Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2020年海外化粧品の最新動向

【週刊粧業】2020年海外化粧品の最新動向

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

日本輸入化粧品協会がとりまとめた化粧品輸入実績によると、2020年1~6月の化粧品輸入額は香水、メークアップ、スキンケア、ヘアケアがいずれもマイナスとなり、1227億1000万円(前年同期比10.5%減)で推移した。金額構成比で最大カテゴリーのスキンケアでは、韓国(168億4000万円、同56.1%増)がフランス(153億5000万円、同15.4%減)を抜きトップに躍り出た。メークアップでは、トップのフランス(62億6000万円、同23.0%減)が苦戦する一方、韓国(50億5000万円、22.6%増)が好調だった。コロナ禍で欧米各国が軒並み数字を落とす中、日本市場において「韓国コスメ」が存在感を高めている。

発行日
2020年10月12日 
ページ番号
1.8~9ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
1.32メガバイト
ページの先頭へ