連載コラム

化粧品のリテラシー

2020.06.10

第42回 GOではなく香

執筆者:島田邦男 琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

【C&T2020年4月号7面にて掲載】

はじめに

 天然志向の化粧品に好まれていない合成品が、新しい未来を拓いた意外なエピソードをまずは述べたい。

 20世紀の良品1)の1つに香水のCHANEL No.5があった(図1)。マリリン・モンローの「寝る時はCHANEL No.5」の名言をご記憶と思う。英語では香水を「付ける」にwearを使う、つまり彼女は「着る」という言葉を掛けて軽妙に答えた。
図1 CHANEL No.5(香水)

 当時、テキスタイルで成功したシャネル(Gabrielle Bonheur "Coco" Chanel、1883年8月19日―1971年1月10日)は、調香師に「私が欲しいのはバラやスズランではなく、複雑に構成された『香り』」と依頼し、10本のフラスコの中から選ばれた5番目がシャネル初の香水「CHANEL No.5」だった。

 香りの物質は数千種が知られているが、組み合わせると種類は無限に近い。人間の鼻は1万~1万5000種類の香りを識別できる能力があるという。

 それまでは花などのわかりやすい香りが主流だったが、合成香料の脂肪族アルデヒドを初めて使用して複雑な香りにした。しかも調香助手が桁を間違えて10倍配合した偶然の産物のようだが、なんと大正10年(1921年)の発売以来、今でも香水の売上世界一である。

 化粧品の目に見えない香りは、鼻で嗅げない色とともにヒトの五感を刺激する商品設計の大事な要素である。しかし、香りは専門書が少ないことなどから、一般的に知られていないことも多い。そこで今回は、GO(ゴー)のイケイケではなく静かに落ち着いて香(こう)について考えみたい。

香りの起源と香料の歴史3)

 香りは、火の発見とともに使用されるようになったと言われている。草木を燃やす中で、煙と一緒に立ち上がる香りに気づき、神秘的なものとして宗教儀式に用いられるようになる。香りの元ともなる香料の歴史は、紀元前3000年頃のメソポタミア、古代エジプトにまで遡る。

 レバノンスギ(図2)を焚いて香りを神に捧げ、白檀・ニッケイ・イリス(アイリス)などをミイラの防腐剤として使用した。また、防臭効果を利用するため、部屋を香りで満たし、香油を身体に塗り、衣料に香りを染み込ませて楽しんでいた。やがてギリシャやイタリア・ローマに伝わって、香りの原料を蒸留した精油が作られる(図3)

図2 レバノンスギ


図3 香油の伝播

 十字軍遠征によって、麝香(じゃこう)など東洋の香料がヨーロッパに持ち込まれ、ベニスの商人たちによって、広く取引されるようになった。16世紀には、皮革産業が盛んだったフランスのグラース地方に皮革の消臭剤として香料が持ち込まれ、温暖な気候が多くの香料の原料植物を栽培するのに適していたこともあり、香料生産の中心地として発展した。

 香料をアルコールに溶かした香水は、14世紀に使用されていたとされる、ハンガリーウォーターが起源の1つといわれている。ハンガリーウォーターは、ローズマリー(図4)をアルコールとともに蒸留した蒸留酒・薬酒である。日本には英語圏を介してその名が広まっている。

図4 ローズマリー

 その後、16世紀にイタリア・フィレンツェのメディチ家から花嫁カテリーナがフランスのアンリ2世へ嫁いだ際、特別に調合された香水を持ち込んだ。この香水がフランス・ブルボン王朝の貴婦人たちの間で大流行した。この香りは「王妃の水」(図5)と呼ばれ、現在生産されているサンタ・マリア・ノヴェッラの香りであり、オーデコロンの起源になっている6)。そして、19世紀には天然香料の分析が進み、合成香料が製造されるようになり、冒頭のシャネルの話につながっていくのである。

図5 サンタ・マリア・ノヴェッラ オーデコロン

日本の香り文化3)

