連載コラム

化粧品のリテラシー

2020.06.09

第35回 SUNではなく燦燦

執筆者:島田邦男 琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

【C&T2018年7月号6面にて掲載】

はじめに
 
 日やけの季節真っ只中のこの時期、「色黒男子」VS「色白男子」、果たして女性はどちらの男性が好きなタイプなのだろうか?1)

「色白男子」……55.7%
「色黒男子」……44.3%

 拮抗する結果だが、「色白」を支持する女性が若干多いようだ。とはいえ両者ともに支持する女性がいる。では、その回答を選んだそれぞれの理由はというと、「男らしくて頼りがいがある」「白馬に乗った王子様」となる。心を動かす女性にとっては、それぞれにはっきりと違う魅力を感じるからかもしれない。もう日傘男子を気持ち悪いとは思わない。

 反対に「色黒女子」VS「色白女子」で、男性に好きなタイプの女性を聞いたところ

「色白女子」……95.7%
「色黒女子」……4.3%

 圧倒的多数で「色白」と回答した男性が多い結果となり2)、大差で色黒女子が負けた。その理由は「白く透き通るような肌が好き」「清潔感があって魅力的だから」「純粋な感じでいい」などなど。本当に純粋かどうかについては……色白肌の女性はそれだけでモテるようだ。根強い美白ブームも頷ける。

 太陽の光が明るく輝くさまを燦燦という。キラキラ輝く太陽の下で「輝きたい」と全ての女性が美しくあることを望んでいる。そこで今回は、日やけから肌を守り輝く太陽を愛する「色白女子」のために、燦燦と照りつける太陽(SUN)光の紫外線について述べてみる。

紫外線の日やけとビタミンD

 ドイツの物理学者ヨハン・ヴィルヘルム・リッター(Johann Wilhelm Ritter)は1801年、光に反応する塩化銀を塗った紙を使用して、紫の外側の光を発見した。当時は化学光と呼び、紫外線(Ultraviolet rays、以下UV)の発見者となった。太陽光の中で、可視光より短い波長で目に見えない紫外線は、その長さによって3つに分けられる(図1)


図1 地上に届く太陽の光

 長い波長順にUV-A、UV-B、UV-Cで、このうちUV-Cは上空のオゾン層や空気中の酸素に阻まれて届かない。UV-Bもオゾン層に一部が遮られて地表に届き、UV-Aはその多くが地表に届く。5月でも紫外線量は夏と変わらないので、暑くなくても日やけしてしまう。

 日やけには2つある(図2)。日やけをするとまず始めに「サンバーン」という、肌が赤くなる日やけ(紅斑〈こうはん〉)が起こる。これは紫外線を受けて(暴露)から8~24時間後にピークを迎え、2~3日後に消えるが、紫外線を受けたことで体が反応し、皮膚にメラニンという色素の沈着を起こす。

図2 日やけの種類


 これを「サンタン」という。サンタンは紫外線を受けてから数日後に現れて、数週間~数カ月後まで続く。薄い雲ではUV-Bの80%以上が透過し、標高が1000m以上上昇するごとにUV-Bは10~12%増加するとされる。

 紫外線はたんぱく質を変性させるため、皮膚に照射されるとコラーゲン繊維および弾性繊維にダメージを与えて皮膚を老化させる。日やけやシワ、シミなどの原因となるばかりではなく、免疫機能が低下する。長い間浴び続けていると、時には悪性の腫瘍や白内障などを引き起こすこともある。

 だが、紫外線を浴びることが全て悪いわけではない。ビタミンDは、腸からのカルシウム吸収を2~5倍程度増加させる。そのため、ビタミンDが欠乏すると、成人では骨軟化を起こしやすくなる。体内でビタミンDが紫外線によってつくられるのである。

 1日に必要なビタミンDを産生する日光浴の量は皮膚の25%(顔と両腕に相当)を露出して、8月1日の昼頃、少しの雲がある晴れた日に3分間外出する時間に相当する。普段の生活をしていれば、夏は1日に約5分、春は10分日光に浴びれば必要量は確保できる。

