米ニューウエイズ、資本金構成の再構築で債権者と討議

訪販ジャーナル

2012年1月1日 15時46分

 米ニューウエイズグループを統括するニューウエイズ エンタープライゼスは2011年11月18日、資本金構成の再構築を行うため債権者との交渉に入っていると発表した。また、併せて同グループの最高経営責任者 スコット・セント・クレア氏によるコメント「我々は依然として利益を上げ続けており、過去に例のない非常に高い効率的な事業展開を実現している」との趣旨も発信し、財務と損益構造の両面で盤石の経営状態であることを強くアピールした。

 こうした一連の発表は、11月17日に米ブルームバーグが報じた「ニューウエイズに破産申請や私的整理の可能性」を真っ向から否定したもので、発表内容には同報道が引き起こしかねないディストリビューターの混乱や動揺を一掃したい意味合いを込め、スコット氏がフィールドへ向けたメッセージ「当社の製造施設やサポート施設、そして世界中のオフィスは通常どおり業務を行っている」も添えられていた。

 これを受けてアジアの重要拠点であるニューウエイズジャパン(本社=横浜市)は、11月28日に都内で本件に関する記者説明会を開催し、同社のテリー・ホワイト社長が米本社の主張を代弁する格好で報道内容と実態の差異について熱弁を振るった。

 説明会の冒頭でテリー社長は、まずブルームバーグの報道に関し「事実と異なっている。たいへんに遺憾であり、正しい事実を報道してほしい」と強い口調で語った。また財務の健全化に向け、エンタープライゼスが2011年2月から開始・進行中という債権者との話し合いは「経過が非常に順調。(負債を資本金に転換する交渉が)2012年3月末で完了する見込み」だと述べ、ブルームバーグが捉えたとされる“債権者交渉”の実態について説明した。

 また、テリー社長はネガティブ報道と関連付けをされかねない日本法人の内部事情についても説明を行い、先手を打って実態への正しい理解を求めた。

 まず2012年2月の本社移転に際して募った早期希望退職について、「(横浜から東京港区への移転は)通勤ができなくなる人がいるかもしれない」という配慮が根拠だとしたうえで、「人の削減プロジェクトでは全くない。むしろ人は活発に探している」として真相へ理解を求めた。関連して本社を移転する動機に関し、「(売上規模で)業界トップ10の企業が横浜にいていいものか。(東京へ移転することで企業の)透明性を高めて“見えるブランド”にしたい」と述べ、2011年1月に話したという社内向けアナウンスを再現した。

 さらに、2011年からコールセンター業務をアウトソーシングした経営判断についても触れ、狙いはコスト削減ではなく「よりよいサービスを実現するため(電話業務の)専門業者に頼んだ。(コストは従来比で)2%ほど高くなった。むしろコストアップだった」と説明。周到に、一般的な認識に立った「アウトソーシング」とは異なると強調した。

 総括論に入ると、同社長は日本法人と関連性が深いアジア展開についても言及し、12月14日に韓国で現地法人を立ち上げて隣国のビジネスがスタートする状況を挙げたほか、来春に決定しているタイへの進出に続いて中国やインドネシアの展開も視野に入っていることを明らかにした。

 また、肝心な日本法人の業績やディストリビューター数の公表に関し、テリー社長は本社移転の説明で発した言葉「透明性」に照らし「今は発表できないが、早いうちに」と述べて開示の方針であることを明らかにした。

