Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2019年春の訪販化粧品メーカーの最新動向

【週刊粧業】2019年春の訪販化粧品メーカーの最新動向

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

公益社団法人 日本訪問販売協会によると、2017年の訪問販売売上高は、前年比0.24%増の1兆7235億円で微増となった。同協会が集計した訪問販売売上高の上位商品(小売ベース)をみると、売上1位が化粧品で前年比2.3%増の3716億円、2位が健康食品で11.3%減の2333億円、3位が清掃用具で4.6%減の1251億円と続く。減少がみられる業種もある一方、訪問販売化粧品は好調に推移している。今特集では、関連企業8社・2団体(ポーラ、ノエビア、日本メナード化粧品、ナリス化粧品、オッペン化粧品、ニュースキンジャパン、シャンソン化粧品、マリアンボレ、日本訪問販売協会、訪販化粧品工業協会)を取材した。

発行日
2019年04月01日 
ページ番号
1、8~10ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
3.04メガバイト
ページの先頭へ