 アレルギーなどで食事制限をしている赤ちゃんは、そのカルシウムを体に取り込むために「母子健康手帳」には「外気浴をしていますか(天気のよい日に薄着で散歩するなどしてあげましょう)」と記載されているくらい必要でもある。

紫外線対策

 外出時間帯の紫外線は太陽の高度が高い正午前後が最も強い。午前9時~午後3時の時間帯を避けることもひとつの方法である。ヒトの一生に浴びる紫外線量はその時間帯の線量に比例するともいわれている。気象庁では翌日にかけての晴天時紫外線量の予測を公開している(図3)

図3 気象庁の紫外線量予測

 衣服・傘・帽子・サングラス:袖が長く襟が付いた衣服など体を覆う部分が多い方がよく、紫外線量を減らすには織り目や編み目の細かい生地の方が皮膚への紫外線量を減らす。雨傘に紫外線を防ぐ「UV加工」を施した傘は、日傘として使用できる。帽子は目に入る紫外線を20%程度抑えるつばの広いものがいい。

 適切なサングラスや紫外線カットの眼鏡は、目に入る紫外線量の約90%を遮断できる。光は上下側面から目に入り、こめかみは皮膚がんの発生しやすい部位なので、大きめのサングラスの方が効果は大きい。

 日陰は日なたに比べて紫外線量が約50%になるという。行き先まで日陰を選択して通る日よけルートを検索するスマートフォンアプリ(東京23区限定)もある(図4)

図4 日よけルートを検索するスマートフォンアプリ 東京23区限定

 UB-Bを防ぐ「SPF」とUV-Aを防ぐ「PA」の目安数値は、日常生活はSPF10~20・PA+~++、屋外でのレジャーはSPF20~30・PA++~+++、炎天下のマリンスポーツはSPF40以上 PA+++~++++になる。

おわりに

 青い海と青い空のイメージと言えば沖縄だろう。気象庁は全天を覆う雲の量が目で見て1割以下の場合を「快晴」としている。多数の島からなる沖縄県は海からの湿った空気の影響を受けやすいため、雲一つない青空にはなりにくく、快晴日数は年間8.9日で都道府県別で最下位だ。つまり沖縄の空は雲が多い。一方、快晴が最も多いのは埼玉県の58.6日だ。

 私の会社は琉球大学の中にある。この大学では、学校が有する研究シーズ等の知的資産などを活用した提案の中から「琉球大学」を冠するブランド開発支援をする公募事業が毎年ある。その目的は大学発商品の上市による地域活性化である。昨年は照屋俊明教授の特許であるシークヮーサー果皮の美白成分ノビレチンを配合した化粧品が、7件の公募の中から選ばれた。

 私は処方以外の全てを、学生に『自分たちが欲しい』という視点で、商品開発を委ねてみた。彼らは、日やけを防ぐ透明ボトル入りの化粧水(400ml)を売価1900円で提案し、商品名を『Sun Lover®(サンラバー)』と決めた(図5)

図5 琉球大学サンラバー 化粧水

『太陽に愛される肌へ』をコンセプトにした、日やけさせる化粧品と思わせるネーミングだが、ともかく学生たちは、沖縄の海に映える『インスタ映え』のパッケージにしたかったようである。卒業すれば就職した組織の中で、自分の意見が通ることが少ないかもしれない若い世代に力を発揮してもらい、商品を開発した。私にとってもいい経験ができたと思う。

 参考文献
 1) https://woman.mynavi.jp/article/170115-1
03/(2018/5/14アクセス)
 2) https://woman.mynavi.jp/article/150930-2
38/(2018/5/14アクセス)

