Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2018年プチプラコスメの最新動向

【週刊粧業】2018年プチプラコスメの最新動向

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

値頃感のある価格帯でコストパフォーマンスが高いコスメが「プチプラコスメ」として注目されはじめたのは、大手メーカーから1000円以下のスキンケアブランドが発売された2010~11年にかけてだ。その後、ニーズの多様化とともに、低価格帯ブランドは、肌質・肌悩み別や高機能タイプ、1本で完結するオールインワンタイプなどシリーズを拡げ、今やドラッグストアを中心としたセルフ化粧品売場の主役となっている。今特集では、メーカー8社(マンダム、ダリヤ、小林製薬、ちふれホールディングス、レブロン、シーオーメディカル、ヒューマンリソースコミュニケーションズ、パル)を取材した。

発行日
2018年11月26日 
ページ番号
1、6~7ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
2.09メガバイト
ページの先頭へ