Logo market

週刊粧業マーケット|各種媒体の人気記事をダウンロード販売

週刊粧業オンラインへ戻る
【週刊粧業】 2022年ボディソープの最新動向

【週刊粧業】 2022年ボディソープの最新動向

300円(税込)

※PDFをご覧頂くには、Adobe Reader が必要になります。
ご購入に関して詳しくはこちら

ダウンロード版
カートに入れる

ボディソープの市場規模(2021年)は前年比2%増の743億5000万円(当社推計)で着地したようだ。新型コロナウイルス感染症の影響による自粛意識が21年も継続する中、「巣ごもり需要」により高単価・高付加価カテゴリーが伸長し、これまで主要カテゴリーだった「液体タイプ」に加え高単価な「泡タイプ」のニーズが高まっている。さらに汎用品カテゴリーでも、まとめ買い意識の高まりやEC購入の定番化により、大型の詰め替えタイプのニーズが増加し、単価が上昇傾向にある。今特集では、関連企業4社(花王、ライオン、牛乳石鹼共進社、クラシエホームプロダクツ)を取材した。

発行日
2022年01月31日 
ページ番号
1、7ページ
ファイル形式
PDF
ファイルサイズ
816キロバイト
ページの先頭へ