Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【C&T・2021年1月号】化粧品原料メーカー・商社8社が注力するヘアケア原料を紹介

【C&T・2021年1月号】化粧品原料メーカー・商社8社が注力するヘアケア原料を紹介

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

矢野経済研究所の発表によると、2019年度のヘアケア市場(ヘアケア剤、毛髪業、発毛・育毛剤、植毛)は前年度比0.9%増の4527億5000万円となった。19年10月の消費税増税の影響に加え、20年初頭の新型コロナウイルス感染拡大の影響も重なったが、19年上期の好調が下支えし、市場は堅調に推移した。同調査では、20年度の市場規模は事業者売上高ベースで前年度比4.1%減の4342億円を見込む。市場全体への新型コロナウイルス感染拡大の影響は大きく、ヘアケア商材や毛髪業の接客販売、植毛医療・クリニックなどの施術業務にも影響が及んでいる。今後は21年にかけて、国内外の人や物の出入りの規制が段階的に緩和されることが予想され、消費環境の変化に伴ってヘアケア市場の緩やかな回復が期待されている。今特集では、原料メーカー8社(岩瀬コスファ、一丸ファルコス、日本精化、GSIクレオス、セティ、三省製薬、クローダジャパン、勇心酒造)が提案する注目の原料を紹介する。

発行日
2020年12月15日 
ページ番号
31~41ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
2.43メガバイト
ページの先頭へ