Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2018年有力化粧品メーカー12社のアウトバウンド戦略

【週刊粧業】2018年有力化粧品メーカー12社のアウトバウンド戦略

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

昨年の化粧品業界はインバウンド需要に沸いた。百貨店の外国人観光客に化粧品は圧倒的な人気を誇り、その売上は衰えを知らない様相だ。来日時に日本の化粧品に魅了された旅行者は、帰国後も現地でリピート購入する可能性がある。そこで国産ブランドが次のステップとして取り組んでいるのがアウトバウンドである。日系ドラッグストアの海外出店を受け、国産ブランドが進出する機会が広まったことも大きい。近年はSNSによるクチコミ効果でワールドワイドな情報拡散が進み、ここからも予想外の商機が生まれている。今回はメーカー12社(カネボウ化粧品、コーセー、マンダム、ナリス化粧品、ACRO、伊勢半、Dear Laura、アヴァンセ、第一三共ヘルスケア、ローレル、PBJ、えそらフォレスト)のアウトバウンド戦略をまとめた。

発行日
2018年01月01日 
ページ番号
31~35ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
1.59メガバイト

人気ランキング

バラ売り人気ランキング

ページの先頭へ