Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2020年 資生堂ジャパン 杉山繁和副会長 新春インタビュー

【週刊粧業】2020年 資生堂ジャパン 杉山繁和副会長 新春インタビュー

300円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

資生堂ジャパンでは、2019年も「お客さま(生活者)があらゆる生活場面で好きな時に、好きなように、ブランドを通じた化粧体験を楽しめることを実現する」というVISIONのもと、「肌3分野(スキンケア・ベースメイクアップ・サンケア)×コアブランドへの集中」と「コンタクトポイントの拡大・強化」という戦略を掲げ活動してきた。活動のひとつの成果としてファンデーション市場においては、新技術のみならず、ファンデーションでスキンケアをするという新しい美容習慣を提唱することで、これまでのファンデーションに対する概念を180度転換させ、市場にイノベーションを起こした。また、戦略の実行力を高めるために働き方改革にも注力している。代表的な取り組み「グッジョブ活動」もカルチャーとして息づきはじめるなど戦略が成果として現れ、資生堂ジャパンを市場に大きくアピールした1年となった。そこで、2019年を振り返るとともに、2020年の展望や注力する取り組みについて、資生堂常務兼資生堂ジャパン代表取締役副会長杉山繁和氏に話を伺った。

発行日
2020年01月01日 
ページ番号
10~11ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
470キロバイト
ページの先頭へ