Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2019年紙おむつ(ベビー用・大人用)の最新動向

【週刊粧業】2019年紙おむつ(ベビー用・大人用)の最新動向

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

近年の国内紙おむつ市場は、少子高齢化の影響を大きく受けている。出生人口の減少により縮小が続くベビー用紙おむつ市場は、2013年~2015年まで、海外転売需要により一時伸長したが、16年以降はインバウンドが落ち着いて再び縮小傾向となり、18年も継続して縮小する見込みだ。一方、大人用紙おむつ市場は、心身ともに健康的に生活できる期間である「健康寿命」への関心が高まる中で、増えゆく「アクティブシニア」による需要が高まっており、超うす型パンツを中心に市場拡大が続いている。今特集では、紙おむつメーカー各社(ベビー用=ユニ・チャーム、花王、P&G、大王製紙、王子ネピア/大人用=ユニ・チャーム、花王、大王製紙)の取り組みを紹介する。

発行日
2019年03月11日 
ページ番号
1、8~9ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
2.63メガバイト
ページの先頭へ