Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2020年生理用品の最新動向

【週刊粧業】2020年生理用品の最新動向

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

2019年度の生理用品の市場規模(当社推計)は、前年度比2.7%増の971億円(生理用品売場の軽失禁含む)で推移した。カテゴリー別に見ると、ナプキンは0.6%増の約601億円、タンポンは3%増の58億円、パンティライナーは4%増の133億円、生理ショーツは9.8%増の16億円、軽度失禁用品(生理用品売場)は7.7%増の157億円で着地した。また20年度の市場規模については、トータルで2.2%の990億円と予測されている。カテゴリー別の内訳は、ナプキンが1.4%増の607億円、タンポンが0.5%減の57億7000万円、パンティライナーが2%増の135億7000万円、生理用ショーツが9.4%増の17億5000万円、軽度失禁用品が7.1%増の168億円になると見込まれている。今特集では、関連企業5社(ユニ・チャーム、花王、小林製薬、インテグロ、コットン・ラボ)を取材した。

発行日
2020年09月14日 
ページ番号
1,8~9ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
2.93メガバイト
ページの先頭へ