この記事のお問い合わせはこちら

プロフィール

執筆者:島田邦男 琉球ボーテ(株) 代表取締役

1955年東京生まれ 工学博士 大分大学大学院工学研究科卒業、化粧品会社勤務を経て日油㈱を2014年退職。 日本化粧品技術者会東京支部常議員、日本油化学会関東支部副支部長、日中化粧品国際交流協会専門家委員、東京農業大学客員教授。 日油筑波研究所でグループリーダーとしてリン脂質ポリマーの評価研究を実施。 日本油化学会エディター賞受賞。経済産業省 特許出願技術動向調査委員を歴任。 主な著書に 「Nanotechnology for Producing Novel Cosmetics in Japan」((株)シーエムシー出版) 「Formulas,Ingredients and Production of Cosmetics」(Springer-Veriag GmbH) 他多数

Img cat10

化粧品のリテラシー

2020.07.03
第43回 違いではなく近い
2020.06.10
第42回 GOではなく香
2020.06.10
第41回 『変な』ではなく『ヘンナ』
2020.06.10
第40回 『やめられない』ではなく『止める』
2020.06.10
第39回 『まぁーもぅー』ではなく『守って』
2020.06.10
第38回 『ゆいまーる』ではなく『言いまーす』
2020.06.10
第37回 神だけでなく髪に
2020.06.09
第36回 違法ではなくいい方に
2020.06.09
第35回 SUNではなく燦燦
2020.06.09
第34回 AIだけではなくヒトの愛
2018.01.19
第33回 余命だけではなく養命
2018.01.19
第32回 女性だけではなく男性にも Part2
2018.01.19
第31回 ワカルではなくワカラナイカナ
2018.01.19
第30回 生気がなくでも世紀を生きる
2018.01.19
第29回 ノーベル賞でない人を述ーべる
2018.01.19
第28回 コケではなく苔
2018.01.19
第27回 女性だけでなく男性にも
2018.01.19
第26回 危らくない油
2016.05.06
第25回 見ずではなく水
2016.02.26
第24回 男性だけではなく女性にも Part2
2015.12.03
第23回 競争ではなく共創
2015.09.30
第22回 リニアではなくシニア
2015.05.29
第21回 男性だけではなく女性にも
2015.03.20
第20回 ブラックではなくゴールドに
2014.06.27
第19回 江戸でなくてもええド
2014.04.21
第18回 オフサイドではなくウェブサイト
2014.01.17
第17回 晴れるではなくハラル
2013.09.30
第16回 水ではなく自らの
2013.06.28
第15回 "そうよ"ではなく商標
2013.04.26
第14回 苗字ではなく明治の頃に
2013.01.15
第13回 コリアではなくコリャなんだ!
2012.11.29
第12回 ヒットではなくヒトのきっと
2012.10.25
第11回 エゴではなくエコ
2012.10.01
第10回 青ではなく赤
2012.09.13
第9回 美化ではなく文化
2012.08.22
第8回 能ではなく脳
2012.07.31
第7回 常識ではなく認識
2012.07.09
第6回 合成品ではなく更生品
2012.06.21
第5回 ペテンではなくパテント
2012.05.30
第4回 GNPではなくGMP
2012.04.27
第3回 天然ではなく合成
2012.04.17
第2回 作るではなく造る
2012.04.04
第1回 ラベルではなくレベル

カテゴリー

流通記者50年「経営トップとの交流の中で」

執筆者:加藤英夫

週刊粧業 顧問(週刊粧業 流通ジャーナル 前会長)