 日本の香りは仏教儀礼とともに、大陸から伝えられたようだ。最も古い「香」の記述は日本書記だ。香りは、奈良時代には仏前を清め、邪気を払う宗教的な意味合いが強いものとして用いられていた。

 万葉集では色の際立(ぎわだ)ちや美しいさまをいう言葉として使い、「青(あお)丹(に)よし 奈良の都は 咲く花の 匂ふがごとく 今盛んなり」と、平城京が鮮やかに映えて見えるさまを「匂ふ」と表している。貴族たちは日常生活の中で香りを楽しむさまが、枕草子や源氏物語の「香」の文字に多く見てとれる。

 室町時代には、武士の嗜みとして茶道、華道とともに日本独自の芸道である「香道」が体系化される。香道においては、線香等のように直接点火する香は用いない。香炉に灰と、おこした炭団(たどん)を入れ、灰を形作り、その上に銀葉という雲母板をのせ、数ミリ角に薄く切った香木を熱し、香りを発散させる方式がとられる。

 銀葉を灰の上で押すことにより、銀葉と炭団の位置を調節する。これにより伝わる熱を調節し、香りの発散の度合いを決める。香道具の種類、形状及び作法は流派によって異なる。

 香りを嗅ぐのではなく「聞く」と呼び、香木の香りを聞き、楽しむことを「聞(ぶん)香(こう)」という。織田信長は「香道」を極めたかったらしく、天下第一の名香といわれた東大寺正倉院に収蔵されている原木「蘭奢待(らんじゃたい)」(図6)を切り取りその痕(あと)を残しており、近年では明治天皇も切り取っている。

 江戸時代には、町人にも香りが広まりその道具が作られるようになり、室町時代に伝来した線香が江戸初期に国内で初めて作られている。

 日本の香り文化は独自の繊細な感性から生み出され、鼻で嗅ぐだけでなく五感で感じ、生活に彩りや癒しを与える文化だったようだ。

図6 東大寺正倉院に保存されている蘭奢待

おわりに

 「ガイジンはシャワーしか浴びない。強い体臭を隠すのでフレグランスマーケットが発達し、ニホンジンは清潔で風呂好きで体臭が弱いのでマーケットが小さい」と言う方がいる。

 筆者はマーケットの大小とその理由との関係がないと思う。体臭が罪悪視されたのは最近のことでフレグランス誕生よりずっと後のことであり、体臭の魅力を増すためにフレグランスが使用されたこともある。香水はヨーロッパで宮廷文化として親しまれ、市民社会のブルジョアの嗜好品になったからである。

 19世紀末に化学工業の発展の中で合成香料が本格生産され、20世紀に入りファッションデザイナーと結びついて、フレグランスの裾野を広げた人たちの智慧や努力が今を創っていると思う。

 参考文献
 1) https://www.amazon.co.jp/20世紀の良品―新世紀へのメッセージ-有賀-馨/dp/4887520255(2020年1月12日アクセス)
 2) https://www.chanel.com/ja_JP/fragrance-beauty/fragrance/p/women/n_5.html(同)
 3) https://www.orea.or.jp/(同)
 4) https://ja.wikipedia.org/wiki/レバノンスギ(同)
 5) https://ja.wikipedia.org/wiki/ハンガリー水(同)
 6) http://www.santamarianovella.jp/3storia/storia2.html(同)
 7) https://ja.wikipedia.org/wiki/蘭奢待(同)

この記事のお問い合わせはこちら

プロフィール

執筆者:島田邦男 琉球ボーテ(株) 代表取締役

1955年東京生まれ 工学博士 大分大学大学院工学研究科卒業、化粧品会社勤務を経て日油㈱を2014年退職。 日本化粧品技術者会東京支部常議員、日本油化学会関東支部副支部長、日中化粧品国際交流協会専門家委員、東京農業大学客員教授。 日油筑波研究所でグループリーダーとしてリン脂質ポリマーの評価研究を実施。 日本油化学会エディター賞受賞。経済産業省 特許出願技術動向調査委員を歴任。 主な著書に 「Nanotechnology for Producing Novel Cosmetics in Japan」((株)シーエムシー出版) 「Formulas,Ingredients and Production of Cosmetics」(Springer-Veriag GmbH) 他多数