週刊粧業web版紹介.jpg

購読申し込みはこちらから行えます

アクセスランキング

  1. 1位 2月15日 12時00分
    コーセー2019年3月期第3四半期...
  2. 2位 2月15日 11時00分
    富士経済、機能性化粧品の国内市場調...
  3. 3位 2月15日 12時00分
    仙台三越、2館体制で東北で唯一の化...
  4. 4位 2月15日 10時00分
    資生堂、「uno」より男性用BBク...
  5. 5位 2月14日 15時00分
    資生堂2018年12月期、営業利益...
  6. 6位 2月14日 14時00分
    牛乳石鹼共進社、新バウンシアで濃密...
  7. 7位 2月15日 13時00分
    小林製薬、2018年12月期は国内...
  8. 8位 2月15日 10時00分
    順調に拡大続くボディソープ、泡タイ...
  9. 9位 2月14日 16時00分
    花王、「ビオレu」に手のひら洗いに...
  10. 10位 2月12日 10時00分
    ヤクルト本社、第2回「ジャパンSD...
  1. 1位 2月12日 12時30分
    資生堂、化粧品に次ぐ新たな柱として...
  2. 2位 2月4日 14時00分
    日本通信販売協会、美ボディに関する...
  3. 3位 12月14日 14時00分
    P&Gパンテーン、ミセラーテクノロ...
  4. 4位 12月14日 12時00分
    フィッツコーポレーション、ミセラー...
  5. 5位 12月14日 11時00分
    ロゴナジャパン、スキンケアしながら...
  6. 6位 12月14日 13時00分
    NAOS JAPAN、皮膚科学に基...
  7. 7位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...
  8. 8位 11月22日 19時30分
    冬はすぐそこ!血流改善で冷え対策
  9. 9位 1月29日 16時00分
    XYZプリンティング、肌分析技術搭...
  10. 10位 12月25日 14時00分
    イライラでガサガサ…ストレスでお肌...
  1. 1位 12月14日 14時00分
    P&Gパンテーン、ミセラーテクノロ...
  2. 2位 12月14日 11時00分
    ロゴナジャパン、スキンケアしながら...
  3. 3位 12月14日 12時00分
    フィッツコーポレーション、ミセラー...
  4. 4位 12月14日 13時00分
    NAOS JAPAN、皮膚科学に基...
  5. 5位 12月11日 19時30分
    一秒でも長く寝たい…忙しい年末年始...
  6. 6位 11月22日 19時30分
    冬はすぐそこ!血流改善で冷え対策
  7. 7位 11月15日 20時00分
    気になる抜け毛や痛み…秋のまつ毛ダ...
  8. 8位 10月12日 18時00分
    肌疲れを冬に持ち越さない!秋の肌老化ケア
  9. 9位 1月28日 14時00分
    ヘンケルジャパン、クラウドファンデ...
  10. 10位 1月29日 12時00分
    ランクアップ、新製品発表会を開催

Sub tit market

Sub img market

週刊粧業/C&Tを一部から。今すぐ欲しい!今回だけ欲しい!そんなご要望にお応えし、一部毎にダウンロード販売でご提供致します。

週刊粧業マーケットへ

化粧品業界に従事される皆様のビジネスチャンスをつなぐ製造依頼サイト。優れた化粧品業界のパートナーをすばやく見つけていただくことができます。

くわしくはこちら

マーケティング情報

マーケティング/商品企画/プロモーション担当の企画業務を支援する情報が満載。Power PointのPDF版では記事フローチャートで情報整理しご提供。

お役立ちマーケティング情報ページへ

調査レポート

毎年、週刊粧業が行う調査結果レポート総計をCD-Romにて販売。非常に利用価値が高く、化粧品業界の企業戦略には欠かせない知的コンテンツ。>
有料(1コンテンツ CD-Rom)
50,000円(税込、送料込)~
※Windows版のみ

週刊粧業 消費者調査データの購入はこちら

ネットリサーチ大手、クロス・マーケティングが最新のトレンドをまとめた一般向けには公表していない自主調査レポートを無料でダウンロードできます。

クロス・マーケティング 消費者調査データ(閲覧無料)

カスタマーコミュニケーションズ

全国のドラッグストア、スーパーマーケットの
ID-POSデータから市場トレンドを気軽にチェック。個数ランキング上位10商品の市場シェア(個数)とリピート率をご覧いただけます。

データ

レシートシェアランキングカテゴリ

Sub tit asia

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラム

アジア化粧品市場を捉えたアジア進出支援プログラムでは、ASEANや北東アジアなどへの進出を考える化粧品メーカーを後押しすべく、様々なコンテンツを用意しています。

Sub tit report

世界の化粧品市場レポート(World Cosmetic Market Report)

世界の化粧品市場レポートコーナーでは、ユーロモニター・インターナショナル社が提供する世界の化粧品市場の市場概況、主要トレンド、競合状況、流通ルートの市場動向、市場の将来展望などをお伝えしていきます。

ページの先頭へ