Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2020年男性化粧品の最新動向

【週刊粧業】2020年男性化粧品の最新動向

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

2020年上半期の男性化粧品市場は、新型コロナウイルスの影響から、一時的に大幅な落ち込みが見られている。外出自粛に加え、4~5月にかけて首都圏のバラエティストアでも休業が発生したことなどが影響している。一方、コロナ以前の1~3月はオールインワン美容液や洗顔シートが牽引役となり、男性化粧品市場は前年を上回った。そのため、6月以降には需要が戻り、「徐々に上向いてくるだろう」(メーカー)という見方もある。さらに暑夏が予想される今年は、フェイスケアやボディケアの売上回復にも期待がかかる。今特集では、関連企業10社(花王、マンダム、資生堂、バスクリン、サンスターグループ、シック・ジャパン、加美乃素本舗、バルクオム、HOLO BELL、ZIGEN)を取材した。

発行日
2020年06月15日 
ページ番号
1、8~9ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
1.38メガバイト

人気ランキング

バラ売り人気ランキング

ページの先頭へ