Img cat10

化粧品のリテラシー

2020.10.02
第44回 1本ではなくいっぱい
2020.07.03
第43回 違いではなく近い
2020.06.10
第42回 GOではなく香
2020.06.10
第41回 『変な』ではなく『ヘンナ』
2020.06.10
第40回 『やめられない』ではなく『止める』
2020.06.10
第39回 『まぁーもぅー』ではなく『守って』
2020.06.10
第38回 『ゆいまーる』ではなく『言いまーす』
2020.06.10
第37回 神だけでなく髪に
2020.06.09
第36回 違法ではなくいい方に
2020.06.09
第35回 SUNではなく燦燦
2020.06.09
第34回 AIだけではなくヒトの愛
2018.01.19
第33回 余命だけではなく養命
2018.01.19
第32回 女性だけではなく男性にも Part2
2018.01.19
第31回 ワカルではなくワカラナイカナ
2018.01.19
第30回 生気がなくでも世紀を生きる
2018.01.19
第29回 ノーベル賞でない人を述ーべる
2018.01.19
第28回 コケではなく苔
2018.01.19
第27回 女性だけでなく男性にも
2018.01.19
第26回 危らくない油
2016.05.06
第25回 見ずではなく水
2016.02.26
第24回 男性だけではなく女性にも Part2
2015.12.03
第23回 競争ではなく共創
2015.09.30
第22回 リニアではなくシニア
2015.05.29
第21回 男性だけではなく女性にも
2015.03.20
第20回 ブラックではなくゴールドに
2014.06.27
第19回 江戸でなくてもええド
2014.04.21
第18回 オフサイドではなくウェブサイト
2014.01.17
第17回 晴れるではなくハラル
2013.09.30
第16回 水ではなく自らの
2013.06.28
第15回 "そうよ"ではなく商標
2013.04.26
第14回 苗字ではなく明治の頃に
2013.01.15
第13回 コリアではなくコリャなんだ!
2012.11.29
第12回 ヒットではなくヒトのきっと
2012.10.25
第11回 エゴではなくエコ
2012.10.01
第10回 青ではなく赤
2012.09.13
第9回 美化ではなく文化
2012.08.22
第8回 能ではなく脳
2012.07.31
第7回 常識ではなく認識
2012.07.09
第6回 合成品ではなく更生品
2012.06.21
第5回 ペテンではなくパテント
2012.05.30
第4回 GNPではなくGMP
2012.04.27
第3回 天然ではなく合成
2012.04.17
第2回 作るではなく造る
2012.04.04
第1回 ラベルではなくレベル

カテゴリー

流通記者50年「経営トップとの交流の中で」

執筆者:加藤英夫

週刊粧業 顧問(週刊粧業 流通ジャーナル 前会長)

