意識改革よりも、まず行動を!
2019.11.25
第32回 アンケートを活用してお客様を知ろう!
2019.11.25
第31回 友人紹介サービスの活用
2019.11.25
第30回 お誕生日の活用
2019.11.25
第29回 化粧品の使い方がリピートを左右する
2019.11.25
第28回 商品が持つストーリーを伝えよう!
2019.11.25
第27回 必ずシミュレーションをしよう!
2019.11.25
第26回 集客商品と収益商品
2019.11.25
第25回 パートナー企業との上手な付き合い方
2019.11.25
第24回 リピート客育成ツール『会報誌』
2019.11.25
第23回 仮説と検証の積み重ねが大切
2019.11.25
第22回 代金決済も重要なサービス
2019.11.25
第21回 お客様への気持ちを表現しよう!
2019.11.25
第20回 実店舗による通販ビジネス活用法
2019.11.25
第19回 絆作りの勉強会
2017.01.27
第18回 『女子会』の活用
2016.04.26
第17回 ネット経由のお客様にも、紙でのフォローを!
2016.02.03
第16回 1番商品を育てよう!
2015.10.30
第15回 通販成功のための3要素
2015.07.30
第14回 通販広告作成のポイント
2015.04.09
第13回 お客様の声の有効活用
2015.03.04
第12回 同業他社との積極的な交流を!
2014.12.01
第11回 事業を支える現場力が鍵
2014.10.06
第10回 売上げを構成する3要素
2014.07.09
第9回 休眠顧客の掘り起こし
2014.04.25
第8回 初回同梱物の重要性
2014.03.06
第7回 定期コースへの誘導が、売上アップの鍵
2014.01.22
第6回 通販立ち上げ時の落とし穴
2013.12.10
第5回 広告指標の重要性
2013.10.09
第4回 テストマーケティングの重要性
2013.09.03
第3回 顧客フォローの仕組み化で売上アップ
2013.07.18
第2回 初回購入顧客への対応で売上アップ
2013.06.14
第1回 通販事業における顧客対応の重要性

カテゴリー

流通記者50年「経営トップとの交流の中で」

執筆者:加藤英夫

週刊粧業 顧問(週刊粧業 流通ジャーナル 前会長)

Img cat27

化粧品通販ビジネス実践講座

執筆者:船生千紗子

(株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

Img cat14

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

矢野経済研究所 中国美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

化粧品トレンドを読み解くキーワード

執筆者:松本 竜馬

TPCマーケティングリサーチ(株)マーケティングマネージャー

Img cat21

化粧品のリテラシー

執筆者:島田邦男

琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

激変するコスメマーケット

執筆者:鯉渕登志子

(株)フォー・レディー代表取締役

Img cat2

『女心』攻略データベース

執筆者:中村浩子

(株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

Img cat

今日から試せる! PR&販促講座

執筆者:松下令子

美容専門PR・販促支援会社 (株)DSプロモーション 代表取締役

Matsushita face

化粧品コンサルタントが教えます 最新・ヒットの法則

執筆者:廣瀬知砂子

女性潮流研究所 所長 / 商品企画コンサルタント

Hirose face

アジア美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

中国美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室

執筆者:髙橋 伸也

フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

Img cat20

榎戸淳一のエステサロン経営 地域一番店への道

執筆者:榎戸淳一

株式会社ES-ROOTS代表取締役社長、一般社団法人エステティックグランプリ元理事長

Img cat3 1

中国クチコミ分析で探る「美」のツボ

執筆者:森下 智史

株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

アットコスメクチコミトレンド

執筆者:山田メユミ

株式会社アイスタイル 取締役 CQO / コーポレート領域管掌

Img cat1

新日本有限責任監査法人 公認会計士から見た化粧品・トイレタリー業界

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

新日本有限責任監査法人 不正事例に学べ!

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

創業原点を未来へ託す

執筆者:川原慎也

(株)船井総合研究所 東京経営支援本部 部長 グループマネージャー

Img cat8

Eコマースに見る中国化粧品マーケットの今

執筆者:斉晶岩(サイ ショウガン)

LAFASO JAPAN 代表取締役社長

Img cat13

韓国ビューティーマーケット最前線

執筆者:吉田武史

吉田法務事務所代表、日本薬事法務学会理事長

Img cat4

消費動向から斬り込むマーケティング戦略

執筆者:大神賢一郎

産業能率大学総合研究所主席研究員

Img cat6

消費者視点の「買われ方・選ばれ方」

執筆者:野澤 太郎

(株)ネオマーケティング ビューティ&ライフチーム マネージャー

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

SNSで売上拡大 コスメ業界の新販促手法

執筆者:岡崎佑紀

(株)ホットリンク ソーシャルメディア事業本部 コンサルティング部

Img cat26

アクセスランキング

  1. 1位 12月7日 10時00分
    資生堂、人事異動(2022年1月1日付)
  2. 2位 12月7日 12時00分
    資生堂、クレ・ド・ポー ボーテ22...
  3. 3位 12月7日 11時00分
    資生堂、組織の一部改正(2022年...
  4. 4位 12月6日 13時00分
    資生堂、光老化により肌がくすみやす...
  5. 5位 12月7日 14時00分
    高級アルコール工業、SDGs関連の...
  6. 6位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  7. 7位 12月7日 11時00分
    JTS、豊富なラインナップで水の代...
  8. 8位 12月7日 10時00分
    シバハシケミファ、欧州発エコフレン...
  9. 9位 12月6日 14時00分
    資生堂、肌由来オキシトシンが表皮再...
  10. 10位 12月7日 11時00分
    味の素ヘルシーサプライ、マイクロプ...
  1. 1位 11月15日 12時00分
    PALTAC、急速な環境変化に対応...
  2. 2位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  3. 3位 6月19日 18時00分
    ロート製薬、幹細胞のエクソソーム分...
  4. 4位 12月1日 10時00分
    花王、2022年度グループ基本方針を説明
  5. 5位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  6. 6位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  7. 7位 12月3日 10時00分
    アルビオン、組織変更・人事異動(2...
  8. 8位 11月30日 13時00分
    資生堂、大人の女性の背中を押すプロ...
  9. 9位 12月3日 14時00分
    アルビオン、感性と効能を両立した化...
  10. 10位 12月2日 10時00分
    コーセー、初のアスリート社員が強化...
  1. 1位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  2. 2位 11月10日 10時00分
    アルビオン、店頭容器回収システムの...
  3. 3位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  4. 4位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  5. 5位 11月15日 12時00分
    PALTAC、急速な環境変化に対応...
  6. 6位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  7. 7位 11月5日 14時00分
    アルビオン、とろけるような肌感触の...
  8. 8位 11月11日 10時00分
    資生堂グループ、人事異動(2021...
  9. 9位 9月21日 18時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品原料メー...
  10. 10位 10月28日 10時00分
    アルビオン、研究・生産体制の強化で...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

ページの先頭へ