Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【C&T・2020年10月号】脱プラ・減プラの実現とその先へ

【C&T・2020年10月号】脱プラ・減プラの実現とその先へ

600円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

世界的にサステナブルな社会の実現に向けた取り組みが進む中で、化粧品の中身や外装に使用する原料・資材の見直しが進み、環境に配慮した素材への注目が高まっている。小誌「C&T」では昨年の2019年秋号で「脱プラ・減プラの実現へ」をテーマに化粧品容器・パッケージ会社が開発した環境対応容器を紹介した。今回はその続編ということになるが、この1年の間にも、各社より新たな環境対応容器・パッケージが提案されており、業界として進むべき方向性がより鮮明化してきた。今特集では、関連企業11社(グラセル、ツバキスタイル、ホシケミカルズ、大日本印刷、ダイセル、トーヨー工芸工業、平和化学工業所、ベルポリエステルプロダクツ、中央工芸企画、バイオワークス、TBM)に取材した。

発行日
2020年09月15日 
ページ番号
12~28ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
2.69メガバイト
ページの先頭へ