週刊粧業マーケット

2023年03月27日発行 1、6~8ページ掲載

【週刊粧業】2023年春の訪販化粧品メーカーの最新動向

【週刊粧業】2023年春の訪販化粧品メーカーの最新動向

価格500円

※PDFをご覧いただくには、Adobe Reader が必要になります。ご購読に関して詳しくはこちら

ご購読に関して詳しくはこちら カートに入れる(ダウンロード版)

訪販化粧品各社は、コロナ禍の行動制限の緩和を受け、対面での活動強化に向けて本格的に動き出している。今月13日にはマスク着用が緩和され、5月8日には感染症法上の位置づけが2類から
5類に変更される。訪販各社は、新規顧客の獲得に向けて、強みとしてきたサロン活動や集客向けのイベント開催などの取り組み意欲を高めている。また、推進してきたデジタル施策については各社、研修・教育のオンライン化や情報発信力の強化、顧客接点の拡大などで取り組み成果を得ており、リアルとオンラインを融合させた新しい活動スタイルも見出している。本特集では、7社・2団体(ポーラ、日本メナード化粧品、ノエビア、ナリス化粧品、CPコスメティクス、フォーデイズ、マリアンボレ、日本訪問販売協会、訪販化粧品工業協会)に話を伺った。

PDF記事・人気ランキング

バラ売り 人気ランキング

ホーム > 週刊粧業マーケット > 【週刊粧業】人材価値向上に向けた取り組み

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
カートを見る

条件で絞り込む

キーワード

絞り込む
pagetop