Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】大手流通業の戦略

【週刊粧業】大手流通業の戦略

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

2020年の流通業の業績をみると、業態の格差が明確になった。コロナ禍でマスク、消毒液など衛生用品の特需があったドラッグストア、外出自粛で巣ごもり消費を取り込んだスーパーマーケットが好調に推移した一方、広域型の商業施設や大型店は苦戦を強いられた。大手チェーンの第2四半期の決算数値をみると、業種・業態の構成の違いが反映されている。コロナの影響でデベロッパー、外食、海外などが苦戦し、連結ベースでは減収減益基調となっているものの、単体では食品のウェイトが高いことで、最高益を更新した企業もある。低迷が続いているGMSも、家ナカ消費で住居関連が堅調に推移するなど、新しい動きがみられた。今特集では、関連企業3社(イオンリテール、セブン&アイHD、平和堂)を取材した。

発行日
2021年01月01日 
ページ番号
10~13ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
1.84メガバイト
ページの先頭へ