Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】 2020年上期オーラルケアの最新動向

【週刊粧業】 2020年上期オーラルケアの最新動向

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

オーラルケア市場は、口腔衛生意識の向上とともに中高齢者の残存歯数が上昇し、ハミガキを中心に各カテゴリーで高付加価値化が進み、単価アップによる成長拡大が続いている。オーラルケアの主要4品目(ハミガキ、ハブラシ、洗口液、歯間清掃具)の2019年度市場規模(1~12月、週刊粧業調べ)は前年比3.3%増の2128億円となった。今特集では、関連企業9社(ライオン、花王、サンスターグループ、小林製薬、スモカ歯磨、サンギ、第一三共ヘルスケア、ビューティードア、ハニック・ホワイトラボ)を取材した。

発行日
2020年06月01日 
ページ番号
1、8~9ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
1.42メガバイト
ページの先頭へ