Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2020年の卸流通化粧品の最新動向

【週刊粧業】2020年の卸流通化粧品の最新動向

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

日本国内の化粧品市場は、景気の回復やインバウンド需要の拡大など複数の好要素が重なり、TPCマーケティングリサーチ社によると最近10年間は年平均1.4%増で堅調に推移してきたが、2020年は新型コロナウイルス感染拡大とその長期化により約10%減で縮小する見通しだ。だが、コロナ禍で消費者の美容に対する意識や価値観の変化も見られ、新たなニーズも生まれている。化粧品売場もそのような新たな美容ニーズへの対応が進み、様相が変わりつつある。今特集では、関連企業8社(ユースキン製薬、マンダム、小林製薬、ナリス化粧品、BCLカンパニー、フェザー安全剃刀、レイナチュラル、ミユ)を取材した。

発行日
2020年11月30日 
ページ番号
1,8~9ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
1.2メガバイト

バラ売り人気ランキング

ページの先頭へ