Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
 【週刊粧業】今後(2020年、2025年、2030年)の化粧品市場推移を占う

【週刊粧業】今後(2020年、2025年、2030年)の化粧品市場推移を占う

200円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

経済産業省の生産動態統計によると、2017年のわが国の化粧品出荷額は、2年連続で過去最高を更新し、初めて1兆6000億円を突破した。15歳以上人口が横ばい~微減で推移している中、この成長を後押ししているのはインバウンド需要であることは言うまでもない。では、東京オリンピックが開催される2020年や、その5年後の2025年、10年後の2030年の化粧品出荷額はどのように推移しているのだろうか。そこで今回は、ここ数年の出荷金額の推移と、化粧人口と割合近しい関係と考えられる15歳以上人口(総務省統計局「人口推計」と国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」)の推移に、インバウンド影響等を加味して将来予測を行ってみた。

発行日
2018年10月15日 
ページ番号
1ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
571キロバイト

バラ売り人気ランキング

ページの先頭へ