Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2019年敏感肌コスメの最新動向

【週刊粧業】2019年敏感肌コスメの最新動向

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

敏感肌コスメ市場(フェイスケア・ボディケア・ヘアケア合計、週刊粧業調べ)は、2013年に500億円を突破し、16年に600億円を超え、国内化粧品市場の中でも特に成長が著しい。18年は674億円(フェイスケア=446億円、ボディケア=152億円、ヘアケア=76億円)で推移し、19年は700億円に達する見通しだ。敏感肌コスメは年中肌トラブルを抱え、市販の化粧品が使用できない人のデイリーケアだけでなく、季節の変わり目や体調・生活環境の変化などで、一時的に敏感肌と感じる人が増えているため、使用ニーズが高まっている。今特集では、メーカー9社(花王、カネボウ化粧品、コーセー、ピエール ファーブル ジャポン、ディセンシア、持田ヘルスケア、メディプラス、サルボ、N&O Life)が送り出す最新アイテムや商品戦略を紹介する。

発行日
2019年03月18日 
ページ番号
1、8~9ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
1.52メガバイト
ページの先頭へ