Img cat25

化粧品通販ビジネス実践講座

執筆者:船生千紗子

(株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

Img cat14

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

矢野経済研究所 中国美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

化粧品トレンドを読み解くキーワード

執筆者:松本 竜馬

TPCマーケティングリサーチ(株)マーケティングマネージャー

Img cat21

化粧品のリテラシー

執筆者:島田邦男

琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

激変するコスメマーケット

執筆者:鯉渕登志子

(株)フォー・レディー代表取締役

Img cat2

『女心』攻略データベース

執筆者:中村浩子

(株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

Img cat

今日から試せる! PR&販促講座

執筆者:松下令子

美容専門PR・販促支援会社 (株)DSプロモーション 代表取締役

Matsushita face

化粧品コンサルタントが教えます 最新・ヒットの法則

執筆者:廣瀬知砂子

株式会社ビューティブレーン 代表

Hirose face

アジア美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

中国美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室

執筆者:髙橋 伸也

フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

Img cat20

榎戸淳一のエステサロン経営 地域一番店への道

執筆者:榎戸淳一

株式会社ES-ROOTS代表取締役社長、一般社団法人エステティックグランプリ元理事長

Img cat3 1

中国クチコミ分析で探る「美」のツボ

執筆者:森下 智史

株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

アットコスメクチコミトレンド

執筆者:山田メユミ

株式会社アイスタイル 取締役 CQO / コーポレート領域管掌

Img cat1

新日本有限責任監査法人 公認会計士から見た化粧品・トイレタリー業界

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

新日本有限責任監査法人 不正事例に学べ!

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

創業原点を未来へ託す

執筆者:川原慎也

(株)船井総合研究所 東京経営支援本部 部長 グループマネージャー

Img cat8

Eコマースに見る中国化粧品マーケットの今

執筆者:斉晶岩(サイ ショウガン)

LAFASO JAPAN 代表取締役社長

Img cat13

韓国ビューティーマーケット最前線

執筆者:吉田武史

吉田法務事務所代表、日本薬事法務学会理事長

Img cat4

消費動向から斬り込むマーケティング戦略

執筆者:大神賢一郎

産業能率大学総合研究所主席研究員

Img cat6

消費者視点の「買われ方・選ばれ方」

執筆者:野澤 太郎

(株)ネオマーケティング ビューティ&ライフチーム マネージャー

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

アクセスランキング

  1. 1位 8月6日 17時30分
    資生堂、ヤーマンと合弁契約を締結
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 8月6日 10時30分
    オルビス、体験特化型ショップでパー...
  4. 4位 8月7日 16時00分
    コーセー、目に見える効果を追求した...
  5. 5位 8月5日 16時30分
    ライオン、「NONIO(ノニオ)」...
  6. 6位 6月11日 14時15分
    第2波に備えて準備しているものは「...
  7. 7位 8月5日 18時30分
    花王、大判シートの採用で帰宅直後の...
  8. 8位 8月4日 15時30分
    花王、「アタック3X(スリーエック...
  9. 9位 6月19日 10時00分
    口紅移りを防ぎつつ冷感効果も得られ...
  10. 10位 8月7日 10時30分
    マンダム、秋の新製品発表会をオンラ...
  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 6月11日 14時15分
    第2波に備えて準備しているものは「...
  3. 3位 8月4日 15時30分
    花王、「アタック3X(スリーエック...
  4. 4位 6月17日 10時40分
    日本初となる使い捨てウイルス対応冷...
  5. 5位 8月6日 17時30分
    資生堂、ヤーマンと合弁契約を締結
  6. 6位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  7. 7位 6月19日 10時00分
    口紅移りを防ぎつつ冷感効果も得られ...
  8. 8位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  9. 9位 7月31日 18時00分
    ロート製薬、ヒアルロン酸が紫外線ダ...
  10. 10位 6月22日 13時00分
    耳にかけないマスクが販売開始、ヘア...
  1. 1位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  2. 2位 6月11日 14時15分
    第2波に備えて準備しているものは「...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 6月17日 10時40分
    日本初となる使い捨てウイルス対応冷...
  5. 5位 7月13日 15時45分
    ポーラ、ストレスで突然起きる肌の不...
  6. 6位 7月13日 09時45分
    資生堂、手荒れに配慮した処方の手指...
  7. 7位 7月9日 10時00分
    アルビオン、化粧品づくりを一般公開...
  8. 8位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  9. 9位 6月19日 10時00分
    口紅移りを防ぎつつ冷感効果も得られ...
  10. 10位 3月4日 15時00分
    コーセー、新型コロナウイルス感染症...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