吉田硝子、優しい曲線、感触の良さが特徴のPUシリーズを提案

週刊粧業

カンタンに言うと

吉田硝子、優しい曲線、感触の良さが特徴のPUシリーズを提案

 吉田硝子は、シンプルなPET製ボトル「PIシリーズ」に加え、ガラスボトル「FLシリーズ」と「FCシリーズ」が引き続き堅調に推移している。

 今年10月にはPET製ボトル「PUシリーズ」(内容量30~150mL、写真)を新たに発売し、プラスチック容器のさらなる拡販をめざす。優しい曲線ラインが特徴で、手に持った感触にこだわり、開発には女性社員の感性と使用感を意見に取り入れた。

 「従来のシリーズはスタンダードな形状で、飽きがこないデザインが主流だった。そうした中、優しい曲線、手に持った感触が心地よく安心感を与える新商品を企画し、形に特徴があるPUシリーズを導入した」(唐木茂行常務取締役)

 さらに、同社では2004年から環境対応型ボトルの開発にも力を入れている。

 これまで、トウモロコシ原料の「バイオマスボトル」の導入を皮切りに、NHC(ナノハイブリッドカプセル2)樹脂添加剤を使用し、CO2排出量を30~35%削減する「CO2削減ボトル」を提案してきた。

 今回、植物由来サトウキビを原料とした「バイオポリエチレン」の製造に取り組み、生産体制を整えた。

 容器の96%が植物度で形成されていることから、石油などの化石資源の使用量を削減するとともに、焼却などの廃棄処理時におけるCO2の排出量も削減することができる。この「バイオポリエチレンボトル」は規格品も揃え、来春をめどに発売する予定だ。

 「容器メーカーの使命として、『高品質』『値段が手頃』『短納期』の3つを満足させることに取り組んできた。今後も、顧客ニーズにしっかり対応していく」(唐木氏)

【容器カタログ】「吉田硝子」専用ページはこちら

化粧品容器カタログ.jpg

ホーム > 化粧品業界人必読!週刊粧業オンライン > 吉田硝子、優しい曲線、感触の良さが特徴のPUシリーズを提案

PDF記事・人気ランキング

最新PDF記事

最新PDF記事をもっと見る

ライブラリ・無料
ダウンロードコーナー

刊行物紹介

定期購読はこちら
お仕事紹介ナビ

アクセスランキング

  • 日間
  • 週間
  • 月間
PDF版 ダウンロード販売
化粧品マーケティング情報
調査レポート
株式会社矢野経済研究所
pagetop