Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【C&T・2020年1月号】セミセルフショップの最新動向

【C&T・2020年1月号】セミセルフショップの最新動向

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

2010年代に化粧品のセミセルフショップの展開がスタートした。「従来の百貨店のカウンセリング型の販売手法は若い世代に受け入れられない」「ブランドが自由に選択できない」という不満を解消する目的で開発され、駅ビルやモール型SCなど、新しい商業施設を中心に店舗数が順調に拡大し、業界全体で80店舗強に達した。基本はセルフだが、事業として軌道に乗せるためには改めてタッチアップやカウンセリングが必要なことを確認し、各社、本格的に人材の確保・育成に取り組みはじめた。店頭でも、顧客の要望があった際に接客するようにしていたものが、積極的に声をかける動きに変わりつつある。コスメ業界も人手不足の状況で、既存売場との共存が迫られる局面に移行する可能性もある。

発行日
2019年12月16日 
ページ番号
10~20ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
985キロバイト
ページの先頭へ