Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】2021年全国卸業界の最新動向

【週刊粧業】2021年全国卸業界の最新動向

400円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

化粧品・日用品・OTC医薬品市場は依然、コロナ禍での消費行動の変化に翻弄されている。専業の卸は20年度、物流センターやオフィスの安全・安心な環境づくりを徹底させたうえで、売れ筋の変化に対応した安定供給を最優先した。また、ネットスーパーをはじめEC事業の急拡大にみられるように、コロナ禍による予想を上回る市場の変化への対応が迫られている。そのカギを握るのが、デジタル化だといわれる。購買データなどの情報の共有を含めた、サプライチェーン全体の連携が重要性を増す。卸売業としてロジスティクスの効率化に加え、小売業の課題解決、新しい需要を開拓するMDなど、事業領域の拡大が迫られる。今特集では、関連企業7社(PALTAC、あらた、中央物産、大木ヘルスケアホールディングス、井田両国堂、森友通商、まさ屋)を取材した。

発行日
2021年09月06日 
ページ番号
1、6~10ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
2.18メガバイト
ページの先頭へ