Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】ハリウッドを柱に親子エステで10代客掴む「コスメティックハウスSeika・美side」

【週刊粧業】ハリウッドを柱に親子エステで10代客掴む「コスメティックハウスSeika・美side」

200円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

コスメティックハウスSeikaは、資生堂の新業態店として1991年に開店した。開店当時は薬局と併設して化粧品店を展開していたが、化粧品専門店に一本化して以降、エステティックサロン「美サイド」を隣に併設するなど美容面を強化している。現在、ハリウッド化粧品を売上げの柱に据え、競合の多い千葉で他店とは異なる戦略をもって独自路線を突き進んでいる。現在の取り組みと今後について、畝本順子店長に話を伺った。

発行日
2014年06月16日 
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
424キロバイト
ページの先頭へ