Img cat25

化粧品通販ビジネス実践講座

執筆者:船生千紗子

(株)通販総研 化粧品専門コンサルタント

Img cat14

矢野経済研究所 アジア美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

矢野経済研究所 中国美容マーケットニュース

執筆者:浅井潤司

(株)矢野経済研究所主席研究員

Img cat9

化粧品トレンドを読み解くキーワード

執筆者:松本 竜馬

TPCマーケティングリサーチ(株)マーケティングマネージャー

Img cat21

化粧品のリテラシー

執筆者:島田邦男

琉球ボーテ(株) 代表取締役

Img cat10

激変するコスメマーケット

執筆者:鯉渕登志子

(株)フォー・レディー代表取締役

Img cat2

『女心』攻略データベース

執筆者:中村浩子

(株)ヴィーナスプロジェクト代表取締役社長

Img cat

今日から試せる! PR&販促講座

執筆者:松下令子

美容専門PR・販促支援会社 (株)DSプロモーション 代表取締役

Matsushita face

化粧品コンサルタントが教えます 最新・ヒットの法則

執筆者:廣瀬知砂子

株式会社ビューティブレーン 代表

Hirose face

アジア美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

中国美容リアルレポート

執筆者:沖野真紀

中国女性市場専門調査会社 (株)ブルームス代表取締役

Img cat11

化粧品・日用品業界の商標・ブランド戦略相談室

執筆者:髙橋 伸也

フルブルーム国際商標事務所 所長弁理士

Img cat20

榎戸淳一のエステサロン経営 地域一番店への道

執筆者:榎戸淳一

株式会社ES-ROOTS代表取締役社長、一般社団法人エステティックグランプリ元理事長

Img cat3 1

中国クチコミ分析で探る「美」のツボ

執筆者:森下 智史

株式会社トレンドExpress 「中国トレンドExpress」編集長

%e6%a3%ae%e4%b8%8b%e6%99%ba%e5%8f%b2

アットコスメクチコミトレンド

執筆者:山田メユミ

株式会社アイスタイル 取締役 CQO / コーポレート領域管掌

Img cat1

新日本有限責任監査法人 公認会計士から見た化粧品・トイレタリー業界

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

新日本有限責任監査法人 不正事例に学べ!

執筆者:田中計士

新日本有限責任監査法人 シニアマネージャー

Img cat7

創業原点を未来へ託す

執筆者:川原慎也

(株)船井総合研究所 東京経営支援本部 部長 グループマネージャー

Img cat8

Eコマースに見る中国化粧品マーケットの今

執筆者:斉晶岩(サイ ショウガン)

LAFASO JAPAN 代表取締役社長

Img cat13

韓国ビューティーマーケット最前線

執筆者:吉田武史

吉田法務事務所代表、日本薬事法務学会理事長

Img cat4

消費動向から斬り込むマーケティング戦略

執筆者:大神賢一郎

産業能率大学総合研究所主席研究員

Img cat6

消費者視点の「買われ方・選ばれ方」

執筆者:野澤 太郎

(株)ネオマーケティング ビューティ&ライフチーム マネージャー

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

アクセスランキング

  1. 1位 10月29日 11時00分
    花王と和歌山市、SDGs推進に関す...
  2. 2位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  3. 3位 10月29日 12時00分
    日本コルマー、新たに防腐効果試験を...
  4. 4位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  5. 5位 10月28日 10時00分
    花王、菌の最表層に対する抗菌剤の作...
  6. 6位 10月29日 11時30分
    花王、乳幼児のアトピー性皮膚炎で皮...
  7. 7位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  8. 8位 10月29日 10時30分
    コスモス薬品20年度第1四半期、既...
  9. 9位 10月29日 10時00分
    プラネット、組織変更・人事異動(2...
  10. 10位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  1. 1位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  2. 2位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  3. 3位 10月5日 14時00分
    コーセーマルホファーマ、新ブランド...
  4. 4位 10月26日 11時00分
    新生エクシア、アルビオングループの...
  5. 5位 10月26日 10時00分
    カネボウ、ミラノコレクション202...
  6. 6位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  7. 7位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...
  10. 10位 10月28日 13時00分
    アルビオン、化粧液「フローラドリッ...
  1. 1位 10月5日 14時00分
    コーセーマルホファーマ、新ブランド...
  2. 2位 7月10日 15時15分
    コーセーマルホファーマ、高機能スキ...
  3. 3位 12月4日 20時00分
    医薬品と指定医薬部外品の違いとは?
  4. 4位 10月12日 14時00分
    ファンケル、マスクを終日着用した際...
  5. 5位 10月5日 10時00分
    花王、トイレの掃除に便利なクイック...
  6. 6位 10月8日 10時00分
    資生堂ジャパン、新戦略発表会202...
  7. 7位 4月17日 15時00分
    【週刊粧業選定】優良化粧品OEM/...
  8. 8位 9月10日 10時08分
    サイエンスボーテ・大坂社長、異色の...
  9. 9位 7月27日 18時30分
    花王、リセッシュ除菌EXが布上のウ...
  10. 10位 8月4日 10時00分
    小林製薬、顔に使えるアットノンが若